ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

火炎超獣 ファイヤーモンス


別名:火炎超獣
身長:64m
体重:47000t
出身地:ファイヤー星
登場話数:第39話「セブンの命!エースの命!」

概要

ファイヤー星人が操る超獣

武器としては、口からは1万度ある火炎、ロケット弾を吐く。ちなみにベロクロンの1億度の火炎やブロッケンの10万度の火炎よりは低く、コオクスのトサカと同じ温度の火炎である。

胸の瘤は爆弾であり、ちぎって投げるとダイナマイト2000発分の爆発を起こすほどの手榴弾となっているが、劇中では未使用だった。

ツノは2000度に達する高温すぎる体を冷却、腰蓑は火炎に使われるガスを溜め込む器官となっている。また、体温が3000度にまで上昇すると体が大爆発を起こしてしまうかららしい。…生物が住む惑星の中で、最も高温なことで知れ渡っているファイヤー星の出身らしからぬ体質の超獣である。

自前の武器は一般の超獣とあまり変わらなかったり、使ってなかったりしているが、「火炎超獣」との別名を象徴する最大の武器は、ファイヤー星人から渡された炎の剣である(ちなみに、当時の技術ではCG等はなかったため、本当に燃えている剣)

ファイヤーモンス
危ないっ!エースっ!!



Aとの初戦では当初は劣勢だったが、ファイヤー星人から渡された炎の剣で逆襲にかかる。

Aから炎の剣を奪わせなかったのみならず、なんと炎の剣でAが放ったメタリウム光線をも吸収、「流石のエースも、炎の剣の猛攻撃を防ぐ事は難しかった」というナレーションのとおりの猛攻を加えて、挙句の果てにはギロチン王子の異名を持つAにメタリウム光線以外の必殺技を使わせないうちにを貫き、Aを変身解除させるほどのダメージを与えて一度倒すことに成功する。

その後、ウルトラセブンの励ましでAは復活したが、それまで北斗が数日仮死状態だった。

Aとの再戦時も初戦と同様、炎の剣でAを窮地に追い込むが、TACのシルバーシャークで倒された。

最終的に人間(TAC)の横槍で倒されたとはいえ、1対1かつ、ほぼ炎の剣だけで、1回Aを倒した上に、再戦時もAを追い詰めており、「武器返し戦法」を使いがちなAと相性が悪い、エースキラーよりA特攻な超獣であった。

派生作品

内山まもるのコミカライズ版では『A』本編第42話にあたる話において、アイスロンの立場で二代目スノーゴンとともに登場。両方とも本編においてウルトラ戦士を一度倒しているとはいえ、同じく一回はAを倒してウルトラの父が登場することになったスノーギランを使わずにこんな暑苦しいヤツをチョイスするとは…なぜこんなことになってしまったんだ
二代目スノーゴンと共にエースと小雪に襲い掛かったが、小雪の父が変身した二代目ウーに阻まれ、スノーゴンが倒された後にウルトラサンダーで倒された。

漫画大怪獣バトルウルトラアドベンチャー』ではナックル星人と手を組んだヤプールが、敵対するペダン星人を全滅させるために送り込んだ超獣軍団の一体として登場。
キングジョーブラックの合体を接続部の間に炎の剣を差し込んで妨害すると言う器用な事をやってのけたが、直後に背後からキングジョースカーレットの槍で首を貫かれ絶命する。

漫画『酩酊!怪獣酒場』第30話では相棒のファイヤー星人ら超獣軍団と共に来店し、サイゴが店員のうるまの名前を読んだ際には他の客と共に「ウルトラ」と聞き間違えて反応していた。

余談

鳴き声はムルチの流用である…『A』に登場したムルチ二代目がドラゴリーかませ犬になっていることを考えるとTACのかませ犬になるのは既定路線だったのかもしれない。

ムルチや秋葉山三尺坊っぽい外見だが、デザインを担当した鈴木儀雄いわくファイヤーモンスには明確なモチーフはなく、時間がないため感覚で書いたとしている。またポケモンっぽいと言われることがある。

ファイヤーモンスが登場する第39話の前話にあたる第38話において、ウルトラマンエースは一度スノーギランに倒されて、ウルトラの父のおかげで復活しているので、2話連続で敗北したことになる。

ファイヤーモンス自体は、現在のところ後続のウルトラシリーズ作品に再登場を果たしていないが、ファイヤーモンスを討ち取ったシルバーシャークはウルトラマンメビウスにおいて後継兵器として「シルバーシャークG」が登場し、GUYSが使用している。


関連イラスト

おでんの命! 温度が命!
セブンの命!エースの命!


モンス
セブンの命! エースの命!(ファイヤーモンス)



関連タグ

ウルトラマンA 超獣  ファイヤー星人 炎の剣

関連記事

親記事

超獣 ちょうじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ファイヤーモンス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ファイヤーモンス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26156

コメント