ピクシブ百科事典

ゲロンガ

げろんが

ゲロンガとは、『ウルトラマンマックス』に登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:5m(40年前) 47m
  • 体重:2t(40年前) 5万8千t
  • 別名:牛鬼怪獣
  • 出身地:奥多摩山中

概要

第29話「怪獣は何故現れるのか」に登場。
1965年に円谷プロが制作したのちに『ウルトラQ』と改題される事となる特撮番組『UNBALANCE』の撮影のため奥多摩に向かったスタッフが、古い坑道内で発見した怪獣。現地の人間からは牛鬼と呼ばれ恐れられている。

消息不明となったメンバーを探しにやってきたTVスタッフに襲い掛かったが、弱点であるを俳優の西郷保彦に折られ撤退した。だが吐き出した火炎によってフィルムが燃えてしまったため、放送されることは無かった。
時は流れ現代。47mにも及ぶ巨体に成長し、渋谷の地下工事現場から出現した。
口からは火炎を吐き、巨体を生かした圧し掛かり攻撃とキック攻撃、太く長い尻尾が武器で、ウルトラマンマックスとの戦いでもそれらの能力を生かして苦戦させた。

だが40年前にゲロンガと遭遇した俳優の佐橋によって牙が弱点であることを教えられたマックスによって残った牙を折られて戦意を喪失。奥多摩に送り返された。

裏話

名前の由来は『Q』の没脚本「ゲロンガ対山椒ラウス」から取られたものである。脚本を担当した小中千昭は、当初はパゴスを登場させる予定だったが、パゴスの登場回を執筆した山田正弘氏が前年に亡くなってしまい、きちんと了解を得ずに登場させるのは良くないと思い、ネロンガデザインの新怪獣をデザインするよう依頼したと語っている。また本エピソードは『Q』の影響を強く受けており、Qのレギュラー陣3名が登場している。さらにこのエピソードの物語は万城目役の佐原健二氏の著書「すばらしき特撮人生」からインスパイアされたものである。

着ぐるみは『大怪獣バトル』でネロンガ、その後、『大怪獣バトルNEO』でマグラーに改造された。

関連タグ

ウルトラマンマックス ウルトラ怪獣 牛鬼
ウルトラQ ネロンガ パゴス

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲロンガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 441

コメント