ピクシブ百科事典

ウルトラマンガイア(キャラクター)

うるとらまんがいあ

『ウルトラマンガイア』の主人公であるウルトラ戦士。地球が遣わした神秘の光の巨人。
目次[非表示]

タグとしてはウルトラマンガイアV1ウルトラマンガイアV2スプリーム・ヴァージョンあたりが特に機能している模様。

概要

この作品のウルトラマンはこれまでの「人智を超えた力を持つ異星人」であるウルトラマンと違い、「地球の化身」として扱われている。そもそも生物ではない。
そのため、ウルトラマンの代名詞である「3分間しか戦えない」という設定が存在せず、体力の続く限りは無限に活動できる。
ただし、残りのエネルギーが少なくなると胸にあるライフゲージ(カラータイマーに当たる部分)が赤く点滅する。これは従来の「制限時間の警告」ではなく、その名が示す通り、格闘ゲームの体力ゲージ(残り少なくなると赤くなるやつ)に近い。なお、次元が違うとエネルギー消費が早くなってしまうという弱点もあるようだ(「超時空の大決戦」より)。

なお、アグル共々パワーアップによって基本形態そのものが変わったという特撮では珍しいヒーローである(劇中で明確にパワーアップとして基本形態が変わったのは他にこの人この人、そしてこの人達くらい)。
後のウルトラマンオーブも基本形態が何度か変わったウルトラマンとなっている(あちらはパワーアップだけではなく、弱体化によって事実上の基本形態が変わっている)。

データ

変身者高山我夢
変身アイテムエスプレンダー
身長50m(ミクロ化も可能)
体重4万2千t(ミクロ及び等身大時は不明)
活動時間不定(体力の限界でライフゲージが点滅し、変身が解ける事もある)
飛行速度マッハ20
走行速度マッハ5
水中速度マッハ1
潜地速度マッハ1.2
ジャンプ力1200m
握力50000t(人間換算で50kg)


主な技

フォトンエッジを始め、アクションが型破りなものが多い。

フォトンエッジ
詳細はリンク先を参照。

クァンタムストリーム
ワイドショットなどのように腕をL字に組んで放つ光線…なのだが、発射前に腕をT字型に組んでエネルギーを溜めてから、傾けるように右腕をL字型に構え直して発射する。
繋ぎ技として使われる事が多いが、この技で敵を撃破したこともある。

ガイアスラッシュ
両手から発射する三日月型の光弾。主に牽制に用いる。

ガイア突撃戦法
体をスピンさせ、ドリルのように頭から敵に突進して貫く。

ガイアヒーリング
相手を大人しくさせる技。ある意味次回作に通じる技。

ガイアブリザード
両手を突き出して放つ冷凍光線。

クァンタムフラッシュ
強力な発光効果を持つ光球を発射する。

ホーリングフープ
エネルギーをライフゲージに収束させ、両腕から光球を放つ。
威力はエリアルベースの外壁に穴を開けるほどだが、劇中では命中せず。

エネルギー放出
体にエネルギーを収束させ、一気に解放する技。
ディグローブの大爆発から都市部を守るためにバリアーを作り出した。

リボルサクセッションキック
バク転の勢いで相手に両足蹴りを見舞う。

形態

ウルトラマンガイアV1

ウルトラマンガイア


当初の姿であり、後述のV2との区別のための通称。

ウルトラマンガイアV2

ウルトラマンガイア V2


V2は「バージョンツー」の事。
物語の途中、ある出来事をきっかけにパワーアップした姿。
胸のプロテクターの内側が黒いのが特徴。

ウルトラマンガイアSV

ウルトラマンガイア スプリーム・ヴァージョン


SVは「スプリーム・バージョン」(スプリームは「最高」の意)を意味する。
ガイアV2が自身の力を最大限に発揮した姿。
より筋肉質な体型となり、体には青が追加され黒い部分の面積が増えるなど、歴代ウルトラマンの中でもかなり派手な姿をしている。
フォトンストリームなどの新たな必殺技を体得し、圧倒的な戦闘能力を誇るが、1分間しか戦えないという裏設定がある。
特殊能力でチート扱いのウルトラマンとは違い、純粋に「強い」のが魅力。
敵を大地に叩きつける技、つまり投げ技を多用することも特徴であり、一度の戦闘で敵を何度も投げつける姿は「投げの鬼スプリーム」として親しまれている。

余談

デザイン画では、「オスカー」という名称もあった。

関連タグ

ウルトラマンガイア 高山我夢 TDG三部作 ウルトラ戦士
ウルトラマンタイタス:同じく知性と筋肉を兼ね備えたウルトラマン。ガイアもまた「力の賢者」と呼べるかもしれない

仮面ライダーガイア仮面ライダーの方のガイア。

関連記事

親記事

ウルトラマンガイア うるとらまんがいあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラマンガイア(キャラクター)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48103

コメント