ピクシブ百科事典

ブラックピジョン

ぶらっくぴじょん

ブラックピジョンとは、ウルトラマンエースに登場する超獣である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:57m
  • 体重:4万3千t
  • 別名:大鳩超獣
  • 出身地:異次元

概要

第18話「鳩を返せ!」に登場。
元々は三郎という少年が飼っていた小次郎という名前の伝書鳩だったが、が持っている帰巣本能をヤプールに利用され、小次郎の脳髄と宇宙怪獣が合体することによって誕生した超獣

基本的にはヤプールの命令に忠実だが、元々が鳩のため三郎が吹く鳩笛に時折操られて勝手に人間世界に出現し、ヤプールを混乱させた。

翼から放つ突風、口から発射する火炎放射とバードホワイトバブルという毒液。嘴を使った突っつき攻撃や腹にあるトゲミサイルを発射して相手を攻撃する。トゲミサイルは一度刺さったら抜けなくなってしまう効力がある。

鳩というモチーフと可愛げのある顔だちにもかかわらず、大変な強豪超獣である。ウルトラマンエースとの戦いでは、バードホワイトバブルを顔に浴びせて動けなくし、空中から突き落として一時的に気絶に追い込んだだけでなく、メタリウム光線を腹から吸収して跳ね返すなど終始エースを圧倒していた。巨大ヤプールヒッポリト星人といった大物級ですらメタリウム光線に敗れているのだから、その実力の程が窺えよう。

しかし三郎少年の鳩笛に気を取られている隙を突かれ、後ろからダイヤ光線を浴び倒された。
その後、小次郎は三郎のもとに戻ってきたが、三郎の手の中で息を引き取った。

余談

  • 内山まもるのコミカライズ版では、基本的な流れは同じだが、小次郎が死なずに生還するという流れになっている。
  • ウルトラマン超闘士激伝ではヤプールが生み出した超獣たちの一体として登場したが、善悪の判断ができない失敗作として処刑されかけていたところをウルトラマンタロウに救われ仲間となる。その帰巣本能を上手く活用し、ヤプールの本拠地であるメビウス星の場所を光の国に教えるなど活躍した。ヤプール大戦の終結後は、ピッコロの故郷であるピッコラ星雲のピッコラ星で他の超獣たちと共に暮らしている。


関連タグ

ウルトラマンエース 超獣 ウルトラ怪獣 

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラックピジョン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8234

コメント