ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

別名さぼてん超獣
身長60m
体重5万t

概要

第12話「サボテン地獄の赤い花」に登場。
異次元人ヤプールが送り込んだ地球侵略用超獣の第12号で、超獣製造機で合成されたハリネズミサボテンの合体生物。他のヤプールが作った超獣のように素材に宇宙怪獣が混じっているかは劇中では説明がなく不明。
ちなみにウルトラ怪獣大百科レオゴン解説回において、合成生物の一例としてサボテンダーが言及され、そこではハリネズミとサボテンと宇宙怪獣の合成生物と説明されている。

全身のトゲをミサイルとして発射、長いで相手を捕らえる他、溶解性のを吐くなどの攻撃手段を持つ。「ウルトラマンオフィシャルデータファイル」によれば頭頂部のトゲはエネルギーが残り少なくなると点滅して本体に知らせる機能があると解説されている。

初めに町中に出現してウルトラマンエースと対決し、メタリウム光線で止めを刺されそうになる。

さぼてん超獣 サボテンダー(サブロテンver.)


しかし青い煙に包まれながら小さなサボテンへ変身して逃れ、サボテン売りの露店に紛れ込む。

荒谷三郎くんの父


頭頂部の花で虫を補食していたところをサボテン売り親父(演:高品格)の息子・荒谷三郎少年(演:佐藤一臣)が発見して気に入られ、三郎は「サブロテン」と名付けられて学校で見せびらかすなどしたが、夜間になると飼育小屋の巡回の用務員、三郎の父が食べていた焼き鳥までもその食料にして、徐々にエネルギーを蓄えた。

拾われた(匿ってくれた)ことに恩義を感じていたのか、または居場所を確保するためか、絶好の獲物だったにも拘らず、荒谷家から出ていく際も三郎(と彼の父親)を襲わなかった。この点から仲間や造物主よりは遥かにマシな性格をしていたことが伺える。

自分を轢こうとしたドライブ中の若いカップル(演:赤塚真人、宮野リエ)を捕食したところでTACによって捕獲され、山中隊員はTACガンで始末しようとしたが、北斗に「宇宙昆虫がレーザーを浴びて巨大化した前例がある」という意見により、宇宙空間に運ばれ、スペースミサイルで爆破されたかに見えたが、しかしその爆発のエネルギーを吸収しており、それによって一気に強化して復活。

復活後のAとの戦いでは、閃光を放つトゲや球形のサボテン状に変形しての体当たり、舌でAを追い詰めた。しかし、その舌をダブルビームで焼き切られるとサボテン状に変形して再度の逃走を図るも、Aに投げ飛ばされてサーキュラーギロチンで身体を真っ二つにされて戦死。亡骸は真っ赤な血の花吹雪を吹かせながら地面に叩き付けられた。

その後

次作『ウルトラマンタロウ』でもヤプールが地球侵略に送り込んだ改造ベムスターの援軍として改造ベロクロン二世と共に登場。こちらはついでと言った感じの登場で、見せ場もほとんどないままにタロウによって倒されている。
詳細はこちらで。

派生作品

漫画大怪獣バトルウルトラアドベンチャー』ではナックル星人と手を組んだヤプールが、敵対するペダン星人全滅させるために送り込んだ超獣軍団の一体として登場。エースキラー主人公・御蔵イオの操るゴモラ破壊されたことを知ったヤプールはサボテンダーを始めとする超獣たちをイオの元へと進撃させるが、突然現れたキール星人ヴィットリオの差し向けたEXゴモラの伸ばした尻尾串刺しにされ、背後のガラン共々田楽刺しになって死亡

余談

スーパーガンのエネルギーでミロガンダが巨大化したグリーンモンスもサボテンがモチーフであり、兵器のエネルギーで巨大化するのはグリーンモンスのオマージュでもある。

着ぐるみはマザリュースに改造され、首から下半身はリペイントされた。またスーツアクターは『A』では河井徹が担当し、次回13話から24話まで、『A』のメインの超獣は河井徹に代わり図師勲が担当する。

この回に登場した女性カップル役には後に梅津香代子役の宮野リエがゲスト出演している。

関連イラスト

見て!サボテンダーが踊っているよ



関連項目

ウルトラマンA ウルトラマンタロウ
超獣 サボテン ハリネズミ

関連記事

親記事

超獣 ちょうじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「さぼてん超獣サボテンダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9523

コメント