ピクシブ百科事典

バンギラス

ばんぎらす

バンギラスとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.248
ジョウト図鑑No.246
マウンテンカロス図鑑No.104
和名英語風表記Bangiras
英語名Tyranitar
ぶんるいよろいポケモン
タイプいわ / あく
たかさ2.0m
おもさ202.0kg
とくせいすなおこし / きんちょうかん(隠れ特性)


進化

ヨーギラスサナギラス(レベル30) → バンギラス(レベル55)

[> ゆめみる ヨーギラス



容姿 

その分類名が示す通りを纏ったようなデザインで、怪獣を彷彿とさせる風貌が特徴的なポケモン。肌は緑色のようにゴツゴツとしており、背中はいくつもの鋭い背ビレで覆われている。目つきは鋭く獰猛さを醸し出している。
体の中心が菱形に開いており、そこからサナギラスの名残と思わしきい模様が見える。これは背中にも同様の模様がある。首元やひざ部分などには黒い穴が開いてある。
進化前はサナギラスであるが、そのを破ったというよりは、サナギラスの身体に四肢を付けたように見える。

色違いは、全身の緑色から薄くなって黄緑に近い色となり、お腹にある菱形の模様の色が紫色となる。対戦で使用率の高いポケモンでもある為、色違いを見る機会も多い。

概要

ポケットモンスター金・銀』(第2世代)に初登場したポケモン。
名前の由来は恐らく「バン(<晩成>又は<野蛮>)+ギラ(ギラリ:睨んだ様子を表す擬音語)+(<アンキロサウルス>または恐竜の接尾語に多い<~サウルス>)」
またそこに「アンギラス」(ゴジラシリーズの怪獣の名前)をかけていると思われる。ただしアンギラスには似ておらずゴジラのような外見で英語名のTyranitarはTyrant「暴君」と「ティラノサウルス」と「モニター」(オオトカゲの別名)と思われる(14年後に本当のティラノサウルスをモチーフにしたポケモンが登場する)。

サナギラスLv55で進化することが出来る。
幼体であるヨーギラスがの姿を経て辿り着く正に最終形態である。

辺りの地形を変えるぐらい朝飯前の力持ち。実際、片腕を動かしただけで山を崩し地響きを起こすなど、とてもつもないパワーを秘めている。
その上、周りの事を気にしないふてぶてしい性格しており、自分の住処を作る為山を崩したり、暴れて山が崩れ川が埋まり地図を書きかえることになるなど甚大な被害を被ることが度々ある。
それ故に、山ひとつを縄張りにしそれを自ら綺麗に整地し守るという生態を持つボスゴドラとは相容れない者同士である。

またパワーだけでなくどんな攻撃を受けてもビクともしない体を持っており、どんどん勝負を仕掛けてくる。山で戦う相手を求めて彷徨う。

第二のカイリューと評され、通称600族と呼ばれるステータスを持ち、そのヴィジュアルと相まって非常に人気の高いポケモンである。
しかし、進化レベルの関係でポケモン公式大会などでは使用制限が厳しかった過去があり、第2世代の場合他の選出ポケモンをレベル50にしなければ出場できず、第3世代以降は自動的にレベルが調整される「フラットルール」が適用されるまで、カイリューと同じく使用禁止ポケモンに指定されていた。

通称『600族』ゆえに、ミニリュウダンバルなどと同じく典型的な大器晩成型のポケモンでもある。
第1形態のヨーギラスから最終形態であるバンギラスに行き着くまでに、膨大な経験値が必要となる。

ちなみに外伝作品にはなるが、ポケダン2作目で登場した際には序盤のダンジョンである「流砂の洞窟」にてなんとレベル28から30で出現する。本来の進化レベルとパラメータを考えるとここで仲間にできるのは破格すぎるという他ない(ただし、ここでしか出現しない=他のダンジョンで高レベルバンギラスを仲間に出来ない為、レベル上げは600族の中でもかなりめんどくさい)。

ポケモンバトルにおける特徴

HP攻撃防御特攻特防素早さ
1001341109510061


素早さを捨てて他に回す種族値配分のため、後手に回り易い事に留意すれば運用方法を選ばない。
一致技を使用する場合は物理技の方が純粋な攻撃力では上回りやすくなっているが、パーティに足りない部分を補う・相手の物理受けの意表を突く意味合いで特殊技を忍ばせるのも良い。

主な攻撃技の候補を挙げると、物理技ではタイプ一致のストーンエッジいわなだれかみくだくおいうちを軸として、サブにはばかぢからけたぐりれいとうパンチほのおのパンチ等が有用。意外なところではつばめがえしもある。
特殊技ではタイプ一致のあくのはどうの他、だいもんじれいとうビーム10まんボルト等が有用。
特殊技は自身のタイプで「ミラーコート」が無効になる他、「いかく」持ちや物理耐久の高い相手に対抗できるのが利点。ギルガルドも「あくのはどう」なら「キングシールド」の影響を受けない。ただしいわ特殊技は「げんしのちから」しかなく、特殊型であっても「ストーンエッジ」「いわなだれ」が採用されることがある。「メテオビーム」は覚えない。

変化技ではりゅうのまい」「でんじは」「ステルスロック」「ちょうはつ等がある。高ステータスに物を言わせて場作りや受け回しもでき、非常に強力。

そしてバンギラス最大の特徴は特性すなおこし
自身もいわタイプなので、第4世代以降は出しただけで「とくぼう」が1.5倍になる。その耐久がどれほどかといえば、かつて最強級の火力を誇った「こだわりメガネ」持ちラティオスの「りゅうせいぐん」すら調整次第で2回耐えるほど。
能力上は「ぼうぎょ」の方が高いが、この効果によって圧倒的な特殊耐久を得ることにより、同じ特性を持つカバルドンとの明確な差別化点となる。
すなあらし」のスリップダメージによって多少火力が足りなくても補うことができ、「きあいのタスキ」や「がんじょう」を潰しやすいのも強み。とはいえ「がんじょう」持ちは「すなあらし」が無効になることが多いのがネック。
なお、この特性が登場した第3世代から第5世代までは特性が発動すれば天候が永続していたが、第6世代以降5ターン(「さらさらいわ」を持たせれば8ターン)までとなった。

「すなあらし」状態で性能が上昇する特性を持ったポケモンを駆使したパーティは「砂嵐パーティ(砂パ)」と呼ばれ、同じ特性を持つカバルドン同様、その起点として採用される事が多い。
最近いわタイプの「すなおこし」持ち仲間攻撃を受けると砂嵐を起こす蛇もできたが、技のバリエーションや戦術の多彩さからバンギラスの優位性は簡単には揺るがない。
相方としてはその昔はガブリアスが適任とされ、「すながくれ」と「ひかりのこな」を併用して次から次へと避けまくる凶悪なポケモンが誕生していた。
だが天候が永続でなくなった第6世代以降は鳴りを潜め、代わってドリュウズと組んでとあるバンドを結成しているとかなんとか。

バンドリ!


また、第5世代では「すなのちから」を持つランドロスとの組み合わせも見られ、この組合わせは通称「バンギランド」と呼ばれるが、どうにも何かのテーマパークのような名前になるというネタもあり、AAもあったりする。

バンギランド開園



また、「600族」の中ではヒスイヌメルゴンに次ぐ鈍足であり、これは一見弱点のように思われるがかなりの利点になる。
というのも、天候を変化させる特性を有するポケモンが同時に場に出た場合、素早さの低い側の天候変化が採用されるので、「すなあらし」状態を引き起こしやすくすることができるためである。さらに、素早さ種族値も61と60族を1だけ上回る絶妙な数値でもあるためそこも利点となりうる。

もちろん「トリックルーム」を利用する相手にも対応可能。
ただ天候特性持ちはもっと鈍足なポケモンもいるため気を付けるべし。

第6世代では特性「すなおこし」の効果が半永続から5ターン制限、新たに弱点としてフェアリータイプが登場したものの、はがねタイプにあく技が等倍になったことが追い風になっただけでなく、さらなる強化も果たした。
そう、メガシンカしてのメガバンギラスである。

隠れ特性は「きんちょうかん」。ただバンギラスは「すなおこし」ありきのポケモンなので採用は稀。採用機会があるとすれば例えばかつて行われた「ポケモン危機一髪!」(持ち物がきのみと「じゃくてんほけん」に限られる)等の特殊ルールくらい。
しかもこの隠れ特性、第6世代で育成するならば厳選が非常に面倒なので覚悟すべし。
第6世代でバンギラスを育てる場合野生のヨーギラスを探す(群れ限定、Yのみ)か、フレンドサファリにいるサナギラスを捕まえるしかない。どちらも隠れ特性が混じっていることが多いが、ヨーギラスの群れは出現率が非常に低い上に隠れ特性の混じる確率も低く、サファリのサナギラスは捕まえやすいが、隠れ特性が通常特性と同じ「だっぴ」なので55まで上げて進化させないと分からない
第7世代では『金・銀』のバーチャルコンソールと『ポケムーバー』さえあれば、同作品で捕まえたヨーギラスを『ポケムーバー』で第7世代に送るだけでよくなった。第8世代ではマックスレイドバトルで隠れ特性が入手できるようになった。

第8世代では環境で目立っていたフェアリータイプが数を減らし、ゴーストタイプが増加したこと、「ロックブラスト」の獲得、ダイマックスによる耐久底上げと「じゃくてんほけん」とのコンボの発見に伴って、メガシンカを失ってさらに「おいうち」も剥奪されたものの相対的には大きく強化された(というか「ダイマックスで上昇する耐久>メガシンカで上昇する耐久」なのでダイマックスはむしろほぼ上位互換)。
その使用率は衰えることがなく、シリーズ6の禁止ポケモンに選ばれたほど。

これだけ強力なポケモンだが、弱点も相応にある。
まず、いわタイプ故に弱点が非常に多い。7つものタイプに弱点を抱え、全ポケモン中ワーストタイ
しかも高火力揃いのかくとうタイプ4倍弱点となっており、特殊はともかく(ルカリオの「はどうだん」も耐える)攻撃が比較的高い相手であれば不一致であっても一撃で沈められてしまう事も少なくない。
体重が重いのも影響し、多くのポケモンが覚えるけたぐり等で簡単に突破されてしまう。
更に第8世代ではウーラオスが登場。特に一撃の型はあくタイプも持つのでゴーストタイプでも有効な対策にならず、そして攻撃特化「インファイト」ならH252振りのダイマックス状態でも一撃で沈むため、対面ではまず勝てない天敵となっている。
先手で超火力をぶつけられると流石に何もできないので、鈍足であることがここでは欠点になる。

また先に大きな利点と記述した特性「すなおこし」も使い勝手に癖がある。
「すなあらし」状態はいわ・じめんはがね(と一部の特性を持つポケモン)以外には敵味方問わずダメージを与えてしまうため、パーティ編成には注意が必要である。
とはいえ、だからといって「すなあらし」を無効化するポケモンだけで組もうとすると今度は弱点が被る。特に一緒にはがねタイプを採用する場合、ギルガルド以外のポケモンだとかくとうタイプ1匹にパーティが半壊しかねない(そのギルガルドも相手の特性が「きもったま」だと対策にならない)。
ゆきふらし」持ちにも言えることだが、スリップダメージを受けることを想定してパーティを構築、運用することが必要になるだろう。

だが以上のような欠点を差し引いても強力であることに変わりはなく、上手く運用すれば大きな戦力になってくれること間違いなし。
弱点が7つにあるのに対し、耐性と無効も同じく7つと得手不得手がはっきりする上、攻撃力の高さ等から、立ち回りが上手ければ強いポケモンなので600族の中でも特に上級者向けのポケモンといえる。

余談

固有タイプいわ/あくは等倍で通るタイプが4つしかない。具体的にはでんきこおりいわドラゴン
ドラゴンを除くと、じめんタイプは1倍以外で受けるタイプばかりである。
初代はいわタイプといえばじめん複合を連想されることもあるが、でんきもこおりもいわもバンギラスには等倍で通るのである。
じゃくてんほけん対策も兼ね、いわタイプの耐性を覚えておくといいだろう。

今でこそ600族の覇道を突き進む有名なポケモンだが、その昔はあり得ないほど不遇だった。
まず登場した第2世代では、進化前も含めてボストレーナーが誰も使ってこないという、かなりひっそりしたデビューだった。その存在すら知らないままレッドまで倒してクリアするなんてことも珍しくなく、55進化が災いして対戦でもパッとしなかった。
第3世代では「すなおこし」を得たものの、いわタイプの特防1.5倍ボーナスもなければ砂嵐と相性の良いポケモンも殆どいなければ、「きあいのタスキ」も存在していない……といった事情から、バンギラス自体が足枷でしかなく、加えて大会には出禁状態と、かなり不憫だった。
一応レベル100バトルであれば使用可能で、そこではエアームドハピナスと組んでグルグル回す戦法があった。「相手を見て交換しているだけで勝てる」という凶悪戦術で、何も知らないトレーナーがひとたび嵌ったら最後永遠に抜け出せない恐ろしい戦術として密かに知られていた。
とはいえそのシングルでもダブルバトルに準拠してレベル50制限のもとで行われるところが多く、そもそも出番すら与えてもらえないという状況が多かったのであった。
一応『FRLG』で強化ライバルが手持ちに入れており、漸く使用者が現れたのは救いだったが。

ポケモンGOでは

ポケモンGOでも金銀組の実装に伴い追加された。

一応野生の個体も存在するが、出現率が非常に低いため、基本的にはヨーギラスからコツコツ育成していくことになる。それだけに、無事進化させて入手することのできた時の感慨もまた一入だろう。
ただし、後述するレイドバトルという救済措置が導入されたために、以前よりも入手難度は落ちた。その後もリサーチタスクや各種イベント等で入手機会は増えている。

一般ポケモンの中では非常にCPが高く、最大で3800を優に超える破格の戦闘力を誇り、平均的な伝説のポケモンすら上回るほどの強さを持つ……のだが、原典同様、かくとうタイプを始めとして弱点が大変多いのは変わらない。

特にタイプ相性の関係上かくとうタイプのポケモンはカイリキーを筆頭に天敵中の天敵とも呼べる存在である。
そのためCPの高さに対して防衛には全くといっていいほど向いていない。
特性システムがない以上ジムバトル中にすなあらしが起きるなんてこともないし、安定した高い耐久力を持つラッキーハピナスと同じ弱点を二重に抱えているため、この2匹の前後に置こうものならそのままかくとう技であっさり沈められて突破されてしまう。ケッキングドサイドンボスゴドラメルメタルなど他の高CPのかくとう弱点持ちまでいたらみんなまとめて狩られてしまう事になる。
かといってミロカロスの前後に置けばくさ技でついでに狩られメタグロスの前後に置けばじめん技でついでに狩られフェアリーの前後に置けばはがね技でついでに狩られるため意外にもジム防衛には向かないことがわかる。大人しくジム攻略やレイド攻略を任せたほうがいい。

もちろんジム攻略側に立っても多数の弱点は足枷になりやすいが、タイプ一致でメタグロスカイリューギャラドスなど3000を超える高CPのポケモンの弱点を突けるのはやはり大きい。コイツらはバレットパンチたきのぼりはがねのつばさといった弱点を突いてくるノーマルアタックを持つものの、被ダメージの大きさに関してはスワイプして回避することでやり過ごせるため、プレイヤースキルの向上にもつながる。

全てのポケモンに言えることだが適材適所、要するに向き不向きを理解して適切に仕事をさせるのがトレーナーの務めである。いくらCPが高いからといってジムの防衛で強いかと言うとそうとは限らないため役割はしっかり理解しておきたい。

技は通常技に「かみつく」「アイアンテール」、ゲージ技に「ストーンエッジ」「かみくだく」「だいもんじ」、コミュニティ・デイ限定技として「うちおとす」を抱える。
基本的にタイプ一致技を揃えることが推奨されているが、「アイアンテール」「だいもんじ」といった外れ技を引き当てるとわざマシンがなければアメが無駄になってしまう(もっとも、わざマシンはレイドバトルをこなしていれば案外手に入りやすいので全くの無駄というわけではないが)。

初心者お勧めポケモンとして

バンギラスはポケモンGO初心者がまず育てておくべきポケモンの1匹として名が挙げられている。
その理由として、

  1. レイドボスとして登場する伝説ポケモンのおおよそ半数はあく・いわのどちらかで弱点を突ける
  2. GOロケット団に対しても出の早い「かみつく」を使え、相手の「かみつく」「ひっかく」等を半減できる
  3. 有利・不利がハッキリしているため、タイプ相性の重要性を身をもって体感できる

などが言われている。
下記レイドバトルのボスとしてバンギラスが、さらにこのバンギラスを簡単に倒せる存在としてカイリキーも長いこと選ばれていたのはその証左と言える。

レイドバトル

レイドバトル後・その2


2017年6月のレイドバトル実装以降、長いことレイドボスとして君臨していたポケモンである(2021年現在では伝説ポケモンに合わせてレイドボスがシャッフルされるようになっている)。
実装前の紹介などでもバンギラスが代表して紹介されていたり、レイドバトル実装直前に行われたアップデートで、起動画面がバンギラスに挑むプレイヤーたちを描いたものになっていたりと、ある意味レイドバトルの象徴として宣伝がなされていたことを覚えているトレーナーも多いだろう。

当然一般ポケモン最高ランクである★★★★→★★★(ランク統合以降)で、ソロクリアは相当鍛えなければまず不可能。複数人が挑戦してかつ弱点を的確に突けてようやく倒すことができる。
だが倒しただけでは終わらず、ゲットチャレンジできちんとゲットできなければ戦力になってくれない。バンギラスは一般ポケモンの中でも輪をかけて捕まりにくく、よく暴れるため手を焼くトレーナーが多い。
この辺りを的確にクリアしてバンギラスを戦力に加えて鍛え上げられるかどうかが登竜門と言え、この意味でも初心者お勧めポケモンと言える。

アニメでのバンギラス

その風貌ゆえか、主に悪役キャラの使用するポケモンとしての登場が多い。
金銀編ではシロガネ山の麓にあるポケモン保護区域で暮らす♀のバンギラスが密漁者に襲われ、当時まだ卵だった自分の子供であるヨーギラスと引き離されたという、人間の被害者として登場している。
このバンギラスは襲われた際に胸にケガをしており、現在でも傷跡が残っている。
その後サトシ達がこのヨーギラスを保護し、ウツギ博士の頼みで母バンギラスの元へ送り届け、無事に再会している。
深い縁があるためか、AGバトルフロンティアOPで子供と一緒に登場している。

アランの手持ちとしてXY&Zでも登場。CVは三宅健太
カロスリーグ決勝戦の1体目で登場し、ピカチュウと対戦。特性は「すなおこし」。
特性でフィールドを「すなあらし」状態に変え、「あくのはどう」を撃ち出すが回避されてしまう。この時「あくのはどう」がフィールドの岩に当たり、その岩がフィールドに流れる川に落ちたのをヒントに、ピカチュウが「アイアンテール」で打ち上げた水をスプリンクラーのように使われ「すなあらし」を打ち消されたほか、いつぞやのイワークのように水を被ったことで電気が効きやすくなり、「10まんボルト」の反撃を受けてしまう。(ゲームに例えるならみずびたしを受けて水タイプに変わった、ということだろうか。)
続いて打ち出された「エレキボール」を「ストーンエッジ」でガードし、更に尻尾で砕いた「ストーンエッジ」を打ち出すが「アイアンテール」で全て打ち返される。
その後はピカチュウの着地を狙って接近し、「かみくだく」で「アイアンテール」を防いでから投げ飛ばして追撃を狙うが、ピカチュウが空中回転による速度上昇で威力を上げた「エレキボール」が直撃し敗北した。
カロスリーグ決勝戦時点で習得している技は「かみくだく」、「あくのはどう」、「ストーンエッジ」。

上記のようにテレビシリーズではライバルや悪役が使う事が多いが、劇場版『セレビィ時を越えた遭遇』ではロケット団幹部仮面のビシャスのポケモンとして登場。と言ってもこのバンギラス、経歴からして異色とも言える個体で、元は年老いたハンターに捕らえられたポケモンの一匹で、ビシャスのダークボールで凶暴化する前は、おくびょうで大人しそうな本来の設定を感じさせない性格だった。(目つきもどこか穏やかである。)ビシャスの主力としてサトシ一行を苦しめたが、ビシャスがサトシ一行に敗北すると、ダークボールの呪縛から解放されたのか、湖を泳いでどこかへ去っていった。ちなみにビシャスに捕まる前と後ではサイズが異なる点にも注目されたし。
こちらでの鳴き声は声優ではなくサウンドエフェクトとなっている(ゾイドレブラプターの咆哮)。

神速のゲノセクト_ミュウツー覚醒の公開記念に放映された『ミュウツー覚醒への序章』ではポケモンハンターダンクのポケモンとして登場したが、ミュウツーサイコキネシスでバンギラスが入っていたと思われるモンスターボールを破壊されると、ダンクの命令を無視して野性に返った。

劇場版『みんなの物語』でも登場。
こちらでは物語の舞台であるフウラシティのイベント用のポケモンで、あるトラブルに巻き込まれ、パニックを起こして暴れてしまうが、最終的にサトシとピカチュウの手によって鎮静化され、事なきを得た。

新無印編第102話では、シゲルのポケモンとして登場。フリーザーとのレイドバトルの1番手で繰り出されたが、サトシゴウトキオのポケモン達共々、ふぶきの一撃で何も出来ずにダウンした。次に登場した際は、更なる活躍を期待したい。

主な使用ポケモントレーナー 


関連イラスト

バンギラス
†遍く全てを焼き尽くす瞋恚の光†


行けっ!バンギラス!
未知との遭遇



関連タグ

ポケモン一覧 いわタイプ あくタイプ
バンギラスグリーン 金銀リメイク祝賀祭 HGSS
600族 厨ポケ

世代600族
1カイリュー
2バンギラス
3ボーマンダメタグロス
4ガブリアス
5サザンドラ
6ヌメルゴン(ヒスイヌメルゴン)
7ジャラランガ
8ドラパルト

関連記事

親記事

サナギラス さなぎらす

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「バンギラス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「バンギラス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7452375

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました