ピクシブ百科事典

ファイヤー星人

ふぁいやーせいじん

ファイヤー星人とは、『ウルトラマンA』に登場する宇宙人である。
目次[非表示]

データ

別名:火炎人
身長:170cm~51m
体重:60kg~29000t
出身地:ファイヤー星
演(人間体):片岡五郎
登場話数:第39話「セブンの命!エースの命!」

ファイヤーモンスを操る宇宙人。
生物が住む惑星の中で、最も高温なことで知れ渡っているファイヤー星から地球侵略のため、TACの秘密兵器「シルバーシャーク」を破壊しようと企んだ悪質な侵略者である。

梅津香代子・ダン姉弟の叔父・梅津三郎に化けて、腕には腕輪を身に着けており、さらにはTACとの会話を盗聴するためのペンダント型盗聴器も持っており、その盗聴器をお土産として香代子に渡した。

そしてTACを襲撃し、山中隊員と美川隊員を襲ったが、北斗と今野隊員が駆け付けて、北斗のTACガンで足に傷を負って逃走。その時に身に着けていた腕輪を落として、その腕輪を北斗に拾ってしまい、北斗に足の傷と落とした腕輪から正体が見抜かれ、正体を現すとファイヤーモンスを召喚。

Aとファイヤーモンスを戦わせてファイヤーモンスがAに苦戦したため、炎の剣をファイヤーモンスに渡し、Aを一度は倒すも、Aはセブンに命を救われて復活。

その後、自ら梅津姉弟を人質に取り、再び、ファイヤーモンスとAを戦わせるが、ファイヤーモンスはTACのシルバーシャークで倒され、追い詰められて自ら巨大化。

宇宙人は超獣を操っている!!


炎の剣を武器にAに挑み、猛攻撃でAを追い詰めるが、Aが剣の代わりに使用した鉄塔に腕に突き刺され、その時に炎の剣を手放したことでAに炎の剣を奪われて頭部に突き刺され、メタリウム光線で倒された。
残された盗聴器は香代子に池に捨てられた。

武器は炎の剣の他に、人間時では3つの砲口を持つを使用する。
なお、ヤプールとは関連性があるのかは不明(恐らく元配下である可能性もある)。

また、体内にはマグマが流れているという怪獣にはありがちだが、侵略者としては異色すぎる設定を持ち、足から噴出する事もあるという。

余談

ファイヤー星人のデザイン画では両手とも万力状になっていたが、剣を持たせるため右手をファイヤーモンスと同型にするよう修正指示が書き込まれている。
一部の書籍によると、「巨大な頭部の割に脳が小さい」と記載されている。

関連タグ

ウルトラマンA ファイヤーモンス ウルトラ怪獣

関連記事

親記事

ファイヤーモンス ふぁいやーもんす

pixivに投稿された作品 pixivで「ファイヤー星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1138

コメント