ピクシブ百科事典

アンファンス

あんふぁんす

ウルトラマンネクサス及びウルトラマン・ザ・ネクストの形態の1つ。ここでは主にネクサスのものについて解説。
目次[非表示]

転んでもいいよ また立ち上がればいい

概要

設定はネクサスザ・ネクストで異なるが、メインカラーが銀色で、変身直後に取る第一形態という点は共通している。また、ウルトラマンの特徴であるカラータイマーは有さず、代わりにY字型のエナジーコアがカラータイマーの役目を果たす。

また、アンファンスでエナジーコアが点灯することは、制限時間ではなくデュナミスト(変身者)自身に死の危険が迫っていることを意味している。

ザ・ネクストのアンファンス

詳細はこちらを参照。

ネクサスのアンファンス

光の帯


  • 身長:49メートル
  • 体重:4万トン
  • 飛行速度:マッハ3
ネクサスの基本形態で、その姿は各デュナミスト共通。ただ、必殺技のほとんどが威力不足であり、基本的には登場してすぐ(遅くてもある程度戦ってから)ジュネッスに変身するのがお約束。一応最後までアンファンスのまま戦った事もあるが、そのほとんどで相手を取り逃がしているのでジュネッスに変身しないのは敗北フラグともとれる(相手を撤退に追い込む事はあるので必ずしもそうとは言えないが)。なお、アンファンスのまま撃破したのはepisode1のペドレオン(クライン)のみ。客演を含めると、絆-Unite-でのバグバズンブルードも該当する(その後交戦したベムラーもアンファンスで倒した可能性が高い)。
ただしウルフェスライブステージではエナジーコアが点滅していたとはいえノアを苦戦させたゴーデス相手に優勢、運命の衝突ではアブソリュートティターンを翻弄したため、必ずしも下位互換というわけではない様子。後述のコアファイナルなど僅かだがこの形態限定の能力もある。

主な技

アンファンスの技はジュネッスやジュネッスブルーでも使用可能で、メタフィールド内では威力が上昇する。

クロスレイ・シュトローム
スペシウム光線と同じく腕を十字に構えて放つ必殺光線。発射前に抜刀のようなポーズを行うのが特徴。
ジュネッスの必殺光線がリスクの大きいものばかりだからか多用された技だが、この技が決まり手になった事は一度もない(一応ノスフェルを倒した事はあるが復活されているのでノーカウント)。
平成ウルトラマンたちの能力を授けられた、ウルトラマンギンガビクトリーも設定上は使用可能。

パーティクル・フェザー
光粒子エネルギーの刃を敵に向かって放つ。主に牽制に用いられる。
『絆-Unite-』でもジュネッスが2発使用していたが、2発目はザ・ネクストのラムダ・スラッシャーを彷彿とさせる構えをとった。
『運命の衝突』ではアブソリュートティターンの攻撃から回避しつつも放ってみせた。

サークルシールド
水面に生まれる波紋のような、青色に輝く円形状のバリアを作り出す。

セービングビュート
腕から伸ばす光の帯。敵をからめとったり、人を助ける際に使う。

マッハムーブ
体を光らせた後、高速移動する技。

オーラミラージュ
全身から発する光で敵の動きを止める技。

スピニングクラッシュキック
右足を光らせて回転し炎の竜巻を発生させながら放つ急降下キック。

コアファイナル
エナジーコアが光輝き、秘められた力を解放する。この技のみアンファンス限定の能力とされる、自らを取り込もうとした暗黒の蔦を弾き飛ばしたり、バンピーラの糸を焼き切ったり、忘却の海・レーテに蓄積された闇を吹き飛ばしたりした。
ダークザギとの最終決戦では、姫矢や憐の応援に呼応するかのように孤門の変身したネクサスを本来変身不可能なジュネッス、ジュネッスブルーに変化させ、最終的に人々の声援を受けウルトラマンノアへの究極最終変身を遂げさせた。

余談

名前の由来はフランス語で「幼年期」「幼少期」を意味する「enfance」。また、デザイン画では「幼体」という名称もあった。

関連タグ

ウルトラマンネクサス ネクサス(ウルトラマン) ウルトラマン・ザ・ネクスト
ジュネッス ジュネッスブルー ウルトラマンノア

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アンファンス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アンファンス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 146562

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました