ピクシブ百科事典

古代超獣スフィンクス

こだいちょうじゅうすふぃんくす

本稿では、ウルトラマンエースに登場する超獣について解説する。
目次[非表示]

データ

身長58m
体重6万5千t
別名古代超獣
出身地オリオン星


概要

第25話「ピラミッドは超獣の巣だ!」に登場。
オリオン星人が操っている超獣で、彼らにとっては守護神的存在。
戦闘力は高く、頭部にある角からビームを発射、額にあるレリーフから1万3千度もの火炎を噴射する。

小学校の校庭に突如出現したピラミッドの中から出現。オリオン星人ミチルの吹くの音色を聞くと大人しくなってしまう。仮に首をはねられても体だけで活動することが可能。

これらの能力でエースを苦しめたが、最期はエースブレードで首を斬り落とされ、体のほうはタイマーショットを受け爆散。残った頭部はピラミッドの中に逃げ込んだが、ピラミッドごとメタリウム光線で破壊された。

ウルトラマン超闘士激伝

第二部「ヤプール編」に登場。

今回はオリオン星人ではなくヤプールの側近であり、ジャンボキングにエネルギーを与えていた。
ヤプールのいる扉の門を開け放たないことに激怒したメフィラス大魔王が(「卑怯もラッキョウもあるものか!」と強引に)協力させたウルトラマンタロウストリウム光線と共に放った超魔光閃を浴びてもびくともしないほどの防御力を持つ。
自身もゴールデンストリームという技を持っている。

闘士ウルトラセブンのウルトラアローマグネリウム・シュートを受け、ジャンボキングとともに敗れたが、自身は生き延びており、敗れたヤプールを助けてくれと懇願する(ただし、ヤプールからは「戦士としての誇りを捨てるな!」と一喝された)。

全てが終わった後、ヤプールと共に故郷であるヤプール次元に帰って行った。

ウルトラ怪獣擬人化計画

2017年6月30日発売の電撃G'Sマガジン発表された
超獣枠としてはバキシム以来2体目となる。
誰しもが、今後超獣が追加されるとすれば、ドラゴリーベロクロンルナチクスといった有名どころを突いてくるだろうと予想していただけに、この人(?)選には度肝を抜かれた人も多かったようだ。

デザインを担当したのは、サークル:「abgrund」を主催する、さいかわゆさ氏。

キャッチコピーは「怪獣界のクレオパトラ」で、その肩書通り、原典のスフィンクスの意匠も残しつつも古代エジプトの妃や中近東踊り子を思わせる、中々にセクシーで優雅なデザインへとアレンジされている。

関連タグ

ウルトラマンエース ウルトラ怪獣 超獣 スフィンクス オリオン星人

pixivに投稿された作品 pixivで「古代超獣スフィンクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1616

コメント