ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ベロクロン

べろくろん

ベロクロンは、『ウルトラマンA』をはじめとするウルトラシリーズに登場する超獣である。
目次 [非表示]

曖昧さ回避

『A』第48話に登場したベロクロン二世についてはベロクロン二世を参照、『タロウ』第30話に登場した改造ベロクロン二世については、改造ベロクロン二世を参照。


データ(初代)

別名ミサイル超獣
身長55m
体重4万4440t

概要(初代)

ミサイル超獣 ベロクロン

第1話「輝け!ウルトラ五兄弟」に登場。

ヤプールの超獣製造機で宇宙怪獣珊瑚が合体した超獣にして、異次元人ヤプールが送り込んだ地球侵略用超獣第1号。


手からは敵の動きを止める金縛り光線「テリブルハンドリング」や、及爪型の光弾「テリブルスラッシュ」を放射し、口からは一億度の火炎を吐く。

全身に見られる突起物はミサイルロケット弾の発射口になっているほか、口内にも2連装のミサイルランチャーを装備。

更に舌(唾液)は強酸性であり、ビルなども易々と変質させる。鼻の角は鉄の5000倍の硬度を誇る。(出典:「ウルトラマンオフィシャルデータファイル」より)

まさに「全身武器」の超獣である。『ウルトラマンT』第40話でのナレーションによれば原爆の数倍の破壊力を持っているとの事で、その気になれば世界を灰に変える事も出来る。

弱点は口の中。


活躍(初代)

最初に出現した福山市地球防衛軍の戦闘機隊を全滅させた。しかし、北斗星司がタンクローリーで特攻したことによりダメージを受け、異次元に一度撤退。


その後、東京に現れ東京タワーをへし折るなど破壊の限りを尽くす。

一度は北斗が操縦するTACアローにより口の中にミサイルを撃ち込まれて機能停止し、全身から煙を吹くが、しばらくしてから再起動、反撃してTACアローを撃墜する。

その後学校を壊そうとしたところでウルトラマンAが登場し戦闘になる。


Aには全くミサイルが効かず、直撃してもAは微動だにしなかった。しかし手から光弾を放ち、続いて火を吐くとAは怯み、ピンチに追い込む。さらに金縛り光線でAの動きを封じた上で手からビームを発射して苦しめ、格闘戦で一度はAを追い詰めるが、口の中にパンチレーザーを食らって大ダメージを受けてしまい、再び形勢逆転を許してしまう。


最後はメタリウム光線を食らい、倒れて痙攣してから息絶えた(全身からミサイルを撃ち口から火を吐くというのになぜか爆発はしなかった)。


超獣は光線技のみならず切断技で倒された場合すらなぜか爆発するやつまでいるので割と珍しい死に方である。一般にウルトラ戦士光線技の威力や性質を調整できるので、大爆発させれば大惨事になると考えたエースが倒し方を選んだ可能性もある。


実は地球侵略用超獣第1号じゃなかった?

『A』の一話怪獣なのは間違いないのだが、後に登場した超獣から地球侵略用超獣第1号じゃなかった可能性があったりする。


そもそも南夕子が地球に来た理由が地球に潜伏していたルナチクス討伐なので、実際はルナチクスとワンセットまたはルナチクスの方が先に来ていた可能性があり、さらに言えば、ルナチクスを知る南夕子抹殺のために福山市に襲来した可能性すらある


さらに言えば、オリオン星人とともに太古の昔から地球に潜んでいたと思われるスフィンクスこそが真の地球侵略用超獣第1号だった可能性が高かったりする。


まあ、スフィンクスはヤプール製の超獣かどうかは不明であり、仮にヤプール製だとしてもヤプール自身はオリオン星人に与えただけで地球に来たのはオリオン星人の判断でヤプールが把握していなかったり、ルナチクスが地球侵略用超獣ではなく、文明殲滅用超獣または最終兵器超獣だったら、一応矛盾しない。


また、ギタギタンガも本編開始以前から活動している。


しかし、合成元の珊瑚はカンブリア紀(約5億4200万年前)には生息していたため、ベロクロンが1番最初に造られた超獣第1号である可能性も十分にあり得る。


ウルトラマンメビウス

ミサイル超獣 ベロクロン(メビウス版)

別名ミサイル超獣
身長初代と同じ
体重初代と同じ

第26話「明日への飛翔」に登場。

Aに登場したベロクロンの別個体。ドキュメントTACとドキュメントZATに出現記録が残されている。


外見は初代とほぼ同一だが、違いについては鼻先の角と足の棘が藍色から金色に変化している。全身の赤い突起物から無数の小型ミサイルを、口の中に隠し持った砲門からは強力な大型ミサイルと火炎を放つ。目は照準器の役割を果たすとされ、鉱物を食べることでミサイルを精製する器官が体内にあるようだ(出典:『ウルトラマンオフィシャルデータファイル』)。


ヤプールの怨念に従って異次元のゲートを開いて地上に巨大なヤプールエネルギーを解き放つのをサポートするために出現。一度はGUYS「リージョン・リストリクター」によって次元の扉を閉じられたが、一発のみ通過したミサイルによってサコミズ隊長に一時的に命には別状はないが、眠ったまま動けない状態になるほどの重傷を負わせた。


その後、GUYSの予想よりも早く再出現してヤプールの大攻勢の第一陣として市街地に進撃した。


その圧倒的な火力によってGUYSの戦闘機群を苦しめ、巨大異次元ゲート封印のために飛翔したフェニックスネストも打ち落とそうとするも、メビウスの妨害で失敗。最期は、ガンフェニックストライカー「インビンシブル・フェニックス」とメビウスのメビュームシュートの連続攻撃を受けて爆死した。


プレイムービーDXウルトラコクピット「出撃!ウルトラゾーンの旅編」ではエースと戦った個体が登場。

ウルトラゾーンの歪みに呑み込まれて、『A』の時代に飛ばされたガンフェニックストライカーに遭遇、ガンフェニックストライカーの援護を受けたエースに倒されるという流れで、映像はほぼ『A』の流用である。


ウルトラギャラクシー大怪獣バトル

ミサイル超獣ベロクロン

別名ミサイル超獣
身長初代と同じ
体重初代と同じ

第11話「ウルトラマン」に登場。

ヴィンセント島の結界を破って上陸し、ゴモラと対決。途中でドラゴリーが援軍として出現し、さらにゴモラの援軍として召喚したエレキングも現れたため、タッグマッチを行い、得意のミサイル攻撃でゴモラを追い詰めたが、ZAPの攻撃で口のミサイル発射口を破壊され、最期は超振動波を受けて倒された。


大怪獣バトルウルトラアドベンチャー

ナックル星人と手を組んだヤプールが、敵対するペダン星人を全滅させるために送り込んだ超獣軍団の一体として登場。

ミサイル攻撃でペダン軍のキングジョーブラックをそこそこ苦戦させるもそれ以降どのコマにも登場せず、最終的にヤプールは超獣を見捨てて全員逃走したため、EXタイラントが落とした隕石によって発生したマグマオーシャンに飲み込まれたと思われる。


ウルトラ銀河伝説

ベロクロン

ウルトラマンベリアルの百体モンスロードにより復活し、ウルトラ戦士を迎え撃った。しかしウルトラマンゼロゼロスラッガーを受けてあっけなく爆発四散してしまう。


ウルティメイトフォースゼロ アナザースペースアドベンチャー

てれびくん2011年4月号の付録DVDにて、巨大ヤプールの配下として登場。グレンファイヤーと戦った。


怪獣兵器ベロクロン

怪獣兵器 ベロクロン

バット星人によって改造された怪獣兵器としてアントラーキングパンドンブラックキングタイラントと共に登場。

他の怪獣は過去にウルトラマンに土を付けた怪獣だが、ベロクロンはそうでもないような…と突っ込むのは野暮である。

最期はエースのメタリウム光線を受けて吹き飛んだ。

なお、このシーンは劇場版ではカットされ、『ウルトラマン列伝』、『新ウルトラマン列伝』、『ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE』、『ウルトラマンクロニクルZERO&GEED』にて放送された。


ウルトラマンギンガS

可愛くないSD怪獣「ベロクロン」

ガッツ星人ボルストチブルスパークを使用してモンスライブし、自身の分身体がライブしたドラゴリーと共に出現した。

ウルトラマンビクトリーをドラゴリーとのコンビネーション攻撃で圧倒し、ドラゴリーがビクトリーを毒の牙で倒すと撤退。再び出現したときはウルトラマンギンガストリウムと戦い、これもドラゴリーとのコンビで追い詰め、UPGのハイパーレーザーも分身することで回避した。そこへ疲労している体にムチうち地上に現れたシェパードンを新たな標的にし、ビクトリーを庇ったシェパードンに逆上。ミサイル攻撃でシェパードンを殺してしまう。

しかし最後はシェパードンの魂が作ったシェパードンセイバーによる攻撃で逆転。ギンガのギンガスパークランスでドラゴリー共々串刺しになり、シェパードンセイバーフラッシュでまとめて倒された。


ウルトラファイトビクトリー

ミサイル超兽

ギンガ・ビクトリーに倒された後、ダークルギエルの死によって肉体を取り戻したベロクロンが、再び造物主であるヤプールの配下となったもの。

同じく蘇ったバキシム、ドラゴリーと共に惑星グアにてウルトラマンレオアストラ兄弟を迎え撃つ。

途中から戦う相手を合流したエースに変更し、ミサイルで迎え撃ったがかわされ、バーチカルギロチンで真っ二つにされ爆発した。


ウルトラマンオーブTHE_ORIGIN_SAGA

クグツ怪獣(超獣?) クグツベロクロン

クグツによって意志を奪われクグツ怪獣と化したベロクロンで、王立惑星カノンの軌道上においてクグツバキシムと共にウルトラマンコスモスを迎え撃つが失敗。その後は地上に降り立ち、カノンの防衛軍による攻撃をものともせず大規模な破壊活動を行い戦神に襲い掛かる。駆け付けたウルトラマンオーブウルトラマンダイナ、コスモスとも交戦するが、最終的に倒されることなくサイキによって回収された。その後の動向は不明。おそらく生存していると思われる。final episodeで宇宙に返されたバキシム共々どこかの星で暴れてなければいいが…。


『メビウス』で新造されたスーツは長年使われて劣化が激しくなってきた為、本作を最後に撮影用を引退。現在は展示用やアトラクショー用に使われている。


プラズマ怪獣

大怪獣ラッシュではプラズマ怪獣として登場。全方位に無数のミサイルを放ち辺り一帯を消し飛ばすその圧倒的な火力から「歩く火薬庫」の異名を持つ。

アニメでは弾幕でラッシュハンターズを追い詰めるが、覚醒したマグママスター・マグナに口から発射したミサイルを逆に投げ返されて丸呑みしてしまい、自爆。ラッシュハンターズは間一髪脱出に成功したものの、誘爆に誘爆を重ねた挙句、惑星そのものを丸ごと爆発四散させてしまった。しかし、その影響で伝説のプラズマ怪獣が目覚めることになる。


オリハルコンベロクロン

激レアなプラズマソウルであるオリハルコンプラズマソウルを取り込みプラズマ怪獣へと変貌したベロクロン。属性による相性も受け付けず、通常のプラズマ怪獣化したベロクロンよりも遥かに上回る能力を持っている。


アニメ版ULTRAMAN

RPISODE:9、EPISODE:10に登場。

意思を持たない生体兵器で、イデ隊員からは「超獣」にたとえられている。

埠頭に出現したが、北斗の装着したエーススーツの光刃に敗れる。その後下水道に別個体が出現したが、北斗に首を斬り飛ばされた。


ゲーム版によれば正式名称は「生体兵器(レッド)」らしい。なお、元ネタのようにミサイル攻撃は使わず、格闘技とストンプ攻撃が主な攻撃手段。


酩酊!怪獣酒場2nd

第1話でモブとして登場。

会社帰りらしく、焼き鳥摘みビールを飲んでいた。


余談

初代が初出現する場所は当初広島市が予定されており、原爆ドームを襲撃・破壊する場面も撮影されていたが、被爆者や関係者に配慮し、完成版では広島県第二の都市である福山市に変更された。

なお、その撮影時に撮られたスチール写真は現存しており、ネットでも容易に見ることが可能。


大決戦!超ウルトラ8兄弟』の脚本第1稿では、登場が予定されていた。


スーツアクターは初登場の『A』第1話では河井徹が担当し、オープニングのクレジットは「超獣ベロクロン」であった。


のちの「A」第20話劇中で北斗星司は、「スカンジナビア号」の最後の航海が第20話時点の3年前で、北斗がTACに入隊したのと同時期と語っており、少なくとも「A」20話放映時点ではベロクロンが登場する1話からゼミストラーが登場する20話までの間に3年経っている設定だったらしい。


メビウス以降、板野一郎氏が演出に参加したことにより氏の十八番である板野サーカスが加わることで、ド派手なバトルを拝めるなど時代の進行による演出技術の進化の恩恵を存分に受け、出番が増えるなど超獣の代名詞となりつつある。


関連イラスト

超獣まとめ1ベロクロン②

海の宝石ミサイル超獣ベロクロン


関連タグ

ウルトラマンA A怪獣 ウルトラ怪獣

超獣 一話怪獣(ウルトラシリーズ) ヤプール

ベロクロン二世 改造ベロクロン二世

ベロクロン(ウルトラ怪獣擬人化計画)

ファルドン:予告編では、ベロクロンの鳴き声が流用されていた。

関連記事

親記事

超獣 ちょうじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 168992

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました