ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

出身地レッド星
身長180cm ~ 40m
体重90kg ~ 3万t
年齢数万歳(地球人換算で22歳)
走行速度900km/h
飛行速度マッハ5


身体的特徴(設定)

  • 宇宙空間でも生存可能。
  • 30万度の高熱にも耐える。
  • 全身は鋼鉄の20倍も硬い。
  • レッドイヤー300km四方を聞き取れる。
  • 太陽光線をエネルギー源としているため、昼は無限に活動できるが夜間や雨の日などは力が半減し、30分しか戦えない。ただ、毎回3分未満で怪獣たちを仕留めていることから考えると、30分しか活動できなかったとしても大した影響はないと思われるが…。
    • 一部の書籍では「地底のマグマエネルギーとしており、寒さに弱い」としている記述もある。これではファイヤーマンと設定が被ってしまっているような…。
    • アメコミ版では力が半減していると思われる状態では赤い部分が青くなっていた。
  • マッハ5の飛行能力を有しているが、劇中ではだいたい徒歩で帰る。ただし、第1話および第51話にて、戦闘中にごくわずかではあるが飛行するシーンが挿入されている。
  • 怪獣退治の専門家平和を愛する心優しい男という設定だが、実際は鬼畜である。多分仕事は私情を挟まずに冷徹かつ確実にこなすタイプなのだろう。
    • 一応、1973年に行われた「怪獣供養」には参加している。
  • 宇宙の過去1万年以内のあらゆる怪獣がらみの事件と怪獣名を全て暗記している怖い。
  • 一応、身長40mとウルトラ戦士などに匹敵する大きさの巨大ヒーロー…なのだが、どう見ても等身大にしか見えない(回によっては投棄されたタイヤが映り込んでいたり、田畑の近くで撮影したりしているので、余計にそう感じる。一応、等身大における身長・体重も設定されてはいるが…)。セットの重要性が改めてよくわかる事例である。
市街地レッドファイッ!



武器

レッドナイフ

レッドファイッ


該当項目参照。虚空から取り出す大ぶりのナイフで、2本同時に召喚することもできる万能武器。
詳細はリンク先を参照。

レッドショット
レッドナイフの先端から弾丸を発射する。
第111話で初使用し、グドンとダンガーを葬り去った。

レッドアロー

レッドマン


ウルトラマンジャックウルトラクロスにソックリな十字架型の西武鉄道同名の特急列車とは無関係。
2本同時に取り出すことも可能。
本家同様に投擲することも可能だが、地面に着弾すると何故か爆発する(この爆発もかなりの威力があるようで、Battle-59のテレスドンのように、直撃しなかったのに倒された怪獣もいる)。大抵の場合、使用後にレッドアローが曲がっている

結果


墓標よろしく死体に突き刺したまま帰ることがあるが、次回以降は何事もなかったかのようにじゃんじゃん使用しているため、量産されているのかもしれない。

スライスカッター
ベルト中央のランプから発射されるカッター。

レッドキック
ただの飛び蹴り。厚さ5mのコンクリートを突き破る威力。
Battle-52のアーストロン戦における使用が特に印象的。というか、どう見てもライダーキック

レッドパンチ

レッドファイトは終わらない


ただのパンチ。設定によればダムでも破壊できるらしい。

レッドチョップ
ただのチョップ。高所からの落下による勢いで威力を高めて繰り出すことが多い。
意外にも威力が高く、これで止めを刺された怪獣も多い。
なお、Battle-24でのウー戦におけるレッドチョップは、「どう見てもエルボーにしか見えない」とネタにされている。

レッドファイヤー
右手の指先から発射する6万度の火焔弾。アメコミ版で使用。

レッドフォール

レッドファイッ!


相手を頭の上まで持ち上げて投げ飛ばす。怪獣をから突き落とす際にも使用する。
特にBattle-53でのサータンには、レッドアローで腹をめった刺しにして倒した後、を掴んで引きずった上で崖の下にレッドフォールというひどいオーバーキルを行っている。

分身の術
Battle-136で使用。
実体を持つもう一体の分身を作り出し、使役して闘わせる。

レッドサンダー

レッドサンダァ~!!


Battle-137で使用した腕先から発射する破壊光線。
…光線技が使えたのならなぜもっと早くから使わなかったんだ…。
アメコミ版では、充填したエネルギーの影響か、使用直前に目が燃えるように輝く演出が描写された。
ちなみに、発射のポーズはウルトラマンレオのシューティングビームに近い。

レッドビームレンズ
頭部の黄色いランプから発射する熱光線。厚さ5mの鉄板も焼き切ってしまう。劇中未使用。

関連タグ

赤い通り魔 レッドファイッ!
鬼畜ヒーロー

関連記事

親記事

レッドマン れっどまん

兄弟記事

コメント