ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

  • 身長:63m
  • 体重:5万6千t
  • 別名:大蝉超獣 セミ怪獣
  • 出身地:異次元→駿河湾

概要

大蝉超獣 ゼミストラー


第20話「青春の星・ふたりの星」に登場。
ヤプールセミ宇宙怪獣を合成することによって誕生した超獣

ゼミストラー


突如を崩して出現し、口吻から3千度の火焔を噴射する。また、下顎から発光光線を発射できる。

青春の星 ふたりの星


最大の武器は、物体を空中に浮かび上がらせる反重力光波で、当たった物体をなんでも空中に浮かび上がらせることが出来る。ただしこれの使用に極度の精神統一を必要とし、統一中に攻撃を受けると力を失ってしまう。

普段は地底に潜んでいるため目は退化している。そのためレーダーになっている触角を頼りに周辺を移動する。聴力は半径20km以内に落ちたを聞き分けられるほど発達している。

地底に隠れながらに停泊していた豪華客船「スカンジナビア号」を空中に飛ばしていたが、北斗星司に目撃され、証拠を握られるとヤプールの指示により出現。…特に理由もなく豪華客船を飛ばしていたようにしか見えないが、ヤプールが一体何を企んでいたのだろうか?。

最後はウルトラマンエースメタリウム光線を受け炎上、焼死した。


派生作品

映画「ウルトラマン物語」にも登場したが、その時は怪獣と呼ばれていた。そのため一部書籍などでは怪獣として紹介されていることもある。

ウルトラマン超闘士激伝』ではヤプールが量産し、宇宙征服のために大量に差し向けていた。ホタルンガバッドバアロンと共に闘士ウルトラセブンを襲撃するも、ウルトラ警備隊の作ったホークウェポンには手も足も出ず全滅に追い込まれる。

漫画『酩酊!怪獣酒場』では怪獣酒場のライバル店「怪人バル」の客として登場。

余談

登場する『A』20話は脚本家を田口成光、監督を筧正典、特技監督佐川和夫、助監督を菊池昭康、神沢信一が担当した…よくエースがギロチン王子化しなかったな。またスーツアクターは図師勲が担当した。

この話のOPクレジットにおいて、協力企業として沼津三津浜フローティングホテル・スカンジナビアと沼津マリーナが登場する。

劇中で北斗星司は、「スカンジナビア号」の最後の航海が第20話時点の3年前で、北斗がTACに入隊したのと同時期と語っている。つまり放映当時は第20話の時点で第1話から3年が経過している設定だった。
後の作品では訂正され、最終回まで1年間の出来事とされている。

第20話ゲストの篠田一郎を演じた篠田三郎氏は次回作主演を務めた。

関連イラスト



関連タグ

ウルトラマンエース 超獣 ウルトラ怪獣 セミ 沼津市 駿河湾

ウルトラマンティガ,ウルトラマンダイナ・・・実際に本編で3年の月日が流れている作品

キングゼミラ・・・セミ仲間

関連記事

親記事

超獣 ちょうじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ゼミストラー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ゼミストラー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42195

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました