ピクシブ百科事典

来訪者

らいほうしゃ

来訪者とは本来は『遠方から訪ねて来た者』、『来客』を指す言葉だが、ここではウルトラマンネクサスに登場する来訪者について解説する。
  • 身長、体重:不明
  • 出身:M80さそり座球状星団

概要

ウルトラマンネクサスの本編開始前から20年前、M80さそり座球状星団から地球へと飛来(避難)して来た異星人

劇中ではクラゲのような不定形生命体の姿をしているが、設定によれば、かつては地球人と同じような姿をしており、地球よりも遥かに進んだ科学力を誇る文明を持っていたが、ある日、突如として降りかかったスペースビーストによる災厄に襲われた際、謎の光の巨人=ウルトラマンノアの活躍によりビーストたちは撲滅された事により救われる。

しかしそれと同時にノアは力を使い果たし永き眠りに就き、先のビーストの脅威からのトラウマからビーストたちに対する恐怖を拭い去れない彼らはその卓越した科学力によりノアの力を分析、彼を模した対ビースト用最終兵器『ウルティノイド・ザギ』(後のダークザギ)を制作し、後の悲劇の切っ掛けを生み出してしまう事となる。

詳しい経緯はダークザギの項目にあるので割愛するが、自身がノアの模造品と知り、自身がノアを超える存在になろうという野望と歪んだ自我に目覚め、暴走を始めたザギの脅威に耐えかねた彼らは、ザギとビーストたちを自分たちの母星ごと爆破させて消滅させることを決断し、母星を爆発しスペースビーストやザギを葬り去り(実際に殺し切れていなかったが…)、そして自らも肉体を情報化して宇宙へと脱出し地球へと辿り着いたのであった。

地球へと辿りついたころには、自分たちの姿をほとんど保てないほどに疲弊しており、一種の精神生命体のような姿だったとされ、現在では上記にある通り、クラゲの姿を採っている。

その為なのか、地球人とコンタクトを取る際はテレパシーを使い意思疎通をはかる。

また、殆どかつてほど力を保持していないとはいえ、ビーストの人口密集地への侵攻を阻むポテンシャルバリアーを張ったり、僅かながら超能力(未来予知など)を行使することができるようだが、段々とその力も弱まり、最終回ではザギの力が増大したこともあってか最早ポテンシャルバリアーの維持すら出来なくなってしまった…。

ちなみにTLTに使われているオーバーテクノロジーは彼らから齎された技術である。

関連タグ

全てはここから始まった ウルトラマンネクサス ナイトレイダー ダークザギ 宇宙人

pixivに投稿された作品 pixivで「来訪者」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2436

コメント