ピクシブ百科事典

ロケットずつき

ろけっとずつき

ポケモンの技の一つ
目次[非表示]

データ

初出第1世代
いりょく100(~第5世代)→130(第6世代)
めいちゅう100
PP15(~第5世代)→10(第6世代)
タイプノーマル
わざ分類物理
攻撃範囲相手1体
直接攻撃
備考1ターン目に首を引っ込め、2ターン目で攻撃する。1ターン目で防御が1段階上がる(第2世代~)



概要

初代から存在する技で溜め技の一種。
威力100と、ノーマルタイプの物理技の中では威力が高い方にある。
…のだが、やはり溜め技なので1ターンの猶予を与えるてしまうので使い勝手が悪い。
当時は同威力だったすてみタックルの存在も痛い。

第2世代では防御力が上がる効果が追加されたが、あろう事かこの世代であのおんがえしが追加されてしまい、需要は伸びなかった。
その後、第6世代でPP5発分と引き換えに威力が130に上昇し今に至る。

やはり「おんがえし」の存在が痛く、パワフルハーブを使っても一発屋になってしまうのが痛い。
とは言え、特性「たんじゅん」のビーダルは、大ダメージ+防御2段階上昇を狙えたりするので稀に採用する事も。のろいも覚えるが差別化自体は可能。

ちなみに「首をひっこめて放つ」技なのだが明らかに首の見当たらないサメハダーがレベルアップで習得できるというのはどういう事なのだろうか…。

サメハダーの ロケットずつき!


まあアニメ版ではロケットの如く高速で突っ込む技だったので、そういう事なのかもしれない。

なお、ずつきポケモンであるズガイドスは習得する事ができない。何故。

その他

スマブラシリーズでは、スマブラDX以降におけるピカチュウの横必殺技に採用されている。コマンド入力と同時にチャージを開始し、チャージした分に応じて飛距離とダメージが増えていく。復帰技としても利用可能。
この他、DXの隠しキャラであるピチューも同様に使用する。性能はピカチュウのものとは異なり、チャージ可能な時間が長く、飛距離も長い。しかし、何故か電気系の技として扱われているので、発動すると必ず自分がダメージを受けるというデメリットがある。

関連タグ

わざマシン一覧 ポケモン技一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「ロケットずつき」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55057

コメント