ピクシブ百科事典

ウルフガス

うるふがす

ウルフガスとは、『ウルトラマンガイア』に登場する怪獣である。ここではウルフファイヤーについても解説する。
目次[非表示]

データ

身長2〜47m
体重130kg〜3万8千t
別名獣人
出身地宇宙


概要

第12話「野獣包囲網」に登場。
宇宙から東京南部に落下してきたカプセルの中に入っていたのような怪獣。
夜行性で、日光を浴びるとガスになるという性質を持っている。
強そうな外見に反して性格は大人しく、気が小さいが一度攻撃されると途端に凶暴化する。
XIGが発射した麻酔弾によって体質変化を起こし、さらに天然ガスを吸収したことで巨大化してしまった。そのため、もし仮にこの怪獣を倒してしまったら大爆発を引き起こす可能性がある。
動きは身軽で、ウルトラマンアグルの攻撃を瞬時に回避し、アグルにおびえたふりをして攻撃するが全く勝てず、止めを刺されそうになったところをウルトラマンガイアに助けられる。
最期はチームライトニングが発射した細胞気化弾を受けて再びガス化した所をガスタンクに詰められ宇宙に送り返された。

サイボーグ獣人ウルフファイヤー

サイボーグ獣人 ウルフファイヤー


身長2.3〜53m
体重150kg〜4万2千t
出身地宇宙
第34話「魂の激突!」に登場。
ウルフガスによく似た性質を持つ怪獣で、謎の円盤に操られている。
円盤を操るエイリアンの手によって体に身体能力が向上すると同時に凶暴化させる「身体能力強化チップ」というバイオチップを埋め込まれている。
そのため、以前のウルフガスに比べて凶暴化しており、口からは火炎を発射するようになる。
最初は等身大で登場し、エイリアンの実験のために体格のいい男性を誘拐し、チップを埋め込んでいった。
夜中に9体が登場したがほとんどがXIGの攻撃によって掃討されるも、残った1体が円盤から発射された光線によって巨大化し、ウルトラマンガイアと戦うもアグルセイバーとフォトンストリームを喰らい爆発。円盤もチームライトニングのミサイルで撃墜された。

余談

ウルフガスは、当初はアグルによって街ごと吹き飛ばされると言う展開だったが、監督の原田昌樹の要望により生存する展開になった。

デザインモチーフは狼男とガス人間。

ウルフファイヤーが登場した第34話には、大のウルトラファンだというプロレスラー・橋本真也が本人役でゲスト出演し、等身大のウルフファイヤーと戦った。

ウルフファイヤーの準備稿での名称は「ファイヤーウルフガス」

謎の円盤に乗っていた宇宙人は「ネペロ星人」という名前が設定されていたが、根源的破滅招来体の設定が複雑になりすぎるという理由で本編では明らかにならなかった。

関連タグ

ウルトラマンガイア ウルトラ怪獣  獣人 サイボーグ

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルフガス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1003

コメント