ピクシブ百科事典

エースキラー

えーすきらー

エースキラーとは、ウルトラマンAに登場するロボット怪獣である。
目次[非表示]

データ

別名:異次元超人
身長:75メートル
体重:4万3千トン
出身地:異次元

第14話「銀河に散った5つの星」に登場

ヤプールウルトラマンエース抹殺のために用意したスーパーロボット
武器は右手のナイフと左腕の鉤爪。その装甲はメタリウム光線を2発受けてもびくともしない。ウルトラ戦士からエネルギーを奪うことで、必殺技コピーすることができる。劇中ではウルトラマンからスペシウム光線ウルトラセブンからエメリウム光線ゾフィーからM87光線を奪っている(ウルトラマンII世からはウルトラブレスレットを直接奪っている)。

概要

ゴルゴダ星になっていたウルトラ4兄弟の前に、から登場した。4兄弟の必殺技を奪い、性能テストと4兄弟への嫌がらせを兼ねてエースロボットと交戦。メタリウム光線を完全に無効化し、逆に必殺技の連射で完全に破壊してしまった。その後4兄弟の救出に来た本物のエースとも戦い、エースロボット同様に圧倒するが、最後の力を振り絞った4兄弟のエネルギーを得たエースの必殺技「スペースQ」で粉砕された。

ちなみにヤプールは直後にゴルゴダ星を爆破したが、ウルトラ5兄弟は全員無事脱出し、地球でTACと戦っていたバラバもエースに倒されて作戦は大失敗に終わった。

なお、この回ではセブンがカラータイマーのない胸からエネルギーを照射するという演出ミスがある。

その後の活躍

ウルトラマンメビウス

後継機(修復機という説もある)のメビウスキラーとデータを流用したUキラーザウルスが登場している。

ちなみに、Aの時代には人類には目撃されていない為、GUYSのアーカイブドキュメントのドキュメントTACには記載されておらず、新たな怪獣という扱いにされている。

大怪獣バトル

強化改造されたカブト・ザ・キラーが登場している。

漫画大怪獣バトルウルトラアドベンチャー』ではナックル星人と提携したヤプールがペダン軍撃滅のために送り込む。ウルトラ兄弟の技でペダン星人と(たまたまペダン星人の宇宙船に乗っていた)主人公を圧倒し、キングジョーブラックを退けるも、ゴモラの角で脇腹をえぐられ、反対側を尻尾で叩かれて全壊した。

ウルトラマンゼロ外伝 キラー・ザ・ビートスター

天球内の守護者としてキングジョーインペライザーを引き連れウルティメイトフォースゼロを迎え撃った。グレンファイヤーと終始互角のプロレス合戦を行ったが、光線技を使わなかった(一度だけ使おうとしたが妨害されて未発射)ためか、最後はグレンファイヤーのパイルドライバー「グレンドライバー」でに叩きつけられ、木端微塵になった。
なお、エースキラーの量産は不可能だったのか、キングジョーなどとは違い、コイツ1機しか作られていなかったようである。
また、初代の他にメビウスキラーの能力も持ち合わせており、初代と同じ両腕を拡げるポーズも何度かとり、吹き飛ばされたキングジョーやインペライザーの下敷きになりそうになって慌てふためいたり、グレンファイヤーのポーズを真似て挑発するなど、ロボット(サイボーグ)ではありながら人間臭い一面を見せた。

ウルトラファイトビクトリー

ウルトラマンビクトリーウルトランスをコピーした能力「キラートランス」を得たビクトリーキラーが登場。
ビクトリーの相棒エースキラーと同様にウルトラ兄弟の力を使いこなしていたが、果たして…?

ウルトラマンジード

怪獣カプセルとして登場。
伏井出ケイエレキングと一緒に使用し、ベリアル融合獣サンダーキラーにフュージョンライズした。
エレキングとの接点はビクトリーキラーがキラートランスでエレキングテイルを使用したことが挙げられる。

その他のメディアミックス

ウルトラ超伝説

数倍にパワーアップした別物がグア軍団の尖兵として登場。80を含むウルトラ戦士全員を翻弄させる。

ウルトラマン超闘士激伝

エース抹殺のために第2回銀河武道会に参戦。ジャックを倒し、エースに辛くも勝利するが、エースに勝ってしまったことで生きる目標を失ってしまい、準決勝戦でマザロンに破壊されてしまう。

その後は改心し、修復されてウルトラ戦士と共に戦う正義怪獣となった。原作であれほど猛威を振るった悪役善玉になるのはこの作品と大怪獣ラッシュくらいのものだろう。

ULTRAMAN

「傭兵とは違う
 わかりやすく言うなら殺し屋
 ただし――
  超一流の殺し屋(エースキラー)だけどな」

本作ではヤプールに作られた超人ではなく、星団評議会に雇われたプロの傭兵として登場。
単行本第7巻の表紙も飾っている。

超一流の殺し屋」を自称する自信家(エースキラーという名前もこれが由来)。
ネペンテス星人やウヴェルヴ星人といった異星人から構成される傭兵団を率いるリーダーでもあり、部下からは「マスター」と呼ばれている。また、副業として地球人の体の摂取を好む異星人への死体斡旋業も行っていた。
“エースキラー”はあくまで通称であり、本名や出自などは一切不明。一説によれば、何者かの手によって作られた生体兵器とも言われている。

飄々とした性格だが、軽い口調で平然と相手を痛めつけるなど、本性は極めて残虐。また、部下をして「一度怒ればもう我々の手には負えない」と言わしめるほどの激情家。

スーツを脱いだ時の姿は、地球人とよく似たヒューマノイドの青年だが、単行本第8巻巻末の設定資料によれば、これはどうやら本来の顔ではないらしい(本当の顔は北斗=エースの攻撃で消し飛ばされてしまったためわからず終いのまま)。ウルトラマンスーツと酷似したスーツを装着することで、原典におけるエースキラーを思わせる姿へと変化する。

12年前の航空機爆破事件の実行犯で、それをかぎつけた北斗星司を抹殺しようとするが、諸星弾早田進次郎が拠点に潜入してきたため、2人を捕らえて北斗をおびき出そうとする(その際、ネペンテス星人の触手を使って弾と進次郎を磔にするという、原典へのオマージュとも思えるシーンが存在する)。
しかし、その後科学特捜隊の援軍が到着したことで徐々に戦況は不利になり、自身も殺害しようとした北斗星司=エースによって片腕を切り落とされるなどして追い詰められていく。それでも北斗の身体を素早い動きで切り刻むなどして翻弄するが、最後は武器で体を貫いたところを逆に北斗に捕まえられて押し倒され、彼の最後の切り札であるキャノン砲(のようなもの)で頭部を木っ端微塵に消し飛ばされて死亡した。

ウルトラ怪獣擬人化計画

活断層氏とぱすてるデザインのイラストレーター:POP氏の擬人化イラストが公開されている。
いずれのバージョンも、元々人型の怪獣だったため擬人化されてもそこまで違和感はなく、ダークヒロインのような非常にスタイリッシュなデザインとなっている。

POP版

ULTRAMAN × 擬人化計画その6


ウルトラ怪女子図鑑』によると、原典でヤプールがウルトラ兄弟の必殺技を強奪して組み込んだ設定を反映してか、「武器マニアで、人の使っている武器や技をほしがる。」とのこと。
ロボットらしく無口で無愛想な性格で、返事も「そうか。」「わかった。」など結構素っ気ない。一方で、相手の言ったことをそのまま信じる素直な一面も持っているとのこと。

風上旬氏の漫画版では、現段階では未登場。ただし、風上氏はPOP氏のデザインしたキャラクターは遅かれ早かれ全て出すと公言しているため、今後何かしらの形で登場してくるものと思われる。

電撃版

エースキラーさん


POP版の発表から遅れること4年目の2017年5月ようやくこちらでも参戦
比較的スリムなデザインだったPOP版と比べるとかなりグラマラスな体型になっており、特に露出した胸大変けしからんと話題になっている。

ちなみに、活断層氏のツイートによると、雑誌に掲載されたイラストは最終調整前のものだったらしく、「今描くと更に目つきが悪くなると思う」とのこと。
また、怪獣娘:エースキラーのキャラクター設定については「人間体がシャイな純情孤独ヤンキーなので(中略)一人でいるときは可愛い仕草するようなイメージ」とも語っている。

漫画版
36話で初登場。
バキシムの妹分で、彼女のことは「バキシム姉ちゃん」と呼んでいる。

学園の生徒たちの色々な必殺技を集めている少女。相手から技をコピーする際には胸部のクリスタルを通して相手からエネルギーを吸い取る。
ただでもらっているわけではなく、技をくれた相手に対してはスタンプカードをあげている。本人曰く「5個集まったらグッズと交換できる」とのこと(因みに、そのグッズというのはゴルゴダ星の十字架をモチーフにした“ゴルゴダくん”なるキャラクターのグッズらしい)。

なお、技をコピーしても威力まで完全に再現できるとは限らないらしく、パズズからパズズサンダーをコピーした際には少ししか電気を飛ばすことができなかった。また、尻尾のように自分の体にない部位を使わなければ使用できない技は習得できない模様(本人は習得した気になっていたが)。

なお、自分の名称が「“エース”キラー」である点については「エースって何?」と疑問を抱いている様子。

余談

直接の関係はないものの、同時期の円谷プロ作品『ジャンボーグA』には同じ「エース」を倒すために造られたジャンキラーという有人操作のロボット怪獣が登場する。こちらは「エース」を「キラー」し完全勝利している。

関連タグ

ウルトラマンA
超獣
ヤプール
バラバ
エースロボット
ショッカーライダー

スケッチ ものまね

pixivに投稿された作品 pixivで「エースキラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 198641

コメント