ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

改造ベロクロン二世

かいぞうべろくろんにせい

改造ベロクロン二世は、『ウルトラマンタロウ』に登場するベロクロン二世。
目次 [非表示]

データ

  • 別名:ミサイル超獣
  • 身長・体重:初代と同じ

概要

ウルトラマンタロウ』第30話「逆襲!怪獣軍団」に登場。

ベロクロン二世がさらに改造・強化された超獣。ベロクロン二世と比べるとやや太めで、喉にあたる部分にイボが無いのが特徴。

ヤプールからは単にベロクロンとだけ呼ばれており、改造ベロクロンやベロクロン(改造)と表記している書籍もあるが、見た目は明らかにベロクロン二世である。


改造ベロクロンⅡ世

海野八郎の奮戦によって窮地に立たされた改造ベムスターを援護する目的で改造巨大ヤプールが送り込んだ改造サボテンダーウルトラマンタロウに阻まれたため、増援として出撃、赤みがかった閃光と共に現れた。ヤプール曰く「最後の手段」らしいのだが、三匹中では最弱で、宇宙科学警備隊ZATのスカイホエールの攻撃に阻まれてまったく反撃できず、タロウと戦うこともなく、一方的にミサイルで撃たれまくり、とどめのレーザー砲が頭部に直撃してあっけなく倒された。


改造サボテンダー共々オープニングのテロップに名前が出ておらず、劇中での扱いも相まって冷遇されていると言えるだろう。明らかに初代や改造前よりも弱くなっているとしか思えないのだが、どこをどう改造されたのだろうか?


「ミサイル攻撃を買われて復活された」とする書籍もあり武器は強化された火炎とミサイルとされているが、設定のみで使われることはなかった(というか使う暇がなかったのかもしれないが)。ちなみに、鳴き声は初代及び二世のものではなく、帰ってきたウルトラマンに登場する怪獣ゴルバゴスのものである。


余談だが、改造ベロクロン二世は昭和シリーズで最後に登場した超獣である。シリーズ初の超獣もまたベロクロンであり、超獣の歴史はベロクロンに始まりベロクロンで一旦幕を閉じることとなった。



派生作品

ゲーム『ロストヒーローズ』にもベロクロン、サボテンダー共々参戦。


関連タグ

ウルトラマンタロウ ベロクロン二世

関連記事

親記事

ベロクロン二世 べろくろんにせい

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4300

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました