ピクシブ百科事典

上原正三

うえはらしょうぞう

上原正三とは、日本の脚本家である。
目次[非表示]

概要

1937年2月6日沖縄県に生まれる。
中央大学卒業後に円谷プロに在籍。ウルトラQで脚本家デビュー。
以降60~80年代の数多くのアニメ特撮といった子供向け番組の脚本に関わることとなる。また脚本以外にも企画や主題歌、挿入歌の作詞を行う事もある。

大きな特徴として、主人公が対決する怪獣宇宙人改造人間等を配置する傾向が強い。これは子供が見る番組において人間同士の戦いの構図を避けるために行った事であった。だが重いテーマを扱いながらも希望を残して終わるといったエピソードが多い反面、主人公が助けようとした人間や改心した悪役が救われずに犠牲となるというダークなストーリーを執筆することも多い。

その他の特徴として「戦闘」を「戦斗」と表記したり、「勇者」にゆうじゃというルビを振ったり時折シリアスな笑い的な作戦を立てる敵組織が登場する。滅ぼされた文明や種族の末裔や生き残りが敵味方に登場する等様々。

木原光、泉崎敬太という名義で執筆することもある。

主な執筆作品

特撮

ウルトラQ(1966年)
ウルトラマン(1966年)
快獣ブースカ(1966年)
ウルトラセブン(1967年)
怪奇大作戦(1968年)
帰ってきたウルトラマン(1971年)
シルバー仮面(1971年)
ウルトラマンA(1972年)
サンダーマスク(1972年)
ウルトラマンタロウ(1973年)
ロボット刑事(1973年)
イナズマン(1973年)
スーパーロボットレッドバロン(1973年)
鉄人タイガーセブン(1973年)
流星人間ゾーン(1973年)
イナズマンF(1974年)
がんばれ!!ロボコン(1974年~77年)
スーパーロボットマッハバロン(1974年)
電人ザボーガー(1974年)
秘密戦隊ゴレンジャー(1975年)
宇宙鉄人キョーダイン(1976年)
ジャッカー電撃隊(1977年)
大鉄人17(1977年)
小さなスーパーマンガンバロン(1977年)
スパイダーマン(1978年)
バトルフィーバーJ(1979年)
電子戦隊デンジマン(1980年)
太陽戦隊サンバルカン(1981年)
宇宙刑事ギャバン(1982年)
宇宙刑事シャリバン(1983年)
宇宙刑事シャイダー(1984年)
星雲仮面マシンマン(1984年)
巨獣特捜ジャスピオン(1985年)
時空戦士スピルバン(1986年)
超人機メタルダー(1987年)
仮面ライダーBLACK(1987年)
仮面ライダーJ(1994年)
ブルースワット(1994年)
超力戦隊オーレンジャー(1995年)
ウルトラマンティガ(1996年)
ウルトラマンダイナ(1997年)
ウルトラQ_darkfantasy(2004年)
ウルトラマンマックス(2005年)

アニメ

ゲッターロボ(1974年)
ゲッターロボG(1975年)
UFOロボグレンダイザー(1975年)
大空魔竜ガイキング(1976年)
宇宙海賊キャプテンハーロック(1978年)(メインライター)
光速電神アルベガス(1983年)
ビデオ戦士レザリオン(1984年)
北斗の拳(1984年)

関連タグ

脚本家 ウルトラシリーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「上原正三」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1882

コメント