ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

ゲーム『ドアドア』に登場するモンスターについてはナメゴン(ドアドア)を参照。

データ

身長30m
体重1万t


概要

ウルトラQ第3話「宇宙からの贈りもの」に登場した火星怪獣
ウルトラシリーズ初の宇宙怪獣である。
火星から帰還した無人探査機に乗せられていた金色のから誕生。
卵は常温下ではビー玉程度の大きさだが温度が高まると膨張、数分で数十mに成長し孵化する。
巨大化中は熱を加え続ける必要はなく、最初の数秒だけを与えれば活動を開始する。
一ノ谷博士は「火星人が地球人のやみくもな宇宙開発に対する挑戦か、あるいは威嚇」と推測した。
劇中では二体出現し、一体目は離島・大蔵島の温泉熱で孵化後、遭遇した万城目らに襲いかかるが、海に転落して溶解する最期を迎える。二体目はアクシデントから一ノ谷博士の邸宅の庭で孵化する。
一ノ谷博士が助手に塩水の用意を指示し、二体目との攻防は特に描かれないままこの回の話は終了するが、塩水による攻撃で駆逐されたと思われる。

その後の登場

ウルトラマンメビウス

名前のみ登場。
物語開始時の5年前に火星に出現し、バン・ヒロトの母親を殺害していたことが語られている。

大怪獣バトルウルトラアドベンチャー

ガッツ星人が実験場にしていた惑星の野良怪獣として登場。
アイとカネゴンを殺そうとしていたワイルド星人を破壊光線で殺害し、アイたちにも襲い掛かったが、レッドキングによって岩替わりにされてしまいバジリスにぶつけられてしまった。

ウルトラマンZ

本編で登場していないが、2020年てれびくん12月号の「セブンガー友の会」の特集ページで22話の防衛軍のロボットキャンペーンで展示物である新聞記事内でかつて出現した過去が明かされた。
(但し劇中では22話内で新聞記事は登場せず、23話でヘビクラがいた銭湯で新聞記事の一部が登場する程度で実質裏設定に近い)
本編から5年前の日本に出現、半年前に打ち上げられた火星の探査機に付着していた宝石のような物体状態で地球内に侵入し研究所に輸送中に海風にあたり肥大化した。
上記の経路から塩に対して耐性を持った上に『Q』に登場した二体よりもずっと強力な個体だったらしく、日米の防衛軍が対処するが全く歯が立たず、最低でも緊急事態宣言が出されてから2週間日本を猛進し暴れていた。そこにセブンガーが新戦力として投入され倒された模様。これは30m級の怪獣の討伐は初めての事例だったらしく、この成功をきっかけにストレイジの立ち上げ及び編成に繋がるきっかけとなった。
劇中の新聞記事のスチール写真を見る限りスーツも新造したものが用意されていたようで、新型コロナウイルス流行の影響による撮影スケジュールや脚本変更がなければ、本編映像中でも出演の機会があったものと思われる。


能力

動きは遅いが、両眼から放つ硬直光線を武器に暴れる。この光線を食らったものは硬直して死亡する。
弱点は塩水であり、劇中では一体目はに落とされたことで溶解し
終盤に誕生した二体目についても塩水が用意されている。

容姿

その名の通りナメクジのような姿をしている。
両眼が飛び出しており、体はヌメヌメした粘液で覆われ、背中にはイボがある。

余談

「次に火星から送られてくる怪獣は、海水を飲んでますます巨大になり、強靭になる恐るべき怪物に違いない」というナレーションで物語は締めくくられる。
なお、ウルトラQの没プロット『キリがない』の中に、水を吸い上げて無限に成長する怪獣の登場が予定されていたが、上記のナレーションのような宇宙から送り込まれた怪獣として設定されていたかは不明。

関連イラスト

ナメゴン登場!
ウルトラQ图鉴3



関連リンク

ウルトラQ ウルトラ怪獣
火星 ナメクジ

リッガーシャドウマンウルフファイヤー:ナメゴン同様に送り主不明の怪獣達。

関連記事

親記事

ウルトラQ うるとらきゅー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ナメゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22074

コメント