ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

兄貴に似せて作らせたこの特注のボディにかかれば、どんな奴でもイチコロよ」

「目撃者は消す! これ、ヒットマンの鉄則ね」

「悪いけどネチっこく追い込むように頼まれてるから、恨まないでよねっ!」


データ

宇宙ヒットマン ガピヤ星人アベル

別名宇宙ヒットマン
身長190cm〜50m
体重190kg〜3万t
CV真木駿一

概要

第6話「円盤が来ない」に登場。


かつてウルトラマンオーブと戦ったガピヤ星人サデスの弟。時空を股にかけて活動する殺し屋で、霧崎ウルトラマントレギアに雇われ、ウルトラマンタイガを抹殺すべく地球にやって来た。


姿は体色が青い所以外は兄であるサデスに似ている。外見を見る限り兄サデス同様に機械化しているがこれは兄に憧れてであり、憧れ故にわざわざ特注で似せたボディを作らせたらしい

機械化の影響か、手にか何かが付着しているらしく、長々と握手されたトレギアが不快感を露にハンカチで手を拭いていた(頑固だったらしく、なかなか取れていなかった様子)。

尚、サイボーグのようで生身の部分も残しているのか、一応毒攻撃は効いていた。


普段はオネエ口調で喋り「あらやだ」が口癖になっているが、激昂すると口調が荒くなる。

兄同様ハイテンションでコミカルな言動が多いが、ターゲットが兄を葬ったウルトラの一族と知りながら、兄を倒した戦士の同胞であるウルトラマンフーマを見ても特に意に介さない無関心ぶりを見せており(気付かなかっただけかもしれないが)、やはり兄同様のバトルジャンキーな一面が見て取れる。

その一方で「目撃者は全て排除する」と殺し屋としての冷酷さも持ち、自身を雇った霧崎が本当の姿ではないのを(霧崎曰く「見透かされたのは初めて」)見抜くなど、洞察力にも優れている。


武器は腕に装備したレールガンと、サデスのサデステインの同型と思われる長剣。また、兄と同様のパンチ技『ファンタスティック・アベルフィクション』も持つ。だが、兄のパンチが(不意打ちであるが)サンダーブレスターを打ち倒した必殺技だったのに対して、こちらはウルトラマンタイタスが相手だったとはいえ一方的に打ち負けており、兄に比べて威力は大きく劣っている。


劇中での活躍

円盤で地球に降り立った際、それを「自分の迎え」だと勘違いした男に目撃された為に口封じに抹殺しようとしたが、たまたま居合わせた佐々木カナの邪魔で失敗した為、予め霧崎に許可を取った上で彼をつけ狙う。

その最中E.G.I.S.と戦闘になり、逆上して巨大化。


タイガが現れると「ターゲットの方から来てくれた」と歓喜し戦闘に突入。タイガと銃撃戦じみた戦いを繰り広げ、隙を作る為に壊れたビルを投げつけるなどのラフプレーも取ったが、バトンタッチしたタイタスには銃弾が通じず圧倒され(「鍛え方がなってない」と叱責された程)、ファンタスティック・アベルフィクションとワイズマンフィストの殴りあいに負けて、大きく吹っ飛ばされてしまう。

ちょうど着地地点にいたカナ達を「顔を見られたせいでケチが付いた」と苦し紛れに銃撃しようとしたが、それもバトンタッチしたフーマに阻まれてしまう。

フーマとの接近戦では長剣でフーマを貫いた……かに思われたがそのフーマは残像であり、その隙に背後を取られ長剣を奪われた挙句、切りつけられ大ダメージを負う。


最後は鋭星光波手裏剣によって縦に真っ二つにされ、「あらやだ……こんなやられ方、兄貴に面目が……」と呟きながら爆死した。奇しくも兄を倒した戦士の同胞により、その戦士の片割れの力で兄と全く同じ最期を迎えるに至った。


戦闘力

言わば若手エリート集団であるトライスクワッドを相手にしていたので無理もないが、巨大化して以降の戦闘シーンを見る限り「弱くはないが強くもない」イメージが残る。

ボディは外見を重視し過ぎたからか、機械化した部位の性能はサデスより幾等か劣っているようで、タイガには銃撃で上手く立ち回ったものの、タイタスとの戦闘では逆にほぼ防戦一方、3人中最もパワーが弱いはずのフーマにすら蹴りでガードを崩されたり、腕を極められたりと力負けしてる部分が見られ、終始振り回されていた(そもそも、サデスの肉体はダークリングでパワーアップしたムルナウの能力によって生まれたものであり、通常の技術ではその性能に追い付けないのも致し方ない)。


また、単純に実力とサイボーグとしての性能がサデスより劣っていた以外にも、アベルの身の上を逆説的に考えると「ヒットマンとして有能過ぎた」のが原因かも知れない。

ヒットマンは突き詰めれば暗殺者であり、本分が「クライアントの指示を受け、ターゲットを確実に殺害する」である以上、直接的な戦闘力よりも如何にターゲットに悟られずに殺せるかが重要である。

他の要因として「慢心の強い自惚れ屋」な性格もあるだろう。前述の通り、サデスに似せたボディを自慢している様子から、謙虚とは程遠いのは一目瞭然である。

アベルはヒットマンとして実績を積み重ねた結果、確かに裏社会で悪名を轟かせていたが、そのせいで増長し自分の実力を見誤り上述の末路を迎えたのかもしれない。


メタ的にも、テレビで1話限りの登場だったアベルを、劇場版で全編に渡って登場したサデスより濃く描くのは難しいので、必然的にスペックが抑えられている点は否めない。

但し、キャラクター性の濃さの意味では、サデスと全く違うベクトルで強烈な個性を発揮していたと評価できるだろう。


余談

  • スーツはサデスのリペイントと思われる。
  • アベルが乗っていた円盤は『ウルトラマンメビウス』第42話でゾフィーに撃墜された円盤群の流用。
  • ガピヤ星人の体の渦巻き模様は、『ウルトラセブン』に登場したペロリンガ星人をイメージしている縁からか、ペロリンガ星人との共演が実現している。
  • ガピヤ星人はペロリンガ星人の前身だった「水棲人ピニヤ」を基にしていた経緯から、ペロリンガ星人を中心とした第6話の対戦相手に選ばれた。また、脚本を担当した足木淳一郎は当初『正統派の宇宙人』と想定していたが、監督の田口清隆から「サデスに負けないインパクト」を要望され、キャラクター性を改めた。
  • あまり触れられていないが、彼の兄がムルナウの用心棒(とオーブへのリベンジ)として地球に来訪した点を踏まえると、直接的と間接的の差はあれど、兄弟2人ともトレギアと何かしらの関わりがあった扱いとなる。
  • アベルを演じた声優の真木駿一氏は、偶然にも映画『ULTRAMAN』の主人公と名前が一字違いである。また、真木氏は次々回作『ウルトラマントリガー』ではダーゴンの声を演じており、『トリガー』の次回作『ウルトラマンデッカー』のダイジェストPVのナレーションを担当している。ちなみにダーゴンのスーツアクターを演じたのは、タイタスのスーツアクターを演じた桑原義樹氏である。
  • 田口氏は「巨大銃撃戦は以前から温めていたアイディアだった」と述べており、着地のシーンは『SSSS.GRIDMAN』でのグリッドマンの着地シーンを意識している。

関連タグ

ウルトラマンタイガ タイガ怪獣 ウルトラマンタイガ

ガピヤ星人サデス


殺し屋超獣バラバノースサタンウルトラシリーズにおける殺し屋達。

関連記事

親記事

ガピヤ星人サデス がぴやせいじんさです

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15604

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました