2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

別名:ミサイル超獣
身長・体重:初代と同じ。

ウルトラマンA第48話「ベロクロンの復讐」に登場。
ベロクロン女ヤプールに操られて復活した超獣
初代と異なる点は、体色が黒から緑に変化したこと、人間と同じく「白目の中に瞳がある眼球」、足の先、尻尾があること、鼻の角から光線を撃てるようになったこと、口から泡状の毒液「ベロクロ液」を吐けるようになったことである。後述の着ぐるみの関係か全身からミサイルを出さないが、「ミサイル超獣」の別名は嘘ではなく、ちゃんと口に二門の発射口を備えている上に、両胸の突起からもミサイルを放つようになった。

身長や体重、鳴き声こそ初代と同じではあるが、上記の特徴のせいでぶっちゃけ初代とは明らかに外見が異なる。北斗からも「ベロクロンに似た超獣」と呼ばれ、ベロクロンそのものとは思われていなかった模様。
最初は北斗星司の悪夢の中に登場し、北斗を現実と夢の区別がつかなくなるように翻弄して孤立させた上で現実に出現し、今度も夢だろうと思った北斗を踏みつぶそうとした。

TACは初代ベロクロンの弱点であった口の中を狙って攻撃するが、ヤプールが改良したのか、やっぱりベロクロンに似ているだけで中身は別物なのか、あまり効果はなかった。
Aとは相撲を取りビルのタンクをボールにしてのやりとりもしながら戦ったが、火炎放射“デーモンファイヤー”(「ウルトラ怪獣攻げき技大図鑑」で命名。エレキングの“放電光線”やビルガモの“バルタニックウェーブ”など既出の名が出る中、なぜかベロクロ液でなくさほど印象に残らないこちらが紹介された)やベロクロ液でAを苦しめた。

最期はAに折られた鼻の角を胸部に刺され絶命。亡骸は宇宙へと運ばれた。
ちなみに襲われかけた拍子に、北斗の治療した歯に仕込んでいた催眠装置が外れてしまいヤプールの仕業であると見抜かれた。


着ぐるみはベロクロンではなくマッハレスの改造である。

内山まもるによる漫画版では、コイツがラスボス。北斗も「まさか最後の敵がベロクロンとはな」と驚いている。

改造ベロクロン二世

詳細はリンク先を参照。

関連タグ

ウルトラマンA

関連記事

親記事

ベロクロン べろくろん

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ベロクロン二世」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ベロクロン二世」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3080

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました