ピクシブ百科事典

アンチマター

あんちまたー

アンチマターとは、『ウルトラマンガイア』に登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:85m
  • 体重:15万t
  • 別名:反物質怪獣
  • 出身地:木星周辺のワームホール

概要

第14話「反宇宙からの挑戦」に登場。
トロヤ小惑星付近のワームホールから出現した怪獣で、反物質世界の存在(アンチマターという言葉自体が反物質を意味している)。
その体は反物質で構成されているため、物質に触れただけで太陽系を消滅させられる程度の大爆発を引き起こす危険な存在。地球に飛来したときは二枚貝のように体を二つ折りにしていた。

日本大畑市を巨大な反物質シールドで包み込むことで町全体を反物質化し、シールドを広げることで反物質世界の拡大を企んだ。
藤宮博也の予測によると、地球全体を反物質化した後にシールドを解除し、人類の住む宇宙である正宇宙と反物質の対消滅による第二のビッグバンを引き起こし、そのエネルギーを利用して第二の宇宙を作り上げることを目的としていたのではないかとされている。

武器は頭部から発射する怪光線と、体の中央に相手を挟み込むことで流す電撃
シールドを展開するときは頭部先端を内回りに回転させている。

ウルトラマンアグルの反物質化光線で自らの体を反物質化し、シールドの中にもぐりこんだウルトラマンガイアと対決。
クァンタムストリームで体の一部を破壊され、その破片をチームファルコンの対アンチマター変換システムとアグルのアグルスラッシュで消滅させられ、再び二つ折りにされたところをそのままワームホールの中に送り返された。

ワームホールの入り口はアグルのアグルシールディングで閉じられ、ガイアの体もアグルの解除光線で元の姿へと戻った。

関連タグ

ウルトラマンガイア ウルトラ怪獣 反物質 ペスター

ギラティナ - 反物質を司るモンスター繋がり

関連記事

親記事

ウルトラマンガイア うるとらまんがいあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アンチマター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3169

コメント