ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

デスドラゴ

ですどらご

デスドラゴとは、特撮番組『ウルトラマントリガー』を始めとするウルトラシリーズに登場するウルトラ怪獣。
目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. ウルトラマントリガー』に登場する怪獣→本記事参照。
  2. RPG『チョコットランド』に登場するキャラクター。

データ

別名破壊暴竜
身長66m
体重6万トン
出身地クララシティ
スーツアクター梶川賢司(『トリガー』、『デッカー』)
デザイン井野元大輔

概要

破壊暴竜デスドラゴ

第5話「アキトの約束」にて初登場した怪獣。

派生種やリメイクではない、『トリガー』における完全オリジナルの怪獣である。


『トリガー』物語開始より6年前に最初に姿を見せた怪獣で、「始まりの怪獣」の異名を持っている。

また、アキトの両親を殺害した張本人でもあり、アキトにとっては両親の仇とも言える怪獣で、彼からは避難誘導という命令を無視してデスドラゴを攻撃したほど恨みを抱かれている(しかしこの命令無視により、アキトは三日間の謹慎処分を喰らう事になる)。


破壊暴竜 デスドラゴ(6年前ver.)破壊暴竜 デスドラゴ

(左:角を折られる前、右:角を折られた後)


頭部にある鹿トナカイのような複雑な形状をした巨大な二本の角から強力な青白い電撃を放つが、片方の角は6年前にシズマ・ミツクニの乗るガッツウイングの攻撃で半分折れた状態となっている。

また、実は防御力自体はオカグビラゴルバーと比べてもそこまで高くはなく、現にウルトラマントリガーとの初戦では、彼のマルチ・スペシウム光線を受け逃走している。


ここまでの素の状態では格闘能力もマルチタイプのトリガーとほぼ互角、角からの電撃光線も広範囲かつ不明確な部分が目立つとはいえ攻撃力そのものはアキトを庇ってモロに直撃を受けたトリガーが電撃を弾いて反撃に持ち込む程度の威力であった。


大怪獣倉庫(仮)【465~468】破壊闇暴竜 デスドラゴ

だが、後にカルミラによって闇の力を与えられた影響で闇怪獣となり「破壊闇暴竜」に変貌、目が赤く染まった上に通常の青白いものに加えて超強力な赤黒い電撃を放つようになった。攻撃範囲も広くなった他、口からは範囲を一ヶ所に纏めてさらにもう一回り高い威力の電撃光線を使用する事もできる(ただし後述の別個体の描写から、これらの技は闇怪獣化に由来するものではなくデスドラゴが元々持ち合わせていた固有のものではないかと思われる)。


GUTSファルコンを撃墜した後はトリガーと再戦、パワーアップした攻撃力を生かして前回以上にトリガーを苦戦させるも、スカイタイプにチェンジしたトリガーに対しては次々と電撃をスカイアローに相殺されてしまう。

最終的には口からの強化電撃光線とサークルアームズで防ぐトリガーの根比べとなるも、ケンゴの判断により電撃光線の力が蓄積されたアームズで発動した強化版ランバルトアローストライクを受け爆死、自身の電撃能力という強みを逆手に取られる形で敗北を喫した。


その後、謹慎を無断で破ったアキトはさらに三日間の謹慎期間延長を言い渡されるが、タツミ隊長から「頭を冷やして戻ってこい、仕事が山程残ってるからな!」と厳しくも暖かい言葉を受けた。


第9話では、世界各地で発見された怪獣の記録の一つに、ロシアから見つかったデスドラゴの壁画が登場した。


エピソードZ

角が両方生え揃った状態の個体が登場。ゲネガーグと共にゼット、トリガーの両名と対決する。

ゲネガーグとは登場話数は違えど「始まりの怪獣」繋がりのコンビとも言えるが、それぞれの着ぐるみの改造に関しては、最初最後の敵という対照的な関係にもなっている。


スカイタイプ時のトリガーにゲネガーグと総出で襲いかかり、救援のため乱入してきたゼット・ガンマフューチャー相手にも一歩も譲らぬ格闘戦を見せたが、流石にベータスマッシュ相手には分が悪かったのか徐々に劣勢に追い込まれていき、遂にはゲネガーグ共々ゼスティウム光線とデラシウム光流の同時攻撃で爆散した。


ウルトラマンデッカー

デスドラゴ


デスドラゴ。同種の怪獣が過去に何度か確認されています

〜カイザキ・サワ〜


第2話「決意のカナタ」に登場。

本作の世界で8年振りに現れた地球怪獣である(奇しくも『エピソードZ』に登場したデスドラゴ以来)。


スフィアのバリアによる地球封鎖から1年後に山中から突如出現し、行軍訓練中のカナタ達を動揺させ、近隣住民をパニックに陥れた。

周囲に放電しながら威嚇行動を取るなど"何か"を警戒しているようであり、最初の個体と異なり、ムラホシの操縦するGUTSファルコンの迎撃で右角を折られてもなお戦意喪失せずにそのまま進撃。通常の電撃に加え赤黒い電撃も放つようになる。


住民の避難誘導に当たっていたカナタ達を襲おうとしたが、彼らを庇ったファルコンに放電が直撃し墜落、そのままトドメを刺そうとしたが、カナタがウルトラマンデッカーに変身した事で阻止された。


戦闘ではカナタの左足の怪我がデッカーにも影響していた事もあり、序盤はデッカーを圧倒。援護のために出撃したGUTSホークに左角を折られ放電攻撃を封じられるも、格闘戦でもなおデッカー相手に優勢だった。

しかし、カナタ/デッカーがミクラスを召喚した事で形勢が逆転、ミクラスのパワーファイトに圧倒される。

それでもなお口から電撃光線を放つなど抵抗を続けたが、最後はセルジェンド光線を喰らい撃破された。


前作のバロッサ星人同様、初登場から直近の作品への2年連続メイン出演となる。

『デッカー』は前作『トリガー』から数年後の世界が舞台となっているので、今回の個体は通算3体目という事になる。劇中においても何度か出現している旨が語られており、新世代TDの世界では土着かつそれなりにポピュラーな地球産怪獣として認識されている模様。


また、これまでに登場したデスドラゴの中で誰かに操られる事もなく、初めて単身で戦い抜いた個体でもある。

今回の戦いでは、片方の角どころか両方の角を破壊されてしまったが戦意喪失せず、片角が折れて以降は放電に赤い電撃も混じるなど、素のスペックは他の個体に比べても高く、闇怪獣化した初代に迫るものであった。


デッカーとの戦いでは、(怪我によるハンデがあったとはいえ)カラータイマーが点滅し始める時点まで彼を追い詰めており、またGUTSファルコンやGUTSホークのフォロー、ミクラスの加勢も相まってようやく形勢が逆転されたため、こうした援護射撃(デスドラゴから見れば妨害)がなければデッカーを打ち負かしていた可能性も否定できない。

両方の角を破壊されたにもかかわらず、戦意を喪失せずに暴れ続けたその姿は正に"暴竜"の名に相応しいと言えるだろう。


ちなみに『デッカー』の基となった『ウルトラマンダイナ』にも前作『ウルトラマンティガ』の怪獣が登場しているが、クローン夢の中での登場強化再生した個体投影された立体映像名前だけの登場といずれも変わった形での登場となっていた。


第3話では、HANE2の操作するGUTSホークとの連携のための訓練シミュレータに敵怪獣として登場した。


余談

出現地であるクララシティは、『ティガ』第2話に登場した「久良々島」に由来する。


『トリガー』本編においては、既に角を片方ガッツウイングに破壊された状態でトリガーと激突しているため、角が両方健在の状態でウルトラマンと対決できなかった

そして、上記の通り『エピソードZ』に角が両方健在の状態で登場し、対決が叶う事となった。


着ぐるみは『ウルトラマンタイガ』のヘルベロスの改造。登場話数は異なるが、奇しくも『タイガ』の始まりの敵が、『トリガー』でも始まりの怪獣となった。なお、両者のデザインを担当したのはどちらも同じ井野元氏である。


最初に地上に現れた怪獣という設定のため、宇宙から飛来した宇宙怪獣ではなく、地上の野性怪獣らしさをイメージしてデザインされた。印象が角に残るようにシンプルな体にしたかったが、初稿にあった背中のヒレを足の付け根や胸などに這わせている。頭部や背中のヒレはタテガミのようなイメージだったが、火薬が引火して事故になる危険があったため、骨のようなもので立ち上げて毛先だけ残している。


当初は子供の目を引くように赤ベースでビビッドなカラーリングも提案されたが、地味な色合いにするために、デザイン画に比べてより地味めな配色に変更・調整されている。角はクワガタヘラジカの角を組み合わせており、さらに角を強調するためにヘルベロスの体中にあったトゲを外している。ヘルベロスは白目だったが、生物的な印象が残るように瞳を入れている。


ソフビは赤目で角が折れた闇怪獣状態のものが発売されているが、タグの名義は通常の「破壊暴竜」となっている。


現時点では、デスドラゴが登場する作品は全て武居正能監督が担当している。

デッカーでの再登場について監督はフィギュア王のインタビューにて

再度登場しても設定的におかしくない怪獣、ということで出しています。

『トリガー』では"始まりの怪獣"として登場したキャラクターですし、闇の巨人がいなくなった状況で出現してもおかしくはないだろうと。

『トリガー』につながる世界観ですよ、ということを説明するためのキャラクターでもあります。

あと、『トリガー』で僕が担当させてもらった回(第5話)に作ってもらった怪獣で愛着もあるので(笑) と語っている。

関連タグ

ウルトラマントリガー ウルトラマンデッカー

ウルトラ怪獣 闇怪獣



関連記事

親記事

トリガー怪獣 とりがーかいじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40278

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました