ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

中生代の寒冷化を地底に逃れる事で生き永らえた恐竜または大型爬虫類の一種で、前後肢の巨大な爪と背中の重なり合った大きなヒダを使い、自在に地中へ潜る事ができる。

バラゴンの欲張りセット


普段は前肢を地に付けた四足歩行形態であるが、戦闘時には後ろ肢で立ち上がることもある。
パグ犬にも似たやや寸詰まりの顔を持ち、額の中心からは大きな1本角が生えている。
側頭部の後方左右には耳のようなヒレがあり、普段は頭部に沿って伏せられているが、
興奮状態になると起きあがる。

実に「怪獣」らしいフォルムで、ゴジラシリーズでメイン怪獣となったことはないものの人気はそれなりに高く、日本特撮作品において地底怪獣という二つ名を最初に賜った怪獣でもある。東宝の怪獣の中では体格は小柄の方に該当する。なお、初登場作品へのゴジラ登用が難しかった為に生まれたキャラクターでもある。

登場作品

フランケンシュタイン対地底怪獣

地底怪獣
バラゴン 【ニコニコ動画用イラスト】


身長25メートル
体重250トン

中生代恐竜が地底で生き延びて怪獣化したもの。優れた地中潜航能力と光る角(地中生活への適応かは不明)を持ち、口からは赤色熱線(映画劇中では放射火炎を赤くしたような形だが、宣伝用イラストなどでは稲妻状だった)を吐く。この熱線はゴジラとは異なりチャージや発光などの事前現象を要さず、瞬時に発射できるのが利点だが、威力は相手がよっぽど熱や炎に弱くない限りは全く通用しない(少なくともフランケンシュタインには全く効かなかった)ので牽制程度の使用が精一杯である。ただ地中潜航時に削岩の補助として有効な様であり、実際に熱線を放った個所を掘り進む描写もある。あまり威力が高いと巣穴を埋めてしまうなど様々な二次被害を引き起こす事は想像に難くないため、元々攻撃用に発達させた能力ではないと考慮すれば納得が行く。また鈍重そうな外見に反して高い跳躍力を誇る。

出現直後に地中から秋田油田を破壊し、数日後には白根山付近のロッジを襲撃。肉食性であるため宿泊していた観光客や家畜を全て捕食し、さらに村々を襲撃しては村民や家畜を捕食し続けていた(そのせいで大量のタンパク質補給を必要とするフランケンシュタインが人間を捕食していたと誤解されていた)。

物語の終盤、フランケンシュタインの保護者と言えるボーエン博士一行を捕食しようとした為、彼らを守ろうと立ちはだかったフランケンシュタインと戦う。しかし知能とスピードで勝るフランケンシュタインに翻弄され終始劣勢であった。跳躍力を活かした体当たりはことごとく回避され、熱線は直撃しても全く通じず、格闘戦でも大木や岩石を巧みに扱うフランケンシュタインに後れを取る羽目になる。一応パワーではフランケンシュタインを上回り、正面からぶつかったときは跳ね飛ばし、尻尾を掴まれても振り切って地面に潜ったりしている。最終的にはフランケンシュタインにチョークスリーパーを決められ、頸骨を折られて倒された。

逃げるチャンスは何回もあったのに最後まで戦い抜いたという点では、後年のゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃での活躍を彷彿とさせなくもない。

体重は東宝所属の怪獣のスタンダードから見て非常に軽く、跳躍力と二次災害の無さも納得が行き、(最低限のラインだが)日本列島の生態系に適応しているとも言えなくもない。大きさも含めてある意味リアルな部類の数値である。これは、この映画が当時の他の東宝怪獣映画と異なる毛色を持つので、その現れなのかもしれない。

※ちなみに、このバラゴンは歴代で唯一熱線能力を明確に披露している個体であり、人を明確に喰った初めての日本怪獣である(一応これ以前にラドンに襲われたカップルが白骨死体になっていたという描写はある)。

余談だが、顔は水木しげるが描いた「ドイツの洞窟に潜み、聖乙女の祈りにより退治される」に似る部分がある。本画は氏特有の、圧倒的な点画の量により西洋画にも劣らない非常に重厚的な迫力が素晴らしいものとなっている。

怪獣総進撃

二代目と称される事もあり、身長・体重・鳴き声は『フランケンシュタイン対地底怪獣』の個体と同じだが、若干頭部が大きくなっている。

怪獣ランドの飼育怪獣として登場し、キラアク星人に操られ、天城に出現する。開放された後は最終決戦場の富士山麓にも集結したが後述の理由で全体的な活躍はない。また、本来はフランスの襲撃の役を担う予定であったが、ここはゴロザウルス出番だけでなく「地底怪獣」の称号をも取られバラン共々最もかわいそうな出演怪獣の一体になった(なお、本シーンによりゴロザウルスは、某有名特撮考察書にて史上最強の生物になり得ると判断されており、予定通りバラゴンが登用されていればその称号は彼または彼女に行った筈であった)。

なお、2015年に放送された『ウルトラマンX』では、マグラーがフランスの凱旋門を破壊して地中から出現するシーンがあった。マグラーは元々バラゴンの着ぐるみを改造して作り上げられた怪獣という経緯があるため(詳細は後述)、「バラゴンがフランスの凱旋門を破壊して出現する」というシーンが(間接的にではあるが)半世紀の時を経てようやく実現したといえる。

ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃

怪獣図鑑・バラゴン
婆羅護吽 【ニコニコ動画用イラスト】


身長30メートル
全幅24.5メートル
体重1万トン

護国聖獣の一体目である「地の神・婆羅護吽」として登場。体色は赤く、マグマや地熱に適応しその力を授かっているらしい。狛犬のモデルになったと言われ、侵略者などから日本列島の「くに」を護るために崇め奉られた。

なお、「護国聖獣伝記」の挿絵では実物よりも細く体型に描かれている。他にもモスラ腹部が鳳凰の尾羽根風に描かれていたほか、キングギドラ本栖湖竜神伝説に合わせたのか翼が脚状で四足になっていたりする。

劇中での活躍

かつて古代日本の朝廷に退治され妙高山付近に封印されていたが、封印の鍵である地蔵を暴走族が破壊した事で覚醒。彼らをトンネルごと生き埋めにした。この時、トンネル付近にいたトラック運転手からは「赤いゴジラ」と勘違いされたが、後に焼津市にて最初にゴジラの犠牲になる漁船の老船長はこれを否定していた(これは現代の日本人がゴジラの存在・恐怖を忘れてしまったという意図の演出でもある)。
その後、『護国聖獣伝記』の作者・伊佐山嘉利が拘留された本巣警察署を襲撃し、ゴジラの出現を察知して箱根大涌谷で迎え撃つ。
地中を掘り進む能力を生かしてはゴジラの足場を崩して転倒させ、ジャンプしての噛み付きや体当たりなどを仕掛け奮戦するも体格差等から徐々に追い込まれていき(ヒロインの立花由里が「勝ち目ないよアレじゃ!」と断言したり、戦闘を中継していたカメラマンが「俺もう(バラゴンがボコボコにされるのを)見てるの辛いですよ」とこぼす程)、最終的にゴジラの熱線によって粒子化するかごとく爆死してしまう。
映画終盤にゴジラの熱線でキングギドラが爆死した際には、その爆風がバラゴンの形を模した霊体(?)と化すシーンがあり、ゴジラを海中へと引きずり込む活躍を見せた。

余談

設定上は「普段マグマの近くに生息しているためゴジラの熱線(放射火炎)に強い」事になっているが、劇中では熱線一発にも耐えられずに爆死している(なお、モスラとキングギドラはそれぞれ1発は耐えている)。
そのかわり、意志と形を持った爆炎として現れる攻撃があり、皮肉にもバラゴンの攻撃ではもっとも効力を発揮した(最初に爆散させられる際にも身体が粒子化しており、それが他の聖獣が目覚めるシグナルの一つにもなった)。ただ、モスラとキングギドラにも同様の演出があるためバラゴン固有の能力というわけではない。
また、当初は劇中での登用が考えられていた熱線、光る角、角から発する特殊攻撃、放熱などの能力は全て(文字通りの噛ませ犬に徹させるために)オミットされた(ただし光る角に関してはスーツにギミック自体は仕込まれていた)が、本作品での登場をきっかけにゲームなど二次メディアでの出演が増え、その中では初代バラゴンの熱線の特性を持った火炎放射を会得しているものあるが、ビーム状でないために不利な点もある。

鳴き声と顔立ちが哺乳類感を増したものになり、身体や腕や爪なども全体的に丸みを帯び、昭和よりも可愛くアレンジされている為、目撃した不倫旅行中のカップルに「可愛い」と言われて記念写真を撮られたり(本作で護国聖獣の二次災害に巻き込まれた者達は皆「悪い人」という裏設定がある)、ゴジラと戦っている最中、現場中継している報道ヘリのディレクターに「頑張れ! 赤い怪獣!」と応援されたりとユーモラスな演出がされた。
なお、生存中には正式名で一度も呼ばれる事もなく(バラゴンという名前が発覚した後も生存中という体で発表された)、バラゴンファンにとっては本作品の最大の注目箇所なのに、有名怪獣を前面に押し出そうという事情でタイトルからも外されるという、販促の犠牲になった怪獣でもある。ただ、「もふもふ」していないのにもふもふ感がある」というのは注目すべきところ……かもしれない。

ちなみに本来予定されていたプロットでは、アンギラスと協力して気流を発生させてバランを横浜まで送り、雷を受けて復活、身体が焦げながらもゴジラを追跡して横浜決戦に参戦、熱線を喰らい肉や骨が露出しながらもゾンビの様に戦い続けるという、「熱線に強い」「ガッツの塊」という設定をより活かしたものになるはずであった。

カマキラスアンギラスバランら他の出演候補怪獣が脱落した中でも残存したが、映画のタイトルからはハブられている。熱線は吐けなくなったものの体躯が昭和よりも一回り大きくなっているほか、体重はなんと40倍にも跳ね上がっている(さすがに元の体重ではゴジラの相手を務めるには無理と判断されたのであろう)。似た例として、後年の『小さき勇者たちガメラ~』に登場した怪獣たちも軽すぎる体重設定を変更されている。

ちなみにこの作品でのスーツアクターは東宝作品では初の女性アクター・太田理愛であり、演技指導においては生物感を出す為に四足歩行時に膝を付かないことに注意が払われた。
また、スタッフとして参加していた田口清隆氏は「本作のゴジラのスーツは意図的に大型にしてスーツアクターも大柄な人物を起用、逆にバラゴンは女性に入ってもらうことで小柄にし、1.5メートルぐらいのバラゴンと2メートルのゴジラが戦うという、熊と犬が戦っているようなサイズ差の演出を試みた」ことを対談で明かしている。

GODZILLA(アニメ映画)

外伝小説『怪獣黙示録』『プロジェクト・メカゴジラ』に複数の個体が登場。地底怪獣だが、作中の他の一般的な怪獣と同じく光線などの特殊な能力は無く、厄介な病原菌を抱えているわけでもないため倒しやすい怪獣らしい。
1体目はアメリカもしくはその同盟国によって駆除された。
2体目(バラゴンII)は2030年にバランアンギラスと共にゴジラに襲撃されて傷を負ったまま必死に逃亡しながらロサンゼルスに上陸するも、背中にゴジラの荷電粒子砲が直撃し撃破された。上記二体の怪獣は『大怪獣総攻撃』の没キャラであり、作中でも「まるで怪獣たちの総攻撃だ」という台詞が小ネタとして仕込まれている。
ヒマラヤ山脈を崩壊させてゴジラの生き埋めにする「オペレーション・グレートウォール」工事の際には、中国内陸部の地底に眠っていた個体が出現。ゴロザウルスなどの他の地底怪獣とともに目覚め、背中に吸着式地雷を仕掛けられ殲滅されたという(撃破した当事者は、作戦が無意味なものに終わったことから「地底怪獣たちは住処を守りたかっただけではないか」という考えに至っており、「正しかったのは怪獣たちの方じゃないかなって。バラゴンには悪いことをした」と語っている)。

余談

  • 製作スタッフの村瀬継蔵氏によれば、バラゴンのデザインモチーフとしてまずゴジラがあり、その額に一本角をつけることから始まり、背中へ流れる棘とヒダが追加されていったと語っており、さらに「フランケンシュタイン対地底怪獣」が日米合作である為、円谷英二氏が東洋的な要素を盛り込む指示を出し、頭部の造形に東洋の狛犬の意匠が加えられており、そのオマージュとして「大怪獣総攻撃」では「狛犬の由来は婆羅護吽」という設定になっている。
  • 正式名称は「バラナスドラゴン」とする設定が一部文献で紹介されているが、映画公開当時の脚本等にそのような設定は記載されておらず、件の文献が1992年に発行された比較的新しい書籍である為、本当に公式設定なのかは疑わしい。一応綴りは「varanusdragon」と思われ、これはオオトカゲ(ヴァラヌス属)とドラゴンの合成語となる。ラテン風表記だと「dragon」ではなく「draco」になる筈だが、突っ込んではいけない。
バラゴン・パゴス・ネロンガ・ガボラ・マグラー
きめら 


  • 「フランケンシュタイン対地底怪獣」の公開後、バラゴンの着ぐるみは円谷プロに貸し出され、『ウルトラQ』『ウルトラマン』にてパゴスネロンガマグラーガボラに改造・使用された。その後「怪獣総進撃」に登場する予定だったが、バラゴンへの再改造が遅れた為、本来はバラゴンがパリを襲撃する筈だったのがゴロザウルスがパリを襲撃するという展開に変更され、肝心の着ぐるみによる撮影は怪獣ランドの生息描写のみになった(フランスを襲撃するというシーンは、上記にもあるように、およそ半世紀後に間接的にではあるが実現している)。こうした経緯があるため、特撮ファンからは"着ぐるみ使い回し"の好例として取り上げられることもある。
    • スーツが二体ある説もあるが、これは撮影時に中に詰め物をしたり傷んだ部分を修復したりするなどといった関係で多少はスーツも変形するために生まれた説であり、実際は予算の都合もありすべてのシーンで同一のスーツが使用されている。。
    • これらのバラゴン系列は、全員後発の作品で再登場を果たしている(『ウルトラマンタイガ』でのパゴス再登場を持ってコンプリート)。
  • ドラゴンボールには、ガメラ同様に本人が登場している(これもガメラとの縁の一つかもしれない)。火炎を吹いている場面もある(参照)。
  • 河本ひろしの漫画『怪獣王ゴジラ』では悪の科学者マッド鬼山により遺伝子改造・巨大化が施された亜種「シーバラゴン」が、本作最初の敵怪獣として登場している。本来のバラゴンとは異なり海棲であるほか、セイウチのように長い牙を持ち、角がイッカクのように長くなっているのが特徴。その角をゴジラの胸に突き刺したものの、角を折られて投げ飛ばされた末に放射火炎でトドメを刺された。
  • 「総攻撃」では、耳を折りたたんで顔面のガードをする戦法も考慮されていた
  • エメリッヒ版ゴジラとバラゴンは、どこか因縁めいた関係がある。
    • GMK』において、「ゴジラとして間違えられる」という状況が両者に起こっており、『怪獣黙示録』でも前者にさらに同じ状況が発生した(同作では、後者も『GMK』の時のようにゴジラの熱線を背中に浴びている)。
    • バラゴンを平成の世に復活させた『GMK』を含むミレニアムシリーズは、作中設定ではなくあくまでもスタッフの認識ではあるが「打倒ハリウッド版ゴジラ」をスローガンに抱えてスタートしたシリーズであり、同作にてもハリウッド版ゴジラの存在が言及された。
    • 両者とも、平成の作品では当初は披露するはずだった熱線攻撃がオミットされ、ハリウッド版ゴジラは「パワーブレス」という放射火炎の前段階といえるものになり、バラゴンもその後のゲームで単なる火炎放射に近い描写になるなど、両者ともに格下げかは不明だが能力が変更され、二次的な媒体において火炎攻撃を会得している。なおジラは『FW』にて酸性の火炎攻撃を持っているという設定はあるが、直接の発射シーンはない。
    • バラゴンは、初出演作においてゴジラの代役として産み出された。

シンクホールの真犯人


    • 怪獣総進撃』において、本来ならバラゴンがゴロザウルスの代わりにフランスに出現する予定だった。そして『怪獣黙示録』でもゴロザウルスにその役目が行った一方でジラの活動範囲はフランスを中心としたものになっている(ただしこれは本編にてフランスの核実験によって生み出された怪獣であるという設定であったのも関係している可能性がある。)。
    • バラゴンは、ゴジラ・ザ・シリーズにも本来なら出演する予定だったが、ビオランテデストロイアガイガンマンダクモンガなどと共にキャンセルされた。OPにはちょっとだけだが映っており、水牛のような姿をしている。地中だけではなく水中に強い適応能力をもち、光線を発射する能力ももつとされている。
  • ゴジラVSデストロイア』が『ゴジラvsゴーストゴジラ』として企画が進んでいた時期にはアンギラスとバラゴンの合体形態である「バラギラス」の登場も検討されていた(『ゴジラVSデストロイア・パーフェクション』より)。
  • ゴジラS.P』のPVにてバラゴンやガバラに酷似した怪獣の姿が確認されていたが、後に別のオリジナル怪獣と判明した。なお、バラゴン自体は第3話のポニーテール女子高生のスマホのキャラ系スマホカバーのキャラとして登場している。

ゴジラS.P3話



関連タグ

ゴジラ 怪獣 ゴジラシリーズ ゴジラ怪獣
東宝 東宝特撮 特撮映画 狛犬

関連記事

親記事

フランケンシュタイン対地底怪獣 ふらんけんしゅたいんたいばらごん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バラゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 292992

コメント