ピクシブ百科事典

ドラゴリー

どらごりー

ドラゴリーとは、『ウルトラマンA』に登場するモンスター「超獣」の一体である。
目次[非表示]

データ

別名蛾超獣
身長:67m
体重:58000t
ヤプール人によって製造された、(『ウルトラマンギンガS』では毒蛾)と宇宙怪獣の合成超獣。

主な武器

落書き 蛾超獣ドラゴリー


から吐く火炎「バーニングウイング」や両腕から放つミサイル。平成版では口や目から怪光線も放てる。

ドラゴリー


体内に毒素を生成する器官を持っており、口から生える鋭い牙で相手に噛みつくと同時に相手の体内に毒を流し込む(一度毒を流し込まれると、全身へ一気に毒が回り、あっという間に対象者の命を奪い去ってしまうという。

伝説の解体ショー
怪獣を超えるもの


ムルチ2代目を素手で引き裂くほどの超怪力

ウルトラマンAでの活躍

第7話「怪獣対超獣対宇宙人」、第8話「太陽の命・エースの命」に登場。
TAC基地の近くに現れレーダー施設を破壊した後に、基地に向かう途中でAと初対決。メトロン星人Jr.やムルチ2代目と共にAを苦戦させたが、ムルチ2代目が自分に衝突してきたことに対して激怒。ムルチ2代目の体を引き裂いて倒してしまう。その後にエースバリアで一度封印されたがヤプールにエースバリアを解いてもらい、メトロン星人Jr.と組んで再びAと激突。(ウルトラマンメビウスでは星人に操られていると紹介されていた。)しかしエースバリアでメトロン星人Jr.と共にまたしても封印された。やがて封印が解け、メトロン星人Jr.と組んで三度激突。メトロン星人Jr.が倒された後も単身Aに挑みエネルギー切れに追い込むが、太陽エネルギーを得て復活したAにパンチ腹を突き破られ怯んだ所をエースブレードでを斬り飛ばされたあげく、メタリウム光線で体を爆破された。

その後の登場

映像作品

ウルトラマンメビウス

ウルトラ5番目の使い魔『毒蛾襲来』


第25話「毒蛾のプログラム」に登場。
復活したヤプールの暗躍によりバキシムを始めとする過去に登場した超獣の別個体が登場する中、上記のドラゴリー(初代と同一の個体)も復活。以前にプログラミングされた「マリアミサイル破壊」の任を果たさんと、既に存在しないミサイルを求めて発射基地跡地に現れた。その後は防衛組織GUYSの基地フェニックスネストにミサイルがあると思い込み、異次元物理学のスペシャリスト・フジサワ教授に憑依(その際に巨大蛾へと変身する能力を披露した)し侵入。基地内で暗躍するもフジサワ博士の作戦にかかって失敗し、実体化してメビウスと戦うことになる。持ち前の怪力などでメビウスを苦しめたものの、最後はメビウスブレイブのメビュームナイトブレード・ブレードオーバーロードで倒された。

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル

第11話「ウルトラマン」に登場。
ヴィンセント島に上陸し、ゴモラと戦っていたベロクロンに加勢するために出現。そしてレイがゴモラの援軍として召喚したエレキングとタッグマッチを行うが、ベロクロンが倒され、自身もエレキングの放電で倒された。だがこの闘いが原因で家族を殺されたという過去の一件から怪獣を嫌っているZAP上層部のアトウから、ZAPクルーが怪獣を出現させた原因だと疑われてしまうことになる。オープニング映像ではサドラとも戦っている。

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY

第4話「困惑の再会」に登場。
メトロン星人(RB)が操る超獣として登場。レイのゴモラと戦うが、暴走しレイニックバースト状態となったゴモラに圧倒され、身の危険を感じたメトロン星人によって回収された。オープニングではアントラーとも戦っている。

大怪獣バトルウルトラ銀河伝説THE MOVIE

ベリアル軍団の一体として、同じ超獣のベロクロン、バキシムルナチクスと共に登場。ウルトラセブンと戦うが、ベリアルが放ったギガバトルナイザーの攻撃の巻き添えを喰らい倒された。

ウルトラマンギンガ

第5話「夢を憎むもの」に登場。
自身が仲間はずれにされていると思い、ダークな心に支配されてしまった渡会健太がダークダミースパークと共にドラゴリーのスパークドールズを渡されている。しかし礼堂ヒカル説得鉄拳により健太が正気に戻ったためダークライブすることはなく、出現したジャンキラーと戦うためにヒカルがギンガスパークウルトライブした。怪力でジャンキラーのパンチを受け止め、その場に押し倒すなどして善戦したが、その後はヒカルがウルトラマンギンガへライブしたためスパークドールズへと戻った。

劇場スペシャル第二弾では、ライブパッドを使用した「ウルトライブシミュレーション」にて健太が改めてウルトライブする。ヒカルがライブしたゾアムルチに奇襲を仕掛けるも、一条寺友也がライブしたゼットンの火球で倒された。

ウルトラマンギンガS

第10話「未来への聖剣」に登場。
ガッツ星人ボルストがモンスライブし、自身の分身体がライブしたベロクロンと共に出現。ウルトラマンビクトリーを2対1での戦法で追い詰め、で噛みつくことでビクトリーを一度敗北へと追い込む。ウルトラマンギンガストリウムとの戦いでもベロクロン共々優位に立ったが、ビクトリーのシェパードンセイバーによる攻撃で逆転。ギンガスパークランスでベロクロンと共に串刺しになった所にシェパードンセイバーフラッシュを受け倒された。前作でヒカルがウルトライブしたドラゴリーのスパークドールズについては言及されていない。

その他、ウルトラマン列伝内、スパークドールズ劇場にも登場。「軍曹」と呼びたくなるような軍人口調が特徴のキャラクターになっていた。

ウルトラファイトビクトリー

ダークルギエルの死によって肉体を取り戻したドラゴリーが、再び造物主であるヤプールの配下となったもの。惑星グアにてベロクロンバキシムと共にレオ兄弟に襲い掛かる。これまでには見せなかった黒い光線を吐きレオ兄弟を攻撃したが、最期はレオとアストラのダブルキックでバキシムと共に倒された。

漫画

ウルトラマン超闘士激伝

ヤプール軍団の超獣兵士として登場。剛力を誇る闘士ゴモラを怪力でねじ伏せた(とカードダスに書いてある)。後に、助っ人超獣バラバからモーニングスターを与えられ、正義怪獣軍団を襲撃するも、闘士ゼットンによりカメレキングガマス共々一蹴される。

ウルトラ怪獣擬人化計画 feat. POP Comic code

怪獣墓場学園生徒の1人として登場。
設定上は、人間の少女のような姿になっているはずだが、なぜか黒い怪獣のシルエットのような姿になっていた(後に、何かしら重大な校則違反を犯したことで一時的にこの姿にされてしまったらしいことが判明する)。メタな話をすると、ドラゴリーの擬人化デザインが存在しないための苦肉の策である。また、脇腹にエースによってつけられたと思われる大きな穴が開いているという小ネタがある。遠足の行き先を投票によって決定するということを聞いたメフィラステンペラーから、地球に行かないかと勧誘を受けるが、「地球はこりごりだよ ここで穏やかに暮らしたいね」と断った。

ゲーム

様々なゲーム作品に敵キャラクターとして出演していたドラゴリーだが、この度スマートフォン用ゲームアプリウルトラ怪獣バトルブリーダーズにプレイヤーキャラクターとして参戦することが決定した。ウルバトに登場する怪獣は基本的に既存のゲーム用CGを手直ししている中、このドラゴリーはウルバトの為に新規で製作された初のキャラクターという事になる。これまでも大怪獣バトルシリーズなどで何度か参戦候補に挙がっていただけに、晴れて参戦決定となり多くのファンがSNSでドラゴリーを祝福する姿が見られた。

その他

  • ドラゴリーによるムルチの惨殺はウルトラシリーズ屈指の残虐シーンとして有名だが、同時に「超獣」のドラゴリーがいとも簡単に「怪獣」のムルチを倒すことで、「超獣」が「怪獣を超える怪獣」であることを証明しているという見方もできる。そのインパクトがあまりに強いせいか、BS熱中夜話で『ウルトラ怪獣最強決定戦』を行った際には『怪力怪獣部門』で1位を獲得した。理由は「今さら(メジャーな)ゴモラレッドキングを選んだって面白くもなんともない」「マイナーな強豪に日の目を当てさせたい」とのこと。
  • 後の新ウルトラマン列伝(実質ウルトラマンギンガの総集編)でドラゴリーを紹介した際、現在ではさすがに放送できなかったのか、例の惨殺シーンは進行役のバルキー星人が余りの凄惨さゆえに両目を手で覆う映像に差し替えていた。


関連イラスト

超獣・ドラゴリー
ドラゴリー 【ニコニコ動画用イラスト】


月夜に舞う
太陽の命 エースの命(ドラゴリー)



関連タグ

ウルトラマンA 超獣 みんなのトラウマ
メトロン星人Jr. ムルチ

関連記事

親記事

超獣 ちょうじゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドラゴリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 133459

コメント