ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

フルタイトルは「地球攻撃命令ゴジラ対ガイガン」。

人気怪獣の1つ「ガイガン」のデビュー作でもある。

1972年に「東宝チャンピオンまつり」の一篇として上映された。「ゴジラが他の怪獣と戦い、怪獣のチャンピオンを目指す」というチャンピオンまつり路線を決定づけた作品。
ゴジラとアンギラスがふきだしを使って会話するという有名なシーンがある。このシーンアメリカで公開された時は声優がアフレコしている。

また中島春雄がゴジラを演じた最後の作品でもある(最後とあってか、本編にもカメオ出演している)。

この作品ではゴジラや他の地球怪獣は人間からは脅威と認識されており、偵察に来たアンギラスを防衛軍が攻撃したり、東京へ出撃しようとするゴジラとアンギラスを警戒する描写などがある。
一方で侵略者であるM宇宙ハンター星雲人が地球の怪獣達を警戒していたり、先の『怪獣大戦争』・『ガメラ対宇宙怪獣バイラス』同様にガチガチに計算された悪魔の侵略作戦に対して人間側の原始的にしてイタズラ的なゲリラ戦で怪獣達の窮地を救ったとはいえ、キングギドラとガイガンに防衛軍では歯が立たないとなると防衛軍の司令官が「我々の切り札はゴジラかね?」などと言い出したりする等、ゴジラ率いる地球怪獣達は人類にとっては脅威だが地球を守るためには必要といった立場になっている。

主題歌は「ゴジラマーチ」

同時上映は「帰ってきたウルトラマン次郎くん怪獣に乗る」・「天才バカボン」・「みなしごハッチ」・「ミラーマン」・「樫の木モック」

登場怪獣

ゴジラ
アンギラス
ガイガン
キングギドラ

M宇宙ハンター星雲人

当初は、バランラドン、そして次回作に登場するメガロの登場も予定されていた。

また低予算ゆえ一般映画を含む映像流用や伊福部昭の音楽の大量流用でも知られているが、選曲はシリーズに関わっていたスタッフが担当。伊福部はそれを承諾の上で、自身も間接的に参加し一般映画を含め適材適所の曲を使用させ「監修」な立場で様々なフォローをした。それは「伊福部氏の曲は、あまり好みではなかった」という福田純監督の作風に、見事に応えたのだった。

あらすじ

売れない漫画家・小高源吾は、マネージャーの友江トモ子が新たにとってきた建設中のテーマパーク・世界子供ランドの怪獣デザインの仕事の打ち合せに向かった。
ところが彼を待っていたのは、まだ幼い子供…高校生にしか見えないのに桁外れに「見た目は子供、頭脳は大人」な会長の須東文夫と無国籍的で喋り方のおかしい謎の事務局長・クボタだった。彼らは「子供ランド完成の暁には、平和の敵であるゴジラと怪獣島の怪獣たちすべてを抹殺する」と語る。

後にオフィスで小高はクボタ達に追われていた謎の女性とぶつかってしまい、彼女が落していった謎のテープを拾う。その夜、小高はその女性である志摩マチ子と彼女の友人でヒッピーの高杉正作に出会い、「テープを返してくれ」と言われる。話を聞いてみると、マチ子の兄でコンピューター技師である志摩武士が3日前から行方不明だというのだ。子供ランドのどこかに監禁されているとにらんだマチ子達に、小高は協力する。
テープを再生してみると、人間が聴くだけでは奇妙な電子音が流れるばかりで何の目的に使うものなのか解らなかった。

一方、怪獣島ではゴジラが何かの異常を察知し、アンギラスを偵察に向かわせていた。だが、しかし…。

キャスト

  • 小高源吾:石川博
  • 志摩マチ子:梅田智子
  • 友江トモ子:菱見百合子(=現・ひし見ゆり子)
  • 高杉正作:高田稔
  • 志摩武士:村井国男
  • 須東文夫:藤田漸
  • クボタ:西沢利明


スタッフ

監督:福田純(本編)/中野昭慶(特撮)
脚本:関沢新一
制作:田中友幸
音楽:伊福部昭
撮影:長谷川清(本編)/富岡素敬(特撮)
編集:中野嘉男
配給:東宝

公開:1972年3月12日
上映時間:89分
制作国:日本
言語:日本語

関連タグ

昭和ゴジラ ガイガン
中島春雄

関連記事

親記事

昭和ゴジラ しょうわごじら

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴジラ対ガイガン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13106

コメント