ピクシブ百科事典

真木舜一

まきしゅんいち

真木舜一とは、映画「ULTRAMAN」の主人公である。
目次[非表示]

――飛べる……俺は、この空を、飛べる!――

演:別所哲也

概要

宇宙からやってきた赤い発光体に触れたことでデュナミストとなった男。

航空自衛隊所属のF-15Jパイロットだったが、病弱で余命が一年もない息子の継夢に寄り添うために退官を決意する。最終階級は二等空尉。

「死んで……たまるか。俺はまだ死ぬわけにはいかないんだ!」

ラストフライトの日に、同僚の倉島剛一尉とスクランブル出撃した際、赤い発光体と衝突し墜落した。奇跡的に生還し、民間の航空会社にてセスナパイロットとして第二の人生を歩み始めた矢先に、米軍と自衛隊が連携してできた特務機関BCSTに身柄を拘束される。自身をにしたザ・ワン抹殺作戦に際してザ・ワンから攻撃を受け、ウルトラマンとして覚醒した。

「俺はもう自衛官じゃない……家族の為に戦闘機を降りた、ある意味軟弱な、その辺にゴロゴロいる人間なんだよ!その俺がなんで!なんであんな化け物と戦わなきゃならないんだ、何故だ!」

「ボクはだいじょうぶだから、おしごといって」
「ボク、がんばってびょうきなおす。そしたら、こんどこそパパがそうじゅうするひこうきにのせてね。やくそくしてくれる?」

「どんなに酷い喧嘩をした朝も、空を飛ぶ日だけは必ず笑顔で送り出してきた……ずっと、それだけは守ってきたから」
「いってらっしゃい……気を付けて」

ウルトラマンとして最初の戦いを終えた直後は、当然のことだが怪獣と戦う恐怖や自分が異形のものとなってしまった恐怖には勝てず、更にウルトラマンの力によって継夢の病状悪化を察知したことで、車両を奪ってBSCTの下から脱走する。監視任務に就いていた倉島にも助けられ、家族との再会を果たしたが、そこで病気と闘っている継夢に「おしごと」に行って、と言われたことで、一人の父親として戦うことを決意し、妻の蓉子に見送られて死地へ向かう。

新宿の地下にて、ザ・ワンと対面。人間の姿を借りたザ・ワンの卑劣な行いに怒りを爆発させ、再びウルトラマンに変身。戦いの舞台を地上へ移す。ザ・ワンが壊したビルの下敷きになりそうだった親子をジュネッスに二段変身して救うと、今度は飛行能力を開花させ、追ってきたザ・ワンと超音速で展開する苛烈で美しい空中戦を繰り広げる。

「これ以上の戦いに、真木の肉体が耐え切れない」
「俺が死んだら、君はどうなる?」
「恐らく、真木と一緒に、消滅するだろう……」
「じゃあ、この悪魔は?駄目だ……ここで墜ちるなんて、駄目だ。俺には守らなきゃならない約束がある」
「こいつを倒すこと……それが俺の、ラストミッションなんだ!」

「真木いいいいいいいいいいいいいいいいいいい!」

エネルギーの限界とザ・ワンの攻撃によって一度は墜落しかけるも、息子との約束と家族への想いによってなんとか持ち直し、駆けつけたF-15Jの飛行隊――倉島ら元同僚と連携してザ・ワンを地上に落とすと、必殺技「エボルレイ・シュトローム」を放ってザ・ワンの息の根を止めた。

「真木、私は使命を果たすため君の命を……」
「いいんだ。今やっと解ったよ。君と出会ったことは、きっと運命だった、って」
「運命?」
「俺達戦闘機乗りは、自分の乗る機体を選ぶことができない。もし乗った戦闘機が故障すれば、どんなに腕が良くても命を落とすことになる」
「でも俺達は、それを運命だと受け入れ空を飛んできた。君と出会って、俺は最高のフライトができた。だから、後悔は、ない」
「本当に、後悔は、無いか?」
「ただ、一つだけ……息子との約束が守れなかったことが……一緒に空を飛んでやれなかったことが……」

ウルトラマンと分離する際、悔いを残していることをウルトラマンが察したため、死ぬはずだった所をまたも生還し、継夢と交わした「飛行機に乗せてあげる」約束を無事果たした。





――ボクは、ひこうきにのるおとうさんがだいすきです。ボクもおとなになったら、おとうさんみたいなパイロットになって、そらをとんでみたいです。それが、ボクのゆめです――  まき つぐむ





余談

  • 真木の所属している部隊については、事故の報告の時に「第7航空団第204飛行隊」と言っているシーンがある(04年当時、第204飛行隊は現在の第9航空団ではなく第7航空団隷下だった)空自関連のシーンの撮影場所は勿論関東圏防空の要である百里基地であり、イーグルの垂直尾翼に描かれた白頭鷲のエンブレムもバッチリ映っている。
  • 真木は七歳の頃、親戚の家に遊びに行った時にたまたま空自の基地の近くで戦闘機を目撃し、パイロットとなることを決意したのだが、それを語る時に回想としてF-104J スターファイターが登場している。日の丸スターファイターがウルトラマンと同じ配色であること、マルヨンの飛行隊として創設された第204飛行隊、等々シンクロする部分が多いことまで見越してこの機体が選ばれたのだろうか。
  • 彼がその後如何にして次のデュナミストである姫矢准へと光を受け継いだのかは不明だが、『ULTRAMAN』のコミカライズ『ウルトラマンTHENEXT』の最終回にて姫矢と思われる男がウルトラマンについて報道している街頭ニュースを見ているというシーンと、これから新たな戦いが始まるという地の文が綴られていた。
  • 真木を演じた別所哲也氏と有働貴文を演じた大澄賢也氏は、いずれも静岡県出身である。


関連イラスト

パイロット



関連タグ

ULTRAMAN ウルトラマン・ザ・ネクスト ジュネッス
真木継夢 水原沙羅 倉島剛 有働貴文
航空自衛隊 戦闘機 F-15 F-104 パイロット 父親 約束

デュナミスト
???→真木舜一姫矢准

pixivに投稿された作品 pixivで「真木舜一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1693

コメント