ピクシブ百科事典

大蟹超獣キングクラブ

おおがにちょうじゅうきんぐくらぶ

大蟹超獣キングクラブとは、『ウルトラマンA』に登場する超獣。
目次[非表示]

データ

別名:大蟹超獣
身長:88メートル
体重:6万3千トン

概要

第15話「黒い蟹の呪い」に登場。
カブトガニと宇宙怪獣を合成した超獣…なので本来はカニとは全く無関係の超獣だが、別名もサブタイもやたらとカニを強調している。
額から噴射する火炎「クラブ光線」と、物体を溶かす特殊な泡、極めて長い尻尾を武器とする。更に透明になる能力を備えている。

海を公害で汚染する人間達を恨んでおり、瀬戸内海周辺で人間を食らって成長していた。
地上に出現するがTACに発見されてしまい、姿を消して鷲羽山ハイランドに潜んだ。

しかし、キングクラブに捕食された漁師の化身であるカブトガニ「大蟹」(CV:沢りつお)がキングクラブの居場所をその息子・夢二に伝え、TACにも伝えられ鷲羽山に窒素爆弾を投下されたためやむなく姿を現す。

エースと戦い、相撲を取るなどふざけ合っているようにも見えたが、自慢の尻尾でエースを締め付けてしまう。
しかしドリル光線で尻尾を破壊されると弱体化してしまい、二度投げられた後にアタックビームで倒された。

しかし、キングクラブの憎しみは消えるどころか1年半後により強大となってしまった…

派生作品

ウルトラマン超闘士激伝』ではレッドジャックガランと共にヤプール軍団の配下として登場するが、超闘士として覚醒した超闘士ウルトラマンタロウに瞬殺される。

ULTRAMANでは宇宙生物として登場し、ウルトラマンスーツを着た北斗星司によってバラバラにされてしまう。

余談

次作の『ウルトラマンタロウ』に登場したタイラントの尻尾に使用されたが、(アレンジが加えられたせいで)造形があまり似ていない

一部のファンからはタイラントの尻尾である事自体が、この怪獣のアイデンティティと言われてしまうことも(一応タイラントとキングクラブは恨みや憎しみを力にしていると言う関係があるが)。

「DXギンガスパーク」でこれとシーゴラスイカルス星人ベムスターバラバレッドキングハンザギランの7体のスパークドールズを立て続けにリードさせて、トリガーを引くと・・・。

第15・16話は岡山県のローカルテレビ局の開局記念キャンペーンの一環を兼ねたイベント編でもあり、そのため同県笠岡市に生息するカブトガニをモチーフにしたとされる。

関連タグ

ウルトラ怪獣 ウルトラマンA 超獣
カブトガニ 岡山県

関連記事

親記事

超獣 ちょうじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大蟹超獣キングクラブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 408

コメント