ピクシブ百科事典

デュナミスト

ひかりをつぐえいゆうたち

『ウルトラマンネクサス』におけるウルトラマンの変身者となった者の名称。
目次[非表示]

概要

ウルトラマンネクサス』において、ネクサス(およびザ・ネクスト)の光に選ばれた人間の名称。
絆を力とするネクサス故なのか、デュナミスト自体も何人も交代しており、設定上は前のデュナミストが選んだ存在が次の継承者候補に影響する(ただし、姫矢准や橘さゆりのように、先代のデュナミストとの繋がりが明確になっていない人物も存在する)。

ビースト・ザ・ワンとの戦い以降、デュナミストを選び出すために、ネクサスは地球上の全人類を対象に謎の遺跡の夢を見せるようになった(この遺跡はストーンフリューゲルと形状が似ている。また、映画『ULTRAMAN』のDVDに付属していた小説「N THE OTHER」の挿絵には、来訪者の故郷である星にこの遺跡とよく似た形の建造物が複数建っている様子が描かれているが、関連性は不明)。普通の人間は遺跡に近づかないか、近づいても中に入る前に引き返してしまうのだが、遺跡の内部に進入し、安置されているストーンフリューゲルに触ることができれば、ネクサスにより一体化することを認められ、デュナミストへと選ばれるのである。
言い換えれば、デュナミストになる資格は人種や老若男女を問わず誰しもが持っているということである。実際、後にダークメフィストに変身することになる溝呂木眞也も西条凪に対し、「遺跡が出てくる夢を見た」と語るシーンがあった。

デュナミストが移り変わってく度に、ネクサスは本来の姿であるウルトラマンノアの力を取り戻していくので、前任者の時にはない新たな能力や武器を獲得していく(ただし一度力を失うとリセットされるようで、ウルトラマンXの世界に現れた際には姫矢のジュネッスと完全に同等の能力であった)。
その反面、変身した時に受けたダメージや、メタフィールド展開による疲労は、デュナミストの体にに蓄積されていく為に肉体がボロボロに成りかねないという危険もある(一応、ストーンフリューゲルで傷を癒すことはできるが、体力を完全に回復できるわけではない)。
作中では自分の生き方に迷いや絶望を抱いていたデュナミストが自分の生き方に希望を見出し、生きることを決意した直後にデュナミストから分離している。
そのため、デュナミストが「希望」や「生きようとする力」を抱くことでその光の力を受け取ることを繰り返しながら徐々に本来の力を取り戻していったのではないかと思われる。

歴代デュナミストとその変身後の姿

ネクサス世界の地球

1代目(ザ・ネクスト)  :真木舜一(まき しゅんいち)

ウルトラマン・ザ・ネクスト
無題


唯一ネクサスには変身していないからか、児童書などではいきなり姫矢が2番手扱いで紹介されることも多い。

2代目(初代ネクサス ジュネッス)  :姫矢准(ひめや じゅん)

ウルトラマンネクサス
ウルトラマンNexus



3代目(2代目ネクサス ジュネッスブルー) :千樹憐(せんじゅ れん)

まだ甘くはない
ウルトラマンネクサス



4代目(3代目ネクサス 非公式形態ではあるがジュネッスルージュ、ネクサス本編ではアンファンスのみ) :西条凪(さいじょう なぎ)

凪は俺の嫁(しつこい)
ウルトラマンネクサス アンファンス



5代目(4代目ネクサス ジュネッスジュネッスブルー(ただしジュネッス、ジュネッスブルーはコアファイナルによる特例)及びウルトラマンノア) :孤門一輝(こもん かずき)

去年出した本の表紙
絆-ネクサス-



ウルトラマンXの世界

?代目(時系列や経緯は不明)(?代目ネクサス ジュネッス(厳密には姫矢のジュネッスとは少し違うとのこと)) :橘さゆり(たちばな さゆり)

ウルトラマンX 第20話「絆 ‐Unite(ユナイト)‐」
ネクサス!




余談

  • 漫画版ネクサスを描いた椎名高志は、詩織が変身するという設定の花柄のジュネッスを単行本のおまけページに描いており、色々ぶっ飛んでいる展開が起きる。ファンなら必見ではあるが、どうしてこうなった

pixivに投稿された作品 pixivで「デュナミスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13374

コメント