ピクシブ百科事典

ベロクロン

べろくろん

ベロクロンは、『ウルトラマンA』に登場する超獣である。
目次[非表示]

『A』第48話に登場したベロクロン二世、『タロウ』第30話に登場した改造ベロクロンについては、ベロクロン二世を参照。

データ(初代)

別名:ミサイル超獣
身長:55m
体重:44,440t

第5のウルトラマン。エース!


異次元人ヤプールが送り込んだ地球侵略用超獣第1号。ヤプールの超獣製造機で宇宙怪獣珊瑚が合体した超獣

からは敵の動きを止める金縛り光線「テリブルハンドリング」や、及爪型の光弾「テリブルスラッシュ」を放射し、口からは一億度の火炎を吐く。
全身に見られる突起物はミサイルロケット弾の発射口になっているほか、口内にも2連装のミサイルランチャーを装備。
更に舌(唾液)は強酸性であり、ビルなども易々と変質させる。
まさに「全身武器」の超獣である。
弱点は口の中。

最初に出現した福山市地球防衛軍の戦闘機隊を全滅させた。しかし、北斗星司がタンクローリーで特攻したことによりダメージを受け、異次元に一度撤退。

その後東京に現れ東京タワーをへし折るなど破壊の限りを尽くす。
一度は北斗が操縦するTACアローにより口の中にミサイルを撃ち込まれて機能停止し、全身から煙を吹くが、しばらくしてから再起動、反撃してTACアローを撃墜する。
その後学校を壊そうとしたところでウルトラマンAが登場し戦闘になる。

ミサイル超獣のくせしてAには全くミサイルが効かず、直撃してもAは微動だにしなかった。
しかし手から光弾を放ったところAは回避し、続いて火を吐いたら今度はAピンチ時の曲が流れだした(これではミサイル超獣の面目まるつぶれである)。
他にも、金縛り光線でAの動きを封じた上で手からビームを発射して苦しめるなど、ミサイル以外の武器はどれもAに効いていた……もう別名を変えた方がいいんじゃなかろうか?
もうベロクロン自身も開き直ったのか、ミサイルのことなんか知るかとばかりに格闘戦で一度はAを追い詰めるが、口の中にパンチレーザーを食らって大ダメージを受けてしまい、再び形成逆転を許してしまう。

最後はメタリウム光線を食らい、倒れて痙攣してから息絶えた(全身からミサイルを撃ち口から火を吐くというのになぜか爆発はしなかった)。超獣は光線技のみならず切断技で倒された場合すらなぜか爆発するやつまでいるので割と珍しい死に方である。一般にウルトラ戦士光線技の威力や性質を調整できるので、大爆発させれば大惨事になると考えたエースが倒し方を選んだ可能性もある(後述する『大怪獣ラッシュ』での出来事を踏まえるとあながちあり得ない話とも言い切れないだろう)。

ウルトラマンメビウス

ミサイル超獣ベロクロン


別名:ミサイル超獣
身長・体重:初代と同じ。
Aに登場したベロクロンの別個体。ドキュメントTACとドキュメントZATに出現記録が残されている。

外見は初代とほぼ同一だが、鼻先の角と足の棘が藍色から金色に変わっている。全身の赤い突起物から無数の小型ミサイルを、口の中に隠し持った砲門からは強力な大型ミサイルと火炎を放つ。

ヤプールの怨念に従い、異次元のゲートを開いて地上に巨大なヤプールエネルギーを解き放つのをサポートするため出現。一度はGUYSのリージョン・リストリクターによって次元の扉を閉じられるも、一発のみ通過したミサイルによってサコミズ隊長に重傷を負わせる。

その後GUYSの予想を上回る早さで再出現。ヤプールの大攻勢の第一陣として市街地に向けて進撃した。
その圧倒的な火力によってGUYSの戦闘機群を苦しめ、巨大異次元ゲート封印のために飛翔したフェニックスネストも打ち落とそうとしたが、メビウスの妨害で失敗。最期は、ガンフェニックストライカーの「インビンシブル・フェニックス」とメビウスのメビュームシュートの連続攻撃を受けて爆死した。

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル

ミサイル超獣ベロクロン


別名:ミサイル超獣
身長・体重:初代と同じ。
ヴィンセント島の結界を破って上陸しゴモラと対決する。途中ドラゴリーが援軍として現れ、さらにゴモラの援軍としてエレキングも現れたために2対2の戦いに突入。得意のミサイル攻撃でゴモラを追い詰めるが、ZAPの攻撃で口のミサイル発射口を破壊され、最期は超振動波を受けて倒された。

大怪獣バトルウルトラアドベンチャー

漫画『大怪獣バトルウルトラアドベンチャー』ではナックル星人と手を組んだヤプールが、敵対するペダン星人を全滅させるために送り込んだ超獣軍団の一体として登場。
ミサイル攻撃でペダン軍のキングジョーブラックをそこそこ苦戦させるもそれ以降どのコマにも登場せず、最終的にヤプールは超獣を見捨てて全員逃走したため、EXタイラントが落とした隕石によって発生したマグマオーシャンに飲み込まれたと思われる。

ウルトラ銀河伝説

映画『ウルトラ銀河伝説』ではウルトラマンベリアルの百体モンスロードにより復活し、ウルトラ戦士を迎え撃った。しかしウルトラマンゼロゼロスラッガーを受けてあっけなく爆発四散してしまう。

怪獣兵器ベロクロン

映画ウルトラマンサーガ』では、バット星人によって改造された怪獣兵器としてアントラーキングパンドンブラックキングタイラントと共に登場。
他の怪獣は過去にウルトラマンに土を付けた怪獣だが、ベロクロンはそうでもないような…と突っ込むのは野暮である。
最期はエースのメタリウム光線を受けて吹き飛んだ。
なお、このシーンは劇場版ではカットされ、『ウルトラマン列伝』、『新ウルトラマン列伝』、『ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE』にて放送された。

ウルトラマンギンガS

ガッツ星人ボルストチブルスパークを使用してモンスライブし、自身の分身体がライブしたドラゴリーと共に出現した。
ウルトラマンビクトリーをドラゴリーとのコンビネーション攻撃で圧倒し、ドラゴリーがビクトリーを毒の牙で倒すと撤退。再び出現したときはウルトラマンギンガストリウムと戦い、これもドラゴリーとのコンビで追い詰め、UPGのハイパーレーザーも分身することで回避した。そこへ疲労している体に鞭うち地上に現れたシェパードンを新たな標的にし、ビクトリーを庇ったシェパードンに逆上。ミサイル攻撃でシェパードンを殺してしまう。
しかし最後はシェパードンのが作ったシェパードンセイバーによる攻撃で逆転。ギンガのギンガスパークランスでドラゴリー共々串刺しになり、シェパードンセイバーフラッシュでまとめて倒された。

ウルトラファイトビクトリー

ギンガ・ビクトリーに倒された後、ダークルギエルの死によって肉体を取り戻したベロクロンが、再び造物主であるヤプールの配下となったもの。
同じく蘇ったバキシムドラゴリーと共に惑星グアにてウルトラマンレオアストラ兄弟を迎え撃つ。
途中から戦う相手を合流したエースに変更し、ミサイルで迎え撃ったがかわされ、バーチカルギロチンで真っ二つにされ爆発した。

ウルトラマンオーブTHE_ORIGIN_SAGA

クグツによって意志を奪われたベロクロンで、王立惑星カノンの軌道上においてクグツバキシムと共にウルトラマンコスモスを迎え撃つが失敗。その後は地上に降り立ち、カノンの防衛軍による攻撃をものともせず大規模な破壊活動を行い戦神に襲い掛かる。駆け付けたウルトラマンオーブウルトラマンダイナ、コスモスとも交戦するが、最終的に倒されることなくサイキによって回収された。その後の動向は不明。

プラズマ怪獣

大怪獣ラッシュではプラズマ怪獣として登場。全方位に無数のミサイルを放ち辺り一帯を消し飛ばすその圧倒的な火力から「歩く火薬庫」の異名を持つ。
アニメでは弾幕でラッシュハンターズを追い詰めるが、覚醒したマグママスター・マグナに口から発射したミサイルを逆に投げ返されて丸呑みしてしまい、自爆。ラッシュハンターズは間一髪脱出に成功したものの、誘爆に誘爆を重ねた挙句、惑星そのものを丸ごと爆発四散させてしまった。しかし、その影響で伝説のプラズマ怪獣が目覚めることになる。

オリハルコンベロクロン

激レアなプラズマソウルであるオリハルコンプラズマソウルを取り込みプラズマ怪獣へと変貌したベロクロン。属性による相性も受け付けず、通常のプラズマ怪獣化したベロクロンよりも遥かに上回る能力を持っている。

登場したウルトラシリーズ及び話数

ウルトラマンA
第1話「輝け!ウルトラ五兄弟」(初代)

ウルトラマンメビウス
第26話「明日への飛翔」

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル
第11話「ウルトラマン」

ウルトラマンギンガS
第10話「未来への聖剣」

ウルトラ怪獣擬人化計画

ベロクロン擬人化記念


超獣第1号という実績を買われてか、バキシム、スフィンクスに続く3体目の超獣枠として2017年10月に参戦。デザインは以前エースキラーのリデザインを手がけた活断層氏が手掛けている。
活断層氏にとっても会心の出来と言えるデザインだったようで、Twitter上で何度も宣伝をしていたほどである。

ベロクロン


水着のようなハイレグ気味のセクシーな衣装(?)に身を包んでいるのが特徴。珊瑚が合成素材になったという設定を踏まえて、珊瑚→→水着ということらしい。
ずんぐりむっくりとした外見だった原典を反映してか、体型もかなりむっちりしており、なかなかにグラマラスである。設定によれば短い尻尾と大きなお尻コンプレックスを抱いているらしい。
また、よく見ると右胸の胸元にほくろがあるが、何を意図して付けられたものなのかは不明。
もちろん、単にお色気全開なだけのデザインというわけでもなく、両腕の甲にミサイルが取り付けられているなど、「ミサイル超獣」らしさもきちんと盛り込まれている。

漫画版

第42話に登場。
学園の近くのパン屋で買い物を済ませた帰りに、近道をしようと塀に空いた穴をくぐろうとしたところ、お尻がつっかえて動けなくなってしまう。
その後、同伴していたエースキラーからその様子を写真に撮られそうになったり、たまたま通りかかったスカイドンからセクハラまがいの行動をされたりと散々な目に遭うものの、最終的には無事に穴から抜け出すことができた模様。

余談

大決戦!超ウルトラ8兄弟』の脚本第1稿では、登場が予定されていた。

関連タグ

ウルトラマンA 超獣 一話怪獣(ウルトラシリーズ)
ベロクロン二世 ヤプール
原爆ドーム 没シーンとして、ベロクロンがこれを攻撃するシーンがあり当時のスチール写真も残っている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ベロクロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81295

コメント