ピクシブ百科事典

ペロリンガ星人

ぺろりんがせいじん

ペロリンガ星人とは、『ウルトラセブン』に登場する宇宙人。
目次[非表示]

データだ!宇宙人だ!

サイケ宇宙人 ペロリンガ星人


  • 別名:サイケ宇宙人
  • 身長:1.8メートル
  • 体重:80キログラム
  • 初出:第45話「円盤が来た」
  • 出身地:ペガッサ星雲第68番惑星ペロリンガ星

人間態:高野浩幸
スーツアクター:鈴木邦夫
CV:浦野光(声に加工あり、ナレーションを兼任)

概要だ!宇宙人だ!

寓話を真似た宇宙人~ウルトラセブン第45話「円盤が来た」より~


大円盤群を率い、地球侵略を狙った宇宙人。円盤を強力な磁気と不透視バリアーで星にカモフラージュし、各地の天文台や観測所から身を隠して地球に接近。アマチュア観測者たちには円盤を観測されるが、彼らはアマチュアであるが故に通報しても信用されなかった。そして、ペロリンガ星人の内の一体が子供の姿をとり、自分達を観測したアマチュア観測者の一人で、星を発見するのが夢な青年・フクシン三郎に近づき、信頼を得た後にその正体を現す。フクシン青年は当然通報するも、日頃から現実逃避気味だった彼は誰にも信じてもらえない。ペロリンガ星人はその事で落ち込む彼に、他の観測者たちを自星に連れて行った事実を明かし、言葉巧みに自星に連れ去ろうとする。しかし、3度目の通報時にうっかり声を出してしまったことから怪しまれ、遂にウルトラ警備隊が出動。ペロリンガ星人はウルトラセブンとの戦闘に敗れ(倒されたのかどうかは明確になっていない)、残りの円盤群も全滅させられた。

通報者のフクシン青年は一転して周囲から称賛されるが、どこか居場所がなさそうな顔をする。そして、工場地帯、ゴミ捨て場、鉄屑、始業のサイレンなど彼の「日常」を構成するものが一通り映った後、いつも通り遅刻気味に職場の工場へと向かう彼の姿が映されて話は終わる。

再登場だ!宇宙人だ!

ウルトラ怪獣散歩

メフィラス星人ケットル星人とともに川越大宮鉄道博物館を観光した。

ウルトラマンタイガ

「やあ、君か」
「長イコト、待タセテシマッタネ」
「そうだねえ。随分と、待ったよ」
「サア帰ロウ。綺麗ナ星ノ世界ヘ」
「……星の世界かぁ……」
「ドウシタンダイ?」
「……やっぱり、やめとくよ」
「エエッ?」
「友達、と言えるかわからないけど、蕎麦を食べに行く約束をしたんだ」
「本当ニ、イイノカイ?」
「うん。もう少し、この星で暮らしてみるよ……ああ、懐かしい円盤が来たね!」
「サヨウナラ」
「さようなら」

サイケ宇宙人 ペロリンガ星人 (星に帰りたい男)


約半世紀を経て、実に51年ぶりに『ウルトラマンタイガ』第6話「円盤が来ない」に登場。
本作では「星に帰りたい男」として登場。かつて『セブン』本編に登場したペロリンガ星人と同一人物であることが示唆されている(曰く「次元を超えてやって来た宇宙人」)。

本人曰く、かつて地球人の友人とともに地球を去ろうとしていたが(それがフクシン青年かは不明)、結局友人の踏ん切りがつかずに彼自身も地球に取り残されてしまい、それから約50年間も人間社会に潜伏して同胞の迎えを待ち望んでいた。
ある日、同胞の乗る円盤を探していたところ、円盤から地球に降り立ったガピヤ星人アベルを見て迎えが来たと勘違いして喜んでいたが、彼の事情を聞いたアベルの方は目撃者であるとして彼の抹殺を図るも、そこへ佐々木カナが現れ救出される。
カナに匿われる中彼女と心を通わせる内に星に帰りたいという心境に変化が生じ始め、アベルが倒された後に迎えに来た同胞に対し、「もう少しこの星で暮らしてみるよ」と地球で暮らすことを決心した旨を伝え、迎えの円盤を見送った。

そしてかつての友人の様に自転車に乗り、何処かへと向かう彼の姿が映し出されて、この話は幕を閉じる。

人間態を演じたのは『セブン』本編でペロリンガ星人の人間態を演じた高野浩幸氏であり、ウルトラシリーズに出演するのは『ウルトラマンティガ』のキリエル人を最終回で演じて以来約22年ぶりである。ちなみに第6話が放送された8年前には奇しくも『ウルトラマン列伝』で『ティガ』第3話が放送されており、キリエル人が初登場した回でもあった。
彼自身はペロリンガ星人の姿になることはなかったが同胞のペロリンガ星人は『セブン』同様に声を高く加工されており、スーツはアトラクション用ではなく新造されたもの。また、動きも『セブン』本編で登場したものを意識している。
なおこの話で登場したガピヤ星人はペロリンガ星人をイメージしたデザインであり、(本来の姿で)同時に映るシーンこそなかったがデザイン元との共演が実現した事になる。

余談だ!宇宙人だ!

監督はジャミラメトロン星人の回などを担当した実相寺昭雄で、この作品にもある種の皮肉や問題提起がある。物語のラストシーンは、フクシン青年にとって日常に戻れたグッドエンドとも言えるし、居場所の無い星から離れる機会を失ってしまったバッドエンドとも取れる。

ちなみに同監督は、メトロン星人の回でちゃぶ台をだして上からしこたま怒られたのにも関わらず、懲りずに小さな商店街を舞台にしている(当時『ウルトラセブン』は海外輸出を視野に入れていたため、日本人にしか伝わらないものはNGだった)。

同監督はこの回に思い入れがあったようで、自著にリメイクしたいと記述しており、デザインは前衛彫刻のようなシュールなものか、とても醜い姿にしたいという希望を述べていた。

ペロリンガ星人に使われたスーツは元々は「水棲人ピニヤ」として作成されたもので、「湖底の叫び声」というタイトルで脚本も完成されていた。しかし、当時は視聴率などの関係で予算がなく、ストーリーで必要な水中撮影が金と手間の関係でNGとなってしまい、話自体がお蔵入りしてしまった。それを派手にペイントして流用したのがペロリンガ星人である。

デザインは後に同監督と映像集団コダイを設立した池谷仙克。慢性的な予算不足に対応するために着ぐるみの流用ばかりか、大挙して現れる円盤も日用品を流用(書籍によってはクリスタルガラスの灰皿とされるが、照明用の樹脂カバーである)した。後日それを知った同監督は怒ったといわれる。

同監督は自身をモデルにした小説で、予算不足から紙皿にアルミホイルを巻いた円盤を演出する美術スタッフを登場させている。

戦闘シーンは非常にサイケデリックであり、何が起きているか分かり辛くただ取っ組み合っているだけようにも見えるためストーリーも相まって当時はあまり人気がなかったが、現在ではファン評価の高い作品となっている。

フクシン青年がその後どうなったかは語られていないが、ウルトラマンメビウスの小説版『アンデレスホリゾント』では地球に侵入したサーペント星人の円盤を偶然発見し、GUYSに通報した人物がフクシン青年その人であったと語られている。
またフクシン役の冷泉公裕はウルトラマンネオスにおいてヒノ隊員の父親役として出演。セブン本編にも出てきたそば屋が登場したほか、「昔は星を見るのが好きな変わった人だった」と言われている。

『セブン』本編のスーツはチビラくんワルサー星人に改造された。


関連イラストだ!宇宙人だ!

狼と少年
円盤が来た(切り絵版)



関連タグだ!宇宙人だ!

ウルトラセブン ウルトラ怪獣
メトロン星人 - 同じく初登場回を実相寺監督が手掛け、その続編のサブタイトルが否定形に変わった宇宙人。

関連記事

親記事

ウルトラセブン うるとらせぶん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ペロリンガ星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16733

コメント