ピクシブ百科事典

タラバガニ

たらばがに

節足動物門・軟甲綱・十脚目タラバガニ科に属する海産の甲殻類。漢字表記は「鱈場蟹」若しくは「多羅波蟹」。
目次[非表示]

概要

漁場で獲れるため、「鱈場蟹」と呼ばれる。
海産のヤドカリの一種。カニに似た体をしているが歩脚は3対(6本)でカニ(4対/8本)より1対少ない。
全身に鋭いトゲが生え、背中側が暗紫色で腹側が淡黄色。
甲殻類では異例の雌雄異形として知られ、雄は甲幅25センチメートル内外、脚を伸ばすと1メートル以上になる。対して雌は小さく甲幅10センチメートル内外。

肉は美味で、産地では重要な水産資源の一つ。
主に缶詰にする他、昨今ではカニ料理の専門店でも賞味出来るようになった。塩茹でや蒸し蟹として流通する機会が多い。
日本では刺身で賞味する事もあるが、加熱したものより筋繊維がしっかりしていて旨みが薄い。

分布

太平洋の冷水帯に分布し、主な漁場はアラスカアリューシャン列島カムチャツカ半島千島列島ロシア沿海州などの沿岸である。
1960年代よりソ連バレンツ海でタラバガニの放流を続け定着させることに成功したものの、その一部はバレンツ海より温暖なノルウェー沿岸に進出し、天敵がいないため爆発的に増え、生態系を脅かす外来種となっている。

あだ名として

まれに足が長く毛深い人間のあだ名として使われることがある。
大翔竜という幕下力士を当時の二子山理事長が「なんじゃ、あのタラバガニみたいなの」と言ったらそのまま通称になってしまったというエピソードがある。

関連タグ

節足動物 甲殻類 ヤドカリ アブラガニ ハナサキガニ

関連記事

親記事

ヤドカリ やどかり

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「タラバガニ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 328353

コメント