ピクシブ百科事典

ノンマルト

のんまると

ノンマルトとは、ウルトラセブン第42話に登場する自称地球の先住民である。
目次[非表示]

概要

ウルトラセブン第42話「ノンマルトの使者」に登場、

ウルトラセブンでは珍しい地球出身の知的生命体である。ガイロスという蛸のような怪獣を操る。人類に海底に追いやられそこで暮らしていたらしいが、本来の地球の住民は自分達であり、人間達は侵略者であると主張していた。
作中で人類による海底開発が行われると、また住処を失ったとして、モロボシ・ダンの前に謎の少年を通じて現れて自分達の考えを主張する(劇中でノンマルトがしゃべるシーンはない)。

しかし彼らは、既に海底開発センターの職員らに攻撃を仕掛け、命を奪っていた。
ウルトラセブンとウルトラ警備隊は人類を守るため、ノンマルトと、そして彼らの操る怪獣ガイロスと戦うのだった。

結局、セブンやウルトラ警備隊の奮戦によりガイロスは倒され、ノンマルトも海底都市を破壊されて壊滅状態に陥った。
しかし、その一方でノンマルトの主張を覆すような具体的な根拠は見つかる事もなく、またそれを見つけ出すのは、今の人類には最早限りなく不可能に近かった。
ただ、セブンの故郷M78星雲においては、地球人を「ノンマルト」と呼んでいたため、過去にM78星雲の人々とも何らかの接点があった可能性が辛うじて暗示できる。これだけが、対宇宙的にノンマルトが先住民であったかもしれない事を匂わせる唯一の事柄であるが、それとても完全な確証にまでは至っていない。(もしかしたら、ノンマルトから見た現生人類がM78星雲人に『ノンマルト』と呼ばれており、ガイロスを仕向けて来たノンマルトこそが『ノンマルト』の名を騙る侵略者の可能性だって考えられるからである。)

ノンマルトが本当に地球の先住民だったのか、真に侵略者であったのはどちらだったのか。
大きな謎を残したままエピソードは終了する。

平成セブン

演:渡辺典子

ウルトラセブン1999最終章6部作の最終エピソード「わたしは地球人」に人間の女性の姿で登場(本来の姿では登場しない)。基本的に本編のエピソードから地続きの物語であった。
しかし今作で、人類がノンマルトを攻撃し侵略した存在であるという事実を人間側が既に確認しており、なおかつこれを隠匿していたことが判明する。
つまり、平成セブンの世界においては、ノンマルトの主張は真実であり、人類は本当に侵略者だったのである(この展開は、現在でも賛否両論に分かれている)。

ノンマルトはこの証拠が収められたオメガファイルの公開を求め、守護神獣ザバンギを出現させた(これは実際には、地球人を絶滅させて、宇宙に散り散りに逃げていったかつての同胞達を受け入れるためであった)。

だが、最早地球人を愛してしまっていたセブンは、地球人が侵略者であったことを知ってもなお、地球人に力を貸そうとした。
これの前にノンマルトは敗北し自らもまた宇宙へと消えるが、セブンの一連の行動を認める宇宙文明は一切なく、故郷ですらも彼を侵略者に加担した大罪人と見なした。
結果として彼は、馬の首暗黒星雲に監禁されることになってしまったが、地球人はオメガファイルの公開によって反省の意志を示した事で救われ、宇宙との不可侵条約が結ばれる事になった。

実はEVOLUTION5部作に登場するアカシックレコードの記述、そして前述の最終章のノンマルトの一部の言動から本当に彼らが地球の先住民かどうかは怪しいと推測するファンもいる。ノンマルトに化けた別の侵略者だという説も。
(アカシックレコードに記録されているのは、あくまで地球で誕生した動物や植物などの種の繁栄と滅亡までしか記録されていないため、ノンマルトと現人類がとって代わられることはアカシックレコードに記されていない。『地球人類』というポジションに現人類とノンマルトのどちらが収まっているかは、アカシックレコードから見たら問題じゃないのかもしれないので、そう考えるとノンマルトの主張が正しくてもおかしくない)

小説版『ウルトラセブン Episode:0』でも登場。こちらでは若いころのアンヌの姿と記憶をコピーしている。(ダンもビデオ版と違って若いころの姿のまま登場した)
セブン=ダンが自分の前から去って行ったあとのアンヌの心と、現人類に地球を奪われた憎しみが混ざってしまったことで、ダンに対する愛憎を抱き、ザバンギに自分もろともセブンを焼き尽くすように命令、ザバンギの攻撃で自ら命を絶ってしまう。
また、現人類がかつてどこの星の知的生命体で、なぜ地球侵略に踏み切ったのか、その理由はこちらでも明かされることはなかった。
(何かしら重大な理由で侵略せざるを得なかったのか、それとも従来の侵略星人のように悪意を持って侵略しに来ていたのか、結局明かされていない)


その他

ウルトラマンM730 ウルトラマンランド

テレビ東京で放送された人形劇『ウルトラマンM730 ウルトラマンランド』では歌手のノンマサトとして登場。
海の怪獣で構成されたバンド『ザ・シーモンズ』のボーカル。アフロのカツラに眼鏡という、どこかで見たような格好が特徴。

ウルトラ忍法帖輝

タクワン超人コンテストの司会進行を担当した。

ウルトラ怪獣散歩

第31話、第32話にてにせウルトラマンと共にゲスト出演し、メフィラス星人と一緒に沖縄に訪れた。
北谷町町長の野国昌春氏より特製の島ぞうりをプレゼントされたのだが、あろうことかぞうりにノンマルト星人と書かれてしまっていたので大声で抗議した。(ノンマルトも他の宇宙人から見たら異星人(地球人)であるのである意味間違ってはいない…のかも。というか何気にノンマルトが実は異星人であるという疑惑が高まったような気もしなくはない。)
一同のツッコミ役ではあるが、立ち寄った場所で「元祖」や「本家」という言葉を見るや「元々何処かに元祖があって、後から乗っ取ったんじゃないか」と突っかかってくる非常に面倒な性格。
スーツがダイバースーツに近いためか、ホテルのプールで泳ぐこともできた。

ウルトラ警備隊モンスターアタック

ウルトラマン』とのクロスオーバーとして、現地球人に追いやられた先住民たちが地底と海底に分かれ、それぞれ凶悪地底怪人地底人とノンマルトになった事になっている。
このゲームにガイロスが登場しない代わりに、6体のタッコングシーモンスシーゴラスを送り込んで科特隊とウルトラ警備隊と戦った。

ウルトラマン超闘士激伝

どこかの惑星の海底都市で暮らしていたが、エンペラ星人のメタルモンス襲撃に逃げ惑っていた。

裏話

この回の脚本を担当した金城哲夫が沖縄出身の為、彼の沖縄植民地時代の体験が下地になっているという見解もあるが、関係者は否定している。
実際は、酒の席で出た「もし人類以外に地球の先住民がいたら」という話をヒントに書かれたらしい。

名前の由来はNot(否定)+マルス(ローマ神話の戦争の神)。
「争わない種族」という意味と同時に、マルスは火星(マーズ)の元になった名前であり、「火星ではない=地球人」という意味もある。

ノンマルトが奪取した原子力潜水艦グローリア号のコクピットセットは『マイティジャック』の敵組織Qの戦闘メカの内部コクピットセットが使用されている。

ウルトラマンオーブ』でクレナイ・ガイを演じた石黒英雄はノンマルトの話をやりたがっているらしいが、監督の田口清隆は「あれは誰もが手を出しづらい」との事。

関連記事

キリヤマ隊長
彼の劇中の台詞「海底もわれわれ人間のものだ!」があまりにも有名、よくネタにされる。

テイルズオブレジェンディア…水の中で生きる『水の民』と主人公たち『陸の民』と、人類は二つの種族に別れている。水の民は元々世界の先住民だが、はるか昔主人公たちの祖先である陸の民が宇宙船に乗って飛来し陸を作り上げた他、水の民を虐殺・利用するなど、セブンにおける地球人とノンマルトの関係と深く共通点がある。また、その事実は主人公セネルたちの時代では水の民以外では知られていない事実だった。

pixivに投稿された作品 pixivで「ノンマルト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9930

コメント