ピクシブ百科事典

十脚目

じゅうきゃくもく

軟甲綱に属する甲殻類の1群。エビ、カニ、ヤドカリなどを含め、甲殻類として最も広く知られるグループである。
目次[非表示]

概要

十脚目(Decapoda)は軟甲綱に属する甲殻類の1グループ。全てがエビというわけではないが、「エビ目」ともいう。十脚類と総称され、エビカニ(短尾類)、ヤドカリなど(異尾類)という甲殻類として馴染み深い仲間を含む。

人間の食文化との関わりが深く、多くが魚介類として重要な食材である。

頭部と胸部は癒合して頭胸部を成し、大きな背甲(甲羅)でそれを包み、左右がを収納する。触角は2対で最初の1対は2本の鬚に枝分かれ、複眼は動ける眼柄に支えられる。

8対の胸肢のうち前の3対が食事用の顎脚になっているため、残りは名の指す通り5対10本の脚となる。中でも最初の1対ないし数対が、ハサミとしてのように特殊化した場合が多い。異尾類の場合、最後の1-2対が退化的である。

腹部は6節で、エビの場合は5対の腹肢と扇子のような尾(尾扇)をもつ。異尾類の腹部は多くがやや短く、中でもヤドカリのは柔軟で左右非対称に変形している。カニの場合は「短尾類」の指す通り腹部は退化的で、頭胸部の裏側に折り畳んでいる(いわゆる「カニのふんどし」)。

節足動物として大型のものが多く、中でもロブスターヤシガニ、およびタカアシガニが現存最大級の節足動物として知られる。

C77宣伝/甲殻類の発生(変態)
メガロパ


ノープリウスゾエアメガロパ/ミシスというプランクトンとして生活する幼生段階に経って、成体を小型にしたような雛カニ/エビになって成長し続けるものが多い。幼生段階を卵の中で完走し、雛カニ/エビとして孵化するものもある(ザリガニロブスターなど)。また、イセエビセミエビなど(イセエビ下目)のゾエア幼生はフィロソーマという。

分類

十脚類は大まかにエビ類・異尾類ヤドカリなど)・短尾類(カニ)という3つのカテゴリとして区別できる。「エビ」とは単に異尾類とカニを除いた様々な十脚類を便宜上にまとめた総称である。また、異尾類はカニでもエビでもないが、中ではそれらしき姿をもつため「エビ」や「カニ」と名付けられた種類は少なくない(コシオリエビタラバガニなど)。

エビ

車海老
マッカチン



異尾類

ヤドカリv(・∀・)v
かに
【サイエンスイラストもどき】ヤシガニ



短尾類(カニ

Crab dessin
サワガニ(日本画)
タカアシガニ


該当記事参照)

関連タグ

節足動物 甲殻類 カニ/ エビ/海老 ヤドカリ
海洋生物 魚介類 甲羅 ハサミ

関連記事

親記事

軟甲綱 なんこうこう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「十脚目」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 163

コメント