ピクシブ百科事典

ナイトレイダー

ないとれいだー

ウルトラマンネクサスに登場した戦闘チームである。母体であるTLTも一緒に解説する。
目次[非表示]

概要

ウルトラマンネクサスに登場した地球開放機構TLTの対スペースビースト部隊である。
かつてダークザギを作り上げた異星人「来訪者」からの技術協力により、数々のオーバーテクノロジーを有しており、ウルトラシリーズの歴代防衛チームでも屈指の戦闘力を持ち、ウルトラマンの力を借りずとも数々の強敵を撃破している。ウルトラマン科学特捜隊ウルトラマンタロウZATウルトラマンダイナスーパーGUTSと並んでウルトラシリーズにおける防衛組織の最強候補の一角である。

……が同時に歴代で最も冷酷非情で暗い組織とも言われる。

組織全体の方針が、市民の安全よりもビースト殲滅が優先といったスタンスであり、場合によっては街一つをビーストを誘き寄せる餌として利用したこともある。勿論現場レベルでは(副隊長を除いて)極力人命を尊重するが、上層部が真っ黒けである。
物語中盤まではウルトラマンとの関係も険悪で、第2話でファーストコンタクトを果たした際に(直前にペドレオンから作業員を救助する姿を目撃していたにも関わらず)いきなり攻撃。その後も第10話で共闘を果たすまで殲滅対象と看做していた。TLT上層部に至っては瀕死のデュナミストを拘束して人体実験を行い、ウルトラマンの力を兵器利用しようとするなど、物語終盤まで敵対的な行為を止めなかった。

更にビーストが人間の恐怖を餌にしている関係で、ビースト及びウルトラマンの存在を世に広めない為に、後述のMP(メモリーポリス)という部署があり、子どもでも絶対に逃さず捕まえて記憶操作するといった塩梅である。また、組織の方針に反抗的な行動を取った隊員は記憶処理を施されたうえで追放処分となることが語られており、当のMPを指揮している管理官であっても例外ではない。更に言うと基地がダムの底にあるので内部の照明もやたら暗い(眼に悪そうなレベル)。
前作ウルトラマンコスモスTEAMEYESが最も優しい組織だったので、尚更非情さが際立っている(ちなみに次回作の防衛チームはお笑い担当)。

こういった暗さからMACビートル隊と並び、所属したくない組織としても名を挙げられることが多い。

TLT

正式名称はTERRESTEIAL-LIBERATION-TRUST(地球開放機構)であり、頭文字を取って「TLT」と呼ばれる。本編で登場するのは日本支部の「TLT-J」である。
1991年にアメリカ・コロラド州に落下した「来訪者」より、スペースビーストの存在が伝えられて設立が進められた。
来訪者より後の「クロムチェスター」や光学迷彩システム「オプチカムフラージュ」や記憶消去装置「レーテ」といったオーバーテクノロジーを技術供与されており、スペースビーストとの遭遇に備えるべく活動していたようだが、設立初期の段階で研究員の1人「山岡一」にダークザギが憑依して内部で暗躍しており、デュナミストの素養を持つ者等の自身に都合の良いメンバーを集めていたようである。

2004年に地球に飛来した、ビースト・ザ・ワンウルトラマン・ザ・ネクストとの戦いの後に本格稼働し、レーテによってザ・ワンやネクストの存在を一般市民の記憶から消去。ザ・ワンの細胞から誕生したスペースビーストとの戦いが始まっていく。

イズマエルとの戦いの後、再度レーテによる記憶消去を行う途中に全ての黒幕であるダークザギが完全復活してしまう。ザギはウルトラマンノアに倒されたもののビーストの出現は続いており、方針転換したTLTは組織の存在を公表、改めてビーストの脅威から人類を護り続けている。

ナイトレイダー、TLTのメンバー

去年出した本の表紙


本編で活躍するのはAユニットであり、他にも多くのチームが存在するが劇中未登場。

孤門一輝/ウルトラマンネクサス(5人目)(演:川久保拓司)

ネクサス(ジョジョ風)


本作品の主人公。
物語開始時は警視庁のレスキュー隊員として活躍していた、前向きな心優しい24歳の好青年。
少年時代、川で溺れていたところを「諦めるな」という言葉とともに助けられたことで、人々を救うことに強い信念と誇りを持っている。
第1話でいきなり特殊防衛機関TLTからの引き抜きにより、エリート部隊・ナイトレイダーに配属される。人命よりビースト殲滅を優先する凪とぶつかることも多かったが、物語が進むにつれて信頼できるパートナーとなっていく。ナイトレイダーという特殊な職務のなかでときには傷つき、悩み、大切な物を失いながらも、ウルトラマンネクサス=姫矢准の導きで自らの心の闇を払い除け、様々な戦いの中で試練を乗り越え、新たな適応者=千樹憐との交流を経て更なる成長を遂げていく。
そして最終回で、5人目のデュナミストとして光を受け継ぎ、全ての元凶であるダークザギとの戦いに臨む。戦いのなかではアンファンスからジュネッス、ジュネッスブルーを経てウルトラマンノアへと究極最終進化してダークザギを倒した。一年後もナイトレイダーに所属し、ビーストから人々を護っている。

名前は「門」が正しいのだが、しばしば「門」「門」と誤記される。おそらく、歴代の主人公で最も名前を間違えられているのではないだろうか。

西条凪/ウルトラマンネクサス(4人目)(演:佐藤康恵)

空想特撮少女図鑑―ナイトレイダー


ナイトレイダーAユニットの副隊長で、年齢27歳。
戦士としては非常に有能で、和倉隊長からの信頼も厚い。
幼少時に何者かによって母親を殺害されているため、ビースト、とくに人間に変身するビーストには偏執的な憎悪を抱いている。そのため、人々の保護よりもビースト殲滅を優先するなど過激な発言と行動が目立ち、当初は姫矢をビーストと認識した上で敵意を示し、その見解を巡って孤門とも度々衝突していた。だが、ビーストの脅威から人間を守ろうとする彼の行動に徐々に理解を示すようになり、最終的に彼を認めている。
溝呂木から想いを寄せられていたが、本人にはその様な感情はなく、純粋に戦士として憧れて敬意を持っていただけだった。その溝呂木がダークメフィストと一体化してからは彼をビーストとして危険視し、自らの手で引導を渡そうとしていた。
また、憐が自分のダメージを無視して死んでも構わないと思いつつ戦っていることにいち早く気づき、第35話で憐に対してそれを戒めた。
最終回において、憐より光を受け継いで4番目のデュナミストとなったが、それはダークザギの罠で、両親の殺害や溝呂木の裏切りと悪事も彼女の心を憎悪で満たすために仕組まれたものだった。正体を現した石堀=ダークザギへの怒りのままに変身したため、レーテに吸収・蓄積されていた人々の恐怖の記憶と同調したことで、ウルトラマンの光エネルギーが闇に転化して全てをダークザギに奪われてしまい、レーテの放つ闇に囚われた。だが、孤門によって救われて彼を次の適能者へと選択した。
最終回後を描いたDVD-BOX付録ブックレットの短編小説では、本編時よりも孤門に笑顔を向けることも多くなり、よく談笑し合っている姿を見せるようになった。

和倉英輔(演:石橋保)
ナイトレイダーAユニットの隊長で、年齢34歳。強い責任感と冷静な判断力を併せ持つ。
任務に対する忠実さだけでなく、しばしば苦悩する孤門を厳しくも温かく見守る優しさも持っている。自身も人命救助第一に考える孤門の影響を少なからず受けていたようで、温泉街の住民を囮に使ったミッションに激怒して松永に食って掛かったり、TLT北米本部の記憶操作を批判したりしたこともある。
意外にも文学に対する造詣が深く、ニーチェの言葉を引用したり黙示録の用語を解説するなど、某映画の自衛官のような一面を見せることもあった。
最終回において石堀が正体を現し、詩織が重傷負ったのに続いて和倉も腕を撃たれ、孤門と凪はレーテの闇の中にいたため、たった一人負傷を抱えながらクロムチェスターδを駆って出撃。撃墜されかけたところを、孤門が変身したネクサスに助けられた。一年後もナイトレイダーの隊長を務めている。

平木詩織(演:五藤圭子)

ヒラキシオリ隊員


ナイトレイダーAユニットの隊員で、年齢25歳。孤門の戦闘訓練の教官でもあった。
元は一般の警察官であったため、射撃に優れている。いつも明るくマイペースを崩さない、チームのムードメイカー的存在。ネイルケアが趣味で、待機中はおろか孤門の指導中でもマニキュアを塗っている。なお、イライラするとマニキュアを引っかいて剥がす癖もある。
警察官時代には先輩同僚の高槻に思いを寄せていたが、秋子のために身を引いた。その直後に石堀から励まされた事がきっかけで恋愛関係になり、彼の呼び方が「いっしー」に変わる。最終回で本性を現した石堀から重傷を負わされるが、最終決戦から一年後には無事にナイトレイダーへと復帰している。
椎名高志氏のコミカライズ版付録のギャグ4コマではデュナミストに選ばれた彼女が描かれたが、本編中の男運のなさをネタにされてしまっている。

石堀光彦???(演:加藤厚成)

ザギさん


ナイトレイダーAユニットの隊員で、年齢29歳。
分析を担当し、有能ではあるが決して出しゃばることなく任務をこなす、縁の下の力持ちタイプ。ハッカーとしても水準以上の能力を持ち、TLT北米本部のコンピューターに侵入して5年前の新宿大災害の隠された真相に迫るほどの腕を見せる。孤門とは互いに冗談を言い合う兄貴分的存在だった。
詳細は本人の単独項目を参照。

なお、劇中で自作自演のような行為をしていた事から、一部のファンから某コスプレボクサーの名前をもじって石堀☆自演乙☆光彦と呼ばれている。

初期のオープニングでは「石」と表記されていたが、最終回の描写を見る限りでは「石」が正しい。

溝呂木眞也ダークメフィスト(演:俊藤光利)

ダークメフィスト


元ナイトレイダーAユニット副隊長。
ビーストへの恐怖の心がやがて飽くなき力への渇望に変わり、その心の闇をダークメフィストの力に委ねて彼と一体化する。人間の怒り、恐れ、悲しみなどの負の感情に触れることを楽しみ自らをより強く、より高く、より完璧なる者とするためにビーストを使ってデスゲームを行う。実力も相当なもので、第24話で凪以外のナイトレイダー全隊員を圧倒した他、第32話でTLTに拘束された際も素手で一般隊員をなぎ倒して脱走している。
さまざまな特殊能力と悪知恵で孤門を苦しめたが、自分の力を完全に過信していたうえに手口が陰湿過ぎたため、結果的に孤門を精神的に強くしてしまう。凪には想いを寄せており、ダークメフィストと一体化したあとも未練がましく彼女に執着していたが、これまでの経緯と所業が災いして完全に拒絶されてしまう。
第24話にネクサスに敗れて姫矢とともに消息不明になるが、第29話で記憶を失った状態で姿を現し、その身柄をTLTに拘束された。その後は松永管理官によって度重なるブレインスキャニングを受け、過去にアンノウンハンドから言われた「お前は人形、ただの道具だ」という台詞や、自分がしてきた悪行が脳裏に何度も蘇り、怯える毎日を送った。
第32話で記憶が蘇るが、それと同時に自分もまたアンノウンハンドの操り人形だったことに気づいたらしく、人間としての心を取り戻した。自分のしたことに対する償いをしようとするが、アンノウンハンドよりダークメフィスト・ツヴァイの力を授けられた三沢により致命傷を負わされる。そして、自力でダークメフィストに変身してツヴァイと戦って我が身を犠牲にツヴァイを倒したあと、償うなら人間として生きるべきだと凪に諭されるが、息を引き取った。息を引き取る直前、アンノウンハンドが凪たちのすぐ近くにいることを告げている。
漫画版ではザギとの決戦時でも幻影として現れ、孤門に「俺の過ちを正してくれ」と彼なりのエールを送っていた。

吉良沢優(演:田中伸彦)
TLT-Jの作戦参謀。イラストレーターと呼ばれる異能力者。ビーストやウルトラマンの存在を感知することもできる。彼がイラストレーターと呼ばれるのは、彼がコンタクティとしての能力に目覚めた当初、予知した未来をイラストで書き表していたことから来ている。ナイトレイダーの前に直接現れる事はなく、オペレーションルームに立体映像を投影して指令を下す。
第3のデュナミスト千樹憐とは同じプロメテの子であり、また施設の寮にいた時に1ヶ月ほど同室だった。任務のために私情は捨てており、多少の犠牲やリスクを構わない素振りを見せるが、一方でそういった作戦遂行の厳しさの中でも、非情に徹しきれない部分もある。特に憐がデュナミストになって以降は物語序盤では見せなかった私情を垣間見せるようになっていった。

松永要一郎(演:堀内正美)
TLT-Jの管理官。元内閣情報調査室所属。
部下に対しても敬語を使う(緊急時にはタメ口になる)など、一見穏やかな物腰の老紳士であるが、街一つを餌にしてビーストを誘き寄せる作戦をナイトレイダーに実行させたり、戦闘のダメージで動けなくなった姫矢准、千樹憐を拘束し、ウルトラマンの能力の秘密を調査するために人体実験を行うなど、目的のためには手段を選ばないところがある。しかし、過激な行動の陰には、妻を失った後悔からくる人類を護りたいという信念がある。
5年前の新宿大災害で妻を失い、高校生の娘・葉月と2人暮らしだが、仕事の関係で中々家に帰れない生活を送っている。それでも娘の身を案じている。

首藤沙耶(演:日高ひとみ)
メモリーポリスのリーダー。メモレイサーと呼ばれる記憶消去端末でビーストを目撃した人の記憶を消す人物。一見冷徹な人物にも見えるが、記憶を消すことが「生き残った被害者にとっての救済」になると考えており、過酷な事態に翻弄される孤門へ密かな気遣いを見せることもあった。最終回ではウルトラマンを応援する人々を見て、安堵の表情を浮かべながらメモレイサーを閉じた。

三沢広之/ダークメフィスト・ツヴァイ(演:竹内義人)
メモリーポリスの一員で、首藤の右腕だった。しかし、第32話で脱走した溝呂木を追跡中にアンノウンハンドに洗脳され、第3の闇の巨人「ダークメフィスト・ツヴァイ」とされてしまう。溝呂木の変身したダークメフィストに致命傷を負わせるも、ダークメフィストに押さえ込まれ、ジュネッスブルーのアローレイ・シュトロームによって消滅した。溝呂木とは異なり、人間の姿に戻る事はなかった。

野々宮瑞生(演:宮下ともみ)
25話から登場したメモリーポリスの一員。松永の命令で、第3のデュナミストである千樹憐をその正体を知らないまま監視することになる。当初は任務の為に憐に接近していたが、徐々に彼に恋心を抱くようになり、孤門と共に憐を見守っていく事になる。監視対象である憐に名前を知られたり、溝呂木に捕まってしまうなどドジな面が目立つが、見た目とは裏腹に格闘戦能力は高い。

水原沙羅
かつてULTRAMANで最初のデュナミストの真木舜一(=ウルトラマン・ザ・ネクスト)とともにビースト・ザ・ワンと戦った女性。TLT北米本部より監視官として登場。
実はプロメテウス・プロジェクトの責任者で、ラファエル中断という冷徹な決断をした張本人である。が、それにはスペースビーストの対策が必要であったという理由があった。また西条凪のある発言に対して5年前の自分の感情を語っている。
ULTRAMANのときもそうだが、単に厳しいというだけというだけではないようだ。
また、和倉に対し、新宿大災害の真相やメモレイサーの仕組み、ビーストの生態等を説明した後、ある理由で満足気にフォートレスフリーダムを後にする。

フォートレスフリーダム

TLT日本支部の関東第3支部基地。515名のスタッフが常駐し、関東エリアのビースト関連の事件に挑む。ダムの湖底に隠されている故に、日光が全然入らないので基地内はとっても暗い。

装備

ディバイトランチャー


3つのパーツからなる対ビースト用大型分離銃。パーツの組み合わせにより、ハンドガン型のディバイトシューター、マシンガン型のディバイトガンナー、キャノン型のディバイトランチャーに変形する。特にランチャー形態の威力は凄まじく、ペドレオン(クライン)アラクネアフログロスなど多数の小型ビーストを殲滅し、上級ビーストであるガルベロスをも怯ませる威力を見せた。強化装甲弾やナパーム弾を装填する事も可能であり、後者はバグバズンを一発で爆死させている。指紋認証システムがついているためTLT関係者にしか運用出来ない。(Episode EXで、ある一般人が孤門からディバイトシューターを取り上げて使用しようとしたが、発砲することができなかった)
また、威力が高いぶん発射反動も強く、入隊直後の孤門は標的に当てる事もままならなかった。

パルスブレイガー

ナイトレイダーの隊員たちが装備している万能コミュニケーター。
威力は低めだが連射性の高い光線銃を内蔵しており、冷凍弾や麻酔弾などの特殊弾を発射する際のグレネードランチャーとしても使用可能。冷凍弾はバグバズンを氷結させて動きを鈍らせ、麻酔弾はガルベロスに操られた大学生達を傷つけることなく鎮圧している(ただし、彼らは既に生ける屍だった為、命を救う事は出来なかった)。更に対人戦用の非殺傷武器としてスタンガンも内蔵されている。

クロムチェスター

分離合体能力を持った対スペースビースト用戦闘機。フォートレスフリーダムのダム排水口から発進し、オプチカムフラージュシステムによって光学迷彩をかけて現場に急行する、
当初はαとβのみ配備されていたが、ウルトラマンネクサス及びメタフィールドの存在が明らかになったので、新型であるγおよび合体形態であるストライクチェスター、メガキャノンチェスターが完成しした。その後にδが配備され、最強形態であるハイパーストライクチェスターが完成した。
劇中で撃墜された事が殆ど無いうえに多数のビーストを撃破した実績を持つため、ナイトレイダー最強説が囁かれる一因となっている。(全機撃墜できたのはイズマエルのみ)

クロムチェスターα

クロムチェスターを確認!


全長:9.7メートル
最高速度:マッハ2
乗員:2名
万能戦闘機。武装は機体下部の大口径レーザー砲「バニッシャーレーザーキャノン」と両翼部の「スパイダーミサイル」、スパイダーミサイルは名前の通り、蜘蛛の糸のような軌跡を描く大量のミサイルを一斉発射する。合体後は火器管制を担当する。

クロムチェスターβ

全長:8メートル
最高速度:マッハ1.5
乗員:2名

索敵能力に優れた指揮官機。主な武装は機体下部の「レーザーバルカン(実体弾も発射可能)」と両舷ローターに装備された「メガレーザー」である。
メガレーザーは砲身を伸ばして「メガキャノン」として使用もできるが、β単体では出力の関係で安定運用できないので、後述のメガキャノンチェスター登場まで制限がかかっている。

クロムチェスターγ

全長:8メートル
最高速度:マッハ5
乗員:2名

ペドレオン戦より急遽投入された新型機。新開発された「メタルジェネレーター」による大量のエネルギーを使用可能であり、合体後の動力源となっている。
武装は「アビロックミサイル」、「メタルレーザー」


ストライクチェスター

全長:15.5メートル
最高速度:マッハ5
乗員:6名

α、β、γの3機がストライクフォーメーションで合体して完成する大型戦闘機。
γのメタルジェネレーターの出力を最大にすることでメタフィールド及びダークフィールドに突入することが可能である。
武装は合体前の武装に加え(発射口の位置関係上使用できないものあり)、機体上部の砲身から発射する「ストライクバニッシャー」が最大の武器。劇中ではラフレイアを粉砕し、ゴルゴレムにも大ダメージを与えた。

メガキャノンチェスター

メガキャノンバニッシャー


全長:13メートル
最高速度:時速250キロ
乗員:6名
α、β、γの3機がメガキャノンフォーメーションで合体して完成する重戦車。この形態でも合体前より機動性はだいぶ落ちるが飛行可能である。
βのメガキャノンを安定運用する為の形態であり、3機のエネルギーをメガキャノンに集中して放つ「メガキャノンバニッシャー」は、ストライクバニッシャーを凌駕する破壊力を持ち、ノスフェルを粉砕し、ゴルゴレムにはバリアで防がれて尚かなりのダメージを与えた。メタルジェネレーターのチャージ中にはメガキャノンが使えなくなるが、アビロック、スパイダーミサイルなどの実弾火器を発射する事は可能。
この形態ではメタフィールド内での戦闘は出来ない為、通常空間でのみ運用される。

クロムチェスターδ

全長:12.5メートル
最高速度:マッハ7
乗員:2名

ゴルゴレム戦より投入された最新鋭機。γのメタルジェネレーターよりも40%出力向上した「ハイパージェネレーター」を搭載し、特定位相を割り出すスキャニングパルス、位相空間を移動するフェーズシンクロナイザーを標準装備し、単独でのメタフィールド突入が可能となっている。
武装はγより強化された「アビロックミサイル」と、4門のビーム砲「クアドロブラスター」。
合体後のクアドロブラスターはウルティメイトバニッシャー及びハイパーストライクバニッシャーの砲身となる。

この機体には孤門が搭乗する事が多いが、隊長と凪が1度ずつ乗ったこともある

ハイパーストライクチェスター

ウルティメイトバニッシャー


全長:15.5メートル
最高速度:マッハ7
乗員:6名
全クロムチェスターがハイパーストライクフォーメーションで合体する最強形態。
ストライクチェスターに加え、機体上部に合体したδのハイパージェネレーターのも加わって絶大な出力を誇る。
必殺技はクアドロブラスターの砲身から発射する「ウルティメイトバニッシャー」と「ハイパーストライクバニッシャー」。
ウルティメイトバニッシャーは、デュナミスト・姫矢准を捕獲したTLTの人体実験にて得られたデータから開発された武器。ネクサス最強の技である「オーバーレイシュトローム」と同じ光線を発射し、対象を完全消滅させることが可能。劇中ではクトゥーラを一撃で消滅させ、ダークメフィストにも大ダメージを与えた。ウルトラマンの光線と同じ組成なので、調整することでネクサスにエネルギーを補給することもできる(ただし相当な負荷かかかるらしく、撃ち込まれたネクサスは吹っ飛ばされた挙句、一度は苦しみながら倒れてしまった)。しかし、アンノウンハンドはこの兵器を脅威と考えたのか、念入りに開発データを消去してしまったので使用不可能になってしまった。
ハイパーストライクバニッシャーはウルティメイトバニッシャーに代わって使用される兵器で、威力はウルティメイトバニッシャーに到底及ばないが、メガキャノンバニッシャーを遥かに凌駕する威力であり、メガフラシを一撃で倒している。
なおM78ワールドにおける石堀隊員にそっくりな宇宙人によって改造された輸送船にもこれと似た威力の武装が装備されている。

関連タグ

EYES前作の防衛組織。
DASH次作の防衛組織。

ウルトラマンネクサス
ウルトラマンノア
ウルトラマン・ザ・ネクスト
スペースビースト
ダークザギ
防衛チーム
ソリチュラペダン星人サロメ星人:演者が共通しておりサロメ星人はダークロプスゼロからナイトレイダーやTLTに対しての痛烈な批判とも呼べる言葉を言われた。
ZECT-仮面ライダーカブトに登場。こちらも異星人のオーバーテクノロジーを利用した防衛組織であり、黒幕が防衛組織の関係者であったという点が共通している。また、演者の一部がこちらでも登場している。
防衛軍(ウルトラマンコスモス):ナイトレイダーの前身とも言える
メン・イン・ブラック:オーバーテクノロジーを利用した宇宙人の管理や目撃者の記憶操作等、やってることはさほど変わらないが現場の空気が違いすぎる組織
DEUS・・・こちらも一般人には正体を明かさない、黒幕が防衛組織にいたと言う点では、共通点がある。

pixivに投稿された作品 pixivで「ナイトレイダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20590

コメント