ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

タツノコプロにより制作されたアニメシリーズ作品。正式名称は『昆虫物語 みなしごハッチ』。

シリーズ

『昆虫物語 みなしごハッチ』:1970年(昭和45年)4月7日から1971年(昭和46年)12月28日まで、毎週火曜日19時00分-19時30分の時間帯にフジテレビ系で放送。全91回。
『昆虫物語 新みなしごハッチ』:1974年(昭和49年)4月5日から同年9月27日まで、毎週金曜日19時00分-19時30分の時間帯に毎日放送制作・NETテレビ系(当時の系列)で放映。「昆虫物語 みなしごハッチ」の続編。
『昆虫物語 みなしごハッチ』(リメイク版):1989年(平成元年)7月21日から1990年(平成2年)8月31日まで、毎週金曜日17時30分-18時00分の時間帯に日本テレビ系で放映。全55回。
『昆虫物語 みつばちハッチ〜勇気のメロディ〜』のタイトルで2010年7月31日に松竹より劇場アニメが公開された。

ストーリー

スズメバチに襲われ母と離れ離れになってしまった主人公ミツバチのハッチがまだ見ぬ母を探して旅をするストーリー。ハッチがまだ卵の頃にシマコハナバチのおばさんに拾われ育てられていたが、自分がミツバチの子であることを知り、本当の母を探しに旅に出る。子供向けアニメにしては悲劇的なストーリーが多い。

主なキャラクター

ハッチ
主人公。詳細はみつばちハッチの記事にて。

ママ
ミツバチ王国の女王バチであり、ハッチの実母。ハッチが卵の頃に生き別れとなる。

アーヤ
ハッチの妹。ママから兄であるハッチの存在は伝えられているものの、ハッチとは面識がない。

シマコハナバチのおばさん
ハッチの義母。まだ卵だったハッチを拾い、我が子として育てる。

カマキチ
暴れん坊のオオカマキリ。ハッチからはカマキチおじさん、仲間の虫からはカマキチ親分と呼ばれる。
当初は悪役として登場。悪事を止めさせようとするハッチと戦い、誤って片目をバラの棘で潰してしまったことを恨み、ハッチの命を狙っていた。しかし、自分の息子が鳥に襲われそうになったのをハッチが救ったことを知り仲間になる。最期はハッチを庇いスズメバチの攻撃を受け絶命する。

関連記事

親記事

タツノコプロ たつのこぷろ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「みなしごハッチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7354

コメント