ピクシブ百科事典

ディグローブ

でぃぐろーぶ

ディグローブとは、ウルトラマンガイアに登場する巨大怪獣である。
目次[非表示]

概要

第17話「天の影 地の光」
第18話「アグル対ガイア」に登場。
木星付近の宙域に突如出現した、天体に匹敵する大きさを有する生物。

小惑星規模の質量を持っており、尻尾のような突起が付いている。
当初は地球の公転軌道を通過する予定だったのだが、突如進路を変え地球へ接近。GUARDの迎撃ミサイルを物ともせずに72分後に東京に衝突する進路を進み始めた。

もしも東京に衝突すれば半径100kmものクレーターが発生。日本全土が被害を受けるにとどまらず、舞い上がった粉塵により地球全体が氷河期に陥ってしまう。
ウルトラマンアグル藤宮博也ゾンネルの体内エネルギーを利用して迎撃を試みたが、大気圏内でディグローブが爆発すれば半径20kmもの地上を焼き尽くす放射熱が発生する為、どちらにせよ東京は壊滅する
藤宮が東京に住む人々を見殺しにするつもりだと気付いた高山我夢は、ウルトラマンガイアに変身。ディグローブとアグル、双方への対処を強いられることになる。

最期はアグルが開放したゾンネルのエネルギーを受け大気圏内で爆発したが、放射熱はガイアのバリアで阻まれたため事なきを得た。しかし、この一件により我夢と藤宮の思想の違いが表面化。ガイアとアグルの決定的な対立に繋がってしまった。

余談

名前の由来はde+glove(地球のという意味)から。

脚本での名称は「ナイトレイド」であった。

第45話の原案では「ディグローブの巨大版が登場し、GUARDの柊准将が『東京の気を利用した兵器』を用いて倒そうとする」と言う展開が描かれていた。

48話で破滅招来体の手先、ゼブブが「人類という地球にとっての病原菌を駆除するために破滅招来体は怪獣を送り込んでいる」と発言していたが、上記にあるようにこのディグローブは地球にも甚大なダメージを与える存在であり、矛盾している。(ディグローブが破滅招来体が送り込んだものであるとは限らないが)

関連タグ

ウルトラマンガイア

pixivに投稿された作品 pixivで「ディグローブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 783

コメント