ピクシブ百科事典

エボルトラスター

えぼるとらすたー

エボルトラスターとは、ウルトラマンネクサスの変身アイテムである。
目次[非表示]

概要

デュナミスト達がウルトラマンネクサスに変身するときに使用する短剣型のアイテム。

普段はの中に納まっており、そこから引き抜くことによってネクサスへと変身する。変身ポーズはデュナミストごとにそれぞれだが、変身後への影響などは特に確認されていない。ポーズパターンは四種類あり、それぞれ

  • 鞘を左手で持って左腰に構える→右腕で本体を前方に引き抜く→右腕を後ろから前に回して本体を空に掲げる(姫矢の変身で何度か確認される)
  • 鞘を左手で持って左腰に構える→右腕で本体を前方に引き抜く→本体を左肩に当てる→右腕を伸ばし本体を空に掲げる(姫矢、憐、孤門で共通)
  • 鞘から抜くと同時に本体を前方又は空に掲げる(姫矢、憐、橘で共通)
  • 柄を持ち、横向きにして前方で構える→鞘を左手で掴み、水平に引き抜く(凪のみ)
となっている。ゴルゴレムを撮影していた保呂草たちの危機を感知した時の姫矢、凪に「生きるために戦え」と諭された直後の憐、石堀に挑発され冷静さを失っていた凪、娘と自分の両方がが危機的状況にあった橘など「エボルトラスターを抜くモーションのみ」で変身する時はデュナミストの心の余裕がなくなっているという見方ができる。

デュナミスト以外の人間がエボルトラスターを引き抜くことは出来ない。『ウルトラマンX第20話の脚本段階ではそのことに関する描写があったらしいが諸事情によりお蔵入りとなった。一応、エンディングでファントン星人グルマン博士がエボルトラスターを掲げる没カットが存在する。

鞘に納めた状態でもスペースビーストが発するビースト振動波をキャッチしてビーストの居場所を突き止めたり、ビーストの攻撃をも防ぐバリアを発生させ、危機に陥ったデュナミストを安全な場所へとワープさせるなど多彩な機能を持っている。

これとは対照的に、ダークメフィストに変身する力を授かった人間用にダークエボルバーというアイテムがある。前述の変身ポーズの四番目のパターンはこのダークエボルバーで変身する時のポーズと酷似しており、凪が闇に飲まれかけていたことを示唆する描写となっている。

余談

  • デザインモチーフは日本刀。古来より刀剣類は神事に使われることも多く、それをモチーフにすることでネクサスの神秘性はより強くなったといえる。
  • 阿部雄一監督によると、『X』第20話でエボルトラスターが出現するシーンでは、『ネクサス』のキーワードとも言える「あきらめるな」という言葉を加工した音声が使われていたとのこと。


関連項目

ウルトラマンネクサス 変身アイテム
デュナミスト ブラストショット 姫矢准 千樹憐 西条凪 孤門一輝 橘さゆり
ダークエボルバー

pixivに投稿された作品 pixivで「エボルトラスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6648

コメント