ピクシブ百科事典

テッポウエビ

てっぽうえび

十脚目テッポウエビ科の総称、または種名。
目次[非表示]

概要

 十脚目テッポウエビ科に属するエビ
 ザリガニに似た姿をしており、左右非対称なのが見ただけで分かるほどに肥大化したハサミ(第一鋏脚)を持っているのが特徴。獲物を狩る際や自己防衛の時にはその鋏を「バチン!」「ガチン!」と鳴り合わせるのが特徴であり、人間が聞いてもクソやかましいと感じるほど巨大なが発生する。しかし、このは水中では爆発的に膨張して衝撃波を発生させ、気泡が当たっただけで同サイズの生物なら一撃で気絶するという凄まじい効果を持つ。水中では爆発音により発生するは瞬間的に1000気圧に達し、内部では水分が蒸発した上にプラズマ化する。もはや鉄砲どころの騒ぎではない。
 しかしこのテッポウエビ、非常にが悪いため、イカやら大型の魚やらに発見されると逃げる前に喰われてしまう。そのため、目のいいハゼと共生し、同じで暮らしていることが多い。

余談

 へんないきもの大活躍漫画テラフォーマーズ』では、ジェットの改造ベースとしてニシキテッポウエビが選出されている。

関連項目

甲殻類 爆音
エビラ:似てなくもない
ウデッポウブロスター

pixivに投稿された作品 pixivで「テッポウエビ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4576

コメント