ピクシブ百科事典

目次[非表示]

工具の商標にも「アンギラス」というものがある。

概要

  • 別称:暴竜(暴龍)
  • 体長:60m
  • 体重:3万t


『ゴジラ』シリーズ第二作目ゴジラの逆襲から登場。
ゴジラが初めて戦った『怪獣』であり、以後シリーズに度々登場するようになる。

初代と二代目、さらに『FINAL WARS』に登場した3体目が存在し、初代はデビュー作でゴジラに倒され、二代目は『怪獣総進撃』~『ゴジラ対メカゴジラ』までの作品で5度登場した。

東宝怪獣の中ではゴジラについで最古参の怪獣でもある。
アニメでの声優は岩男潤子愛河里花子

生態

ゴジラと同様に水爆実験により復活した恐竜が怪獣化したもので、背中全体が固い甲殻に覆われており、鋭い棘がびっしり生えているのが特徴(当初はこの甲羅は後ろ半分が二股に分裂し、胴体とも固定されていない設定だった。実際、当時の雛型原型では背中の棘付き甲羅が二列に分かれ、反り返って威嚇を見せている。この造形物の写真は、いくつかの宣材に用いられた。現在は甲羅は固定されている)。

アンギラスという名前はかつて地球に生息していた鎧竜の一種・アンキロサウルスの通称……という設定であり、初登場作品『ゴジラの逆襲』にて第一目撃者の証言がアンキロサウルスと一致した事が名前の由来である(……が、作中「アンキロサウルスの資料」として提示されたイラスト・生態は通説とまるで異なるものであり、現実世界のアンキロサウルスとは全く似ていない。あくまで名前だけ借りたオリジナルの恐竜である。詳細は「小ネタ」の項にて)。
研究によるとアンキロサウルス(アンギラス)は「暴竜」の異名を持つ体長150フィート(45m)ほどの肉食恐竜であり、性格は極めて獰猛、自分以外の生物に対して強い憎悪を抱いていたされる。

背面のみならず体中の棘に脳髄が分散しており、尻尾や脚にも脳がある。これによりゴジラ以上の体長ながら素早い動きができる。

主な攻撃は突進や尻尾による打撃、のちに『ゴジラ FINAL WARS』では全身をボールのように丸めて突撃する「暴龍怪球烈弾〈アンギラスボール〉」という技を披露している。

実はゴジラと同様に白熱光を吐ける設定があったのだが、使用されることなくお蔵入りとなった。
ただし、小説版や漫画では使える。
ゴジラの逆襲」時に発行された少年向け雑誌に掲載された挿絵でも、ゴジラと同様に熱線を吐き、互いに攻撃し合う様子が描かれていた。

いくつかの図解では甲羅や爪から敵をしびれさせる毒を発するとされる。


また、初代アンギラスの超音波の咆哮は大阪城にひび割れを発生させており、これが後の各ゲームでの音波攻撃の由来かもしれない

氷結の護国聖獣


後のGMKでは「くに」を守る黄金の冷凍怪獣という設定からか、冷凍攻撃のほか、氷の針でゴジラの熱線を反射したり、地熱のバラゴンとコンボでバランの浮力を上昇させる作戦もあった。また、GMKでのアンギラスはアンキロサウルス類やグリプトドンの亜種「ドエディクルス」のごときモーニングスターが尻尾にあった(モデルに近いという意味で、初代よりも原点回帰かもしれない)。「黄金の冷凍怪獣」という点はキングギドラに受け継がれた。

性格は初代は同族以外には容赦のない暴龍に恥じない凶暴な性格であったが、二代目は温厚で献身的な性格をしており、シリーズでもゴジラの相棒役として登場することが多かった。そのため、今でもファンからは『ゴジラ』の名脇役として親愛されている。

登場作品

ゴジラの逆襲』(1955年)

先述の通り、ゴジラにとって初の対戦怪獣として登場。
水爆実験で復活・変異を起こした恐竜、という共通点を持ちながら、激しく争う。

初代アンギラス



時期は不明だが、岩戸島にて2代目ゴジラと戦いを繰り広げているのを、島に不時着した主人公らによって目撃されている。その後海中に没したかに見えたが、ゴジラと共に大阪へ上陸。大阪湾岸部~心斎橋~淀屋橋~大阪城公園と熾烈な戦いを繰り広げながら、大阪のど真ん中を蹂躙した。
互いに喉ばかりを狙って噛み付き攻撃を行うという非常に動物的な戦闘を行ったが、隙を突かれてついに自らが喉を食い破られてしまい、さらに(それまでは効果の無かった)放射熱線を浴びて炎上。大阪城と共に炎の中で絶命する。

資料によってはシベリアを出身地とするものがある。

怪獣総進撃』(1968年)

いわゆる2代目アンギラス。
凶暴だった初代と違ってゴジラや他の怪獣に協力的で、後のゴジラの良き相棒となる。

キラアク星人に操られて怪獣ランドを抜け出し、ゴジラとともに伊豆でキラアク星人の基地を攻撃しようとした攻撃部隊に襲い掛かった。
その後、富士の裾野にて、地球怪獣軍団の一員としてキングギドラと対戦し、噛み付き攻撃を行ってダメージを与える。結果としてキングギドラは史上稀に見る悲惨なリンチの末に死亡し、地球の平和は守られた。

様々な説こそあるものの、この映画が時系列的に言えば昭和シリーズの最も未来の出来事を描いているとしている書籍も多い。つまり、後述の『ゴジラ対メカゴジラ』に登場したアンギラスの後の姿が描かれているとも解釈できる(付け加えると、『ゴジラ対ガイガン』に登場したキングギドラについても、同様のことが言える)。

オール怪獣大進撃』(1969年)

一郎少年の夢に登場する怪獣島に住む怪獣として登場

地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』(1972年)

本格的にゴジラの相棒としての描かれ方が強くなる。

東京郊外からの不審な音波(実は地球侵略をもくろむM宇宙ハンター星雲人が宇宙へと発信していた信号だった)を察知したゴジラに頼まれ、怪獣島から東京へと偵察に出撃し、相模湾から上陸するが、何も知らない人類側がメーサー殺獣光線車を中心とした大部隊で迎撃を行った為、撤退を余儀なくされる。

その後、人類側がM宇宙ハンター星雲人の野望に気づくも、信号を察知したガイガンとキングギドラが飛来する。これをうけて迎撃を決意したゴジラと共に東京へ上陸し、2対2の激闘を展開する。

当初はM宇宙ハンター星雲人の指示をうけて巧みに戦う敵怪獣達に苦戦を強いられるが、人類側の作戦によってその指示系統が壊滅すると形勢は逆転。
ゴジラと連携してトゲの生えた背中で体当たりをかますなどの攻撃によって相手側を追いつめ、ついには宇宙へと追い返す。

ゴジラとの会話内容は吹き出しとなって観客にも見える。ゴジラの相棒として偵察任務を忠実にこなしたが、会話の内容などを見る限りどちらかというとその扱いは子分である。媚びへつらうわけではなくタメ口だったが。
またピンチのゴジラを助けたかったのかガイガンの腹部ののこぎりに自分から当たりに行くシーンがある。

ゴジラ対メガロ』(1973年)

本筋には殆ど絡まないが、すこしだけ登場。
物語の発端となる水爆実験が行われた際、怪獣島にもその影響が及んで地割れが発生し、これに飲み込まれひっくり返るという憂き目を見る。

ゴジラ対メカゴジラ』(1974年)

2代目アンギラス最後の出演。
吹雪の中に姿を現し、咆哮するシーンから映画がスタートする(このことからかなりの低温下でも行動が可能のようだ。ちなみに劇中のラジオの音声からこの地が根室であると推測される)。
その後、富士山から出現したにせゴジラメカゴジラ)の正体を真っ先に見破り、御殿場に出現。地底から現れてにせゴジラを転倒させる、体の棘で切りつけ金属部分を露出させるなどして奮戦するも、顎を裂かれて吐血され(裂かれた部位からの流血にも見える)、何度も地面に叩きつけられるという惨いやられ方で撤退した。
この時には人類側にも「ゴジラと最も仲が良い怪獣」として認知されていた。

昭和シリーズではこれ以降の作品では登場していないため、その後の消息は不明。だが、その時土の中に逃げた事ためなんとか一命をとりとめ、その後怪我も全快して平和に暮らしているらしい(※)。

:撤退後の描写はされていないが、「テレビマガジン1979年10月号」にこの撤退後の事が載っていたのだ。これに関する詳細はアンギラス還暦60周年でもある2015年4月24日に投稿されたTwitterのこの記事を参考されたし。

ゴジラ FINAL WARS』(2004年)

3代目(?)アンギラス。
今回は純粋に敵怪獣軍団の1匹としての登場であった(アンギラスが敵として登場するのは『ゴジラの逆襲』以来49年ぶり)。

更にこの作品の怪獣は前世期の平成シリーズの怪獣の大きさを意識したのか、昭和時代に比べるとはるかに大きく、そのほとんどが全長100mを超えている。アンギラスも例外ではなく、全長・体重も以下のようなものになっている。

全長160m
体高40m(直立時:90m)
体重6万t
ちなみに腹部のデザインはバラゴンをモチーフにしており、尻尾の先には小さいながらもアンキロサウルスらしいハンマーがついている。

X星人に操られて中国上海を攻撃するが、地球防衛軍の前に敗退しかけるが直後にX星人に消滅(回収)される。
その後再度出現すると先述の暴龍怪球烈弾〈アンギラスボール〉を披露して防衛軍の戦艦「火龍」を撃墜する。

その後、進撃するゴジラを食い止めるために富士の樹海でラドンキングシーサーと共にこれを迎え撃つ。
暴龍怪球烈弾〈アンギラスボール〉となってゴジラを攻撃し、1回目は当たってゴジラをよろけさせるものの、次の攻撃は難なく避けられてラドンへと命中してしまい、さらにそれを拾ってキングシーサーが決めたシュートもダメージを与えるに及ばず、岩盤にめり込んでしまう。
ここに飛び蹴りをゴジラに避けられたキングシーサーが勢い余って衝突し、3匹とものびてしまった。
ただし、ラスボス的存在であるモンスターXとカイザーギドラ以外の怪獣では唯一ゴジラによろめくほどの一撃を与えており、そういう意味では他の怪獣よりはいい扱いだった。

ちなみに最後の攻撃のみ、何故かゴジラは避けようとせずにゴールキーパーよろしくセーブを試みた(?)が、幸か不幸かシュートは決まってしまった。
2代目がゴジラの相棒として活躍したのが理由なのか、とどめを刺されなかった(脚本上ではキングシーサーやラドンと共に負けたところを放射熱線で焼き尽くされるはずだった)。

GODZILLA 怪獣惑星』・『GODZILLA 怪獣黙示録』(2017年)

複数の個体が出現したという怪獣として登場。
2005年のシベリアの凍土から1体目が出現し、南東に移動しながら同時期に白頭山から出現したラドンと北京で合流したところを人民解放軍が放った生物化学兵器ヘドラによってヘドラの毒素による北京と天津の壊滅という代償と引き換えにラドンと共に倒される。

『ヘドラ作戦の成功により、ラドン、アンギラスは沈黙。しかし…』


尚アニメ版第1章である怪獣惑星では冒頭で資料映像という形でラドンと共に崩壊した万里の長城に巨大な白骨死体として登場している。

2006年に2体目(アンギラスII)が南アフリカ共和国に出現し、アフリカ大陸に(公式上では)初めて出現した怪獣として記録されている(それ以前にも小型の個体が目撃されていたらしい)。

4体目が出現した際には「すでにアメリカや同盟国で駆除した経験がある」と記載されていたので、2体目や3体目も倒されたようだ。

2030年に4体目(アンギラスIV)がバランバラゴンと共にロサンゼルスを襲撃するが実際は怪獣さえ恐れる脅威から逃げていただけで背中の棘はその脅威によって既に損壊されており、最後はその脅威によってロサンゼルスもろとも殲滅された。

本編ではボツになったものの、『怪獣惑星』にて「草原を駆け抜けるアンギラス1000頭の群れ」という案もあったという。

怪獣人形劇 ゴジばん

第5話『「ひみつの特訓道場」の巻』から登場。
ゴジラ三兄弟の長男・ゴジラくんとは親友の間柄で、声に出さずとも吹き出しを用いて会話できる。
容姿は2代目がベースで、特技は丸まって転がること。
穏やかな性格で争い事を好まないが、ここぞという時には勇気を出して困難に立ち向かう。

ゴジラS.P

詳細→アンギラス(ゴジラS.P)
また、エンディングムービーでは初代順序のアンギラスが登場している。

名称に関して

「ゴジラの逆襲」製作時

当時、アンギラスという名称の決定までは色々と紆余曲折があったらしく、東宝は社内募集を行っていた。決定前には、募集された幾つかの名称が新怪獣名として実際に宣伝に使用されたらしい。その一例として判明しているのが、以下の名称。

名称理由
ギョットスギョッとする面構えから
ゾットス同じくゾッとするから
オソロス「恐ろしい」から
スゴン凄味=スゴみのある顔から
ゼイダーゼイ=税金より怖いものは無い
ビグロ「ビ」キニ産のマ「グロ」から
ワニブルワニとブルドッグの混血
ゲテモ下手物=げてものから
ジカカオ地震、雷、火事、親父の頭文字から
 当然ながら、これらは全て没に。

マンガへの流用

後に、これらの名称の一部は、杉浦茂が手がけたゴジラのマンガ『大あばれゴジラ』にて、同作オリジナルの怪獣の名前に用いられる。
流用されたのは、ギョットスゾットス、オソロス、スゴン。これら4匹の怪獣は、アンギラスの子分的な存在として同盟を結び、日本に弟の仇討(同作のゴジラは、初代ゴジラの兄という設定)に向かったゴジラを追い日本へ。5対1でゴジラに挑む。
ギョットスは、真ん丸な顔にアルマジロのような甲羅を持つ怪獣。ゾットスはピーナツのような体に、顔と手足を付けたような姿(一人称が「あたい」なので、メスかもしれない)。オソロスは耳が無い象のような姿で、鼻は太く4つの鼻孔を持つ。スゴンはクラゲのような頭部に、縦に3つの目が並んだ4つ足の怪獣。
最後は、芹沢博士(本作では存命。しかし新たなオキシジェンデストロイヤーは作れていない様子)の作った薬により、ゴジラ、アンギラスともども、山根博士の作った怪獣公園に仲良く住み着く

その名前の意味

特撮ライター、ヤマダ・マサミ氏は自身の著作の中で、「アンギラス」の命名とその意味合いに関し、いくつかの推測や解釈を述べている
※ただし以下は、あくまでも推論であり、公的設定ではない事に注意。
:『アングィス(angus)』=『締め付ける、噛みつく、爪』という語源から転じた、蛇や竜を示すラテン語から、『アングィス・ザウルスの略称として「アンギラス」
:同様に、ラテン語にて『鋭角的な武器・武装』を現す、『角ばった・角度』を意味する単語、『アングィルス(angulus)』から命名。
:ゴジラ=Godzillaを構成する単語、『ジラ(Zilla)』のラテン語読み『ギラ』。これはトカゲの学名として用いられている。この『ギラ』から、『anti・zilla(s)』すなわち『アンチ・ギラス』=『ゴジラ、すなわち神(God)なるトカゲ(Zilla)と背反(Anti)する存在』という意味から『アンギラス』と命名
なお、『ゴジラの逆襲』台本内では『アンギロス』とされ、66年の怪獣ブームの図鑑内では『アンギュラス』の記述もあったらしい

小ネタ

  • 前述の通りアンキロサウルスが原形という設定である…が、アンキロサウルスの主な特徴と言えば背中全体を覆う甲殻とハンマーのように先端が固く肥大した尾だが、アンギラスに受け継がれているのはこのうち前者のみであり、正直なところあまり似ていない。百歩譲っても、まだサウロペルタエドモントニアなどのノドサウルス系統の方が似ている(GMKでデザインされていたのはまだアンキロサウルスに近い)。またアンキロサウルス(アンギラス)は凶暴な肉食恐竜であったと作中語られているが、現実のアンキロサウルスは大人しい草食恐竜というのが通説である。
  • 平成以降の出演回数が少ないが、実は何度も登場が企画され、その度にボツになっているという哀れな経緯を持つ。
    • VSメカゴジラ』に登場予定だったが、ラドンに役を奪われた。
    • VSデストロイア』が『ゴジラvsゴーストゴジラ』という企画だった時期にはゲスト怪獣としてアンギラスの登場が検討されており、デザイン画も描かれていた。また、デストロイア(企画段階では「バルバロイ」という名前)の一形態としてアンギラス型の怪獣「アンギラス・ハウンド」やバラゴンとの合体形態「バラギラス」の登場も検討されていた。
    • ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃』においても、護国三聖獣の一体として(残りの二体はバランバラゴン金子監督が登場させようとしたが、それでは地味すぎて客を呼べないということでまたも却下され、バラン共々、モスラとキングギドラに役を奪われてしまった。結局残ったのはバラゴンだけだったが、さすがにバランやバラゴンと比べるとまだ知名度が高いと思われるアンギラスがリストラされたのは不思議な話である。一説にはアンギラスとバランの交代劇は映画製作がすでに始まっている土壇場もいいところで決まり、スーツが完成していたバラゴンは唯一交代を免れたという話もある。
大怪獣総攻撃



    • ×メカゴジラ』では機龍と戦う案が出された(対メカゴジラの時のような前座としての立場での登場だったようだ)。更に『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』では死骸での登場が検討されたがカメーバに変更された。(そのような扱いならむしろ変更されて良かったかもしれない)
    • 度々検討されながら結局『ゴジラ FINAL WARS』まで実現に至らなかった。川北特技監督曰く「四足のためゴジラと並んだ時に絵にならない」「膝をついて動くため、スピード感が出せない」などの理由からだそうで(に使われたような前足に杖や下駄を仕込むという技術は当時まだなかった)。
  • 「暴龍怪球烈弾<アンギラスボール>」はゲーム版のゴジラから逆輸入されたという経緯をもつ珍しい技だったりする。
  • 前述の通り昭和アンギラスは射撃武器が無く、四足歩行(というよりはハイハイ歩行)で機動性にも難がある為かゲーム等ではかなり弱いキャラにされている傾向が多い。…但し、『ゴジラ 怪獣大乱闘』では光線技にあたる技としてビル等の遮蔽物を無視して攻撃できる「咆哮衝撃波」をはじめ、四足歩行時には姿勢が低くなるので上段への攻撃が通じにくくなり、ガードやうつ伏せで倒れている状態の時(つまり背中部分)に格闘攻撃を仕掛けられると相手が怯む上に微量のダメージを与えられる(ゴジラ等生身の怪獣はおろか、機械であるはずのメカゴジラ系も何故か思いっ切り痛がる)等、かなり独特な性能を持つので一概に「弱い」とも言い切れない。必殺技はなんと背中の針からビームを発射していた(ゲームキューブ版)。
  • プレイステーションのゲーム『ゴジラ:トレーディングバトル』では怪獣カードとして登場。相手に大ダメージを与える「アーマータックル」と、(攻撃力自体は低めだが)相手の防御力を無効化してダメージを与えることができる「ニードルアタック」という技を持っており、地底移動能力もあるため、器用に立ち回ることができる。
  • ストリートファイターII』シリーズのフェイロンのステージでは対戦が終了すると背景の鳳凰の彫像(?)が動いて鳴き声を上げる演出があるが、この時に流れる鳴き声はアンギラスのものである。
  • ゴジラシリーズおなじみの怪獣モスラの声はラドンの声とアンギラスの声を合成しかなりの早回し加工をしたものである。アニメ作品怪獣娘~ウルトラ怪獣擬人化計画~に登場したシャドウビーストの声は逆にモスラの声をスロー再生したものであったため、アンギラスの声に近いものとなっていた。ちなみにウルトラ怪獣のドドンゴバニラもアンギラスの声の早回しである。
  • 東映・スーパー戦隊シリーズ17作目「五星戦隊ダイレンジャー」に登場する、超気伝獣・ダイムゲンの鳴き声もまた、このアンギラスの声の流用である。
  • ソフビ・ゴジラアイランドシリーズではボウリュウアンギラスという商品名。つまり肩書が名前にくっついて離れない珍しい形で商品化された。
  • 主人公の相棒、最初の対戦相手、地味だが実力者、不遇という共通点から漫画キン肉マンのキャラクターであるテリーマンになぞらえて「ゴジラ界のテリーマン」と称するファンもいる。
  • 怪獣黙示録』でもバラン・バラゴンとセットであった。
  • 地球防衛軍5』に登場した怪獣アーケルスは見た目と行動がアンギラスに似ているだけでなく、名前が発表されるまでは「Not アンギラス」と呼ばれていた。
  • 不遇な扱いでおなじみのアンギラスだが、ファンからの人気はかなり高くゴジラ総選挙では「6位」に入る程の人気を誇る。ちなみに彼より上の5体は「モスラ」「キングギドラ」「ミニラ」「ラドン」「メカゴジラ」と言った主役を演じた事がある者や複数作品でボス役になった事がある事がある怪獣というそうそうたる面々で、アンギラスは「ガイガン」「スペースゴジラ」「デストロイア」と言ったメジャーなボス役を務めた怪獣を抑えてのランクインである。
  • GODZILLA King of the monsters』の予告編にて「山を突き崩しながら現れる恐竜のような怪獣」が登場。「メインで登場するゴジラ、ラドン、モスラ、キングギドラ以外にもサプライズで怪獣が登場する」というマイケル・ドハティ監督の発言もあり、ファンの間では「アンギラスのハリウッドデビューか!?」と話題になった。

  • 「ゴジラの逆襲」の公開当時、昭和30年(1955年)には、ビクターより青木晴美が歌うお座敷小唄風のコミックソング「ゴジラさん」が発売された。そのB面には、野澤一馬とのデュエットで「うちのアンギラス」が収録されている。
「ゴジラさん」

「うちのアンギラス」


関連イラスト

「 月夜の暴龍 」

アンギラス


アンギラス

アンギラスちゃん

アンギラス 2代目





某魔法少女アニメキャラとのコラボイラストも…

杏ギラス
杏ギラス



関連タグ

怪獣 特撮 映画 ゴジラ
恐竜 鎧竜 アンキロサウルス 
みんなのトラウマ
バンギラス

関連記事

親記事

ゴジラ怪獣 ごじらかいじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アンギラス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アンギラス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 640904

コメント