ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

エースキラー

えーすきらー

エースキラーとは、『ウルトラマンA』をはじめとするウルトラシリーズに登場するロボ超人である。
目次 [非表示]

曖昧さ回避

漫画『スラムダンク』の登場人物で、エースキラーという異名を持つキャラクターについては南烈を参照。


データ

別名異次元超人
身長40m
体重4万3千t
出身地異次元

概要

異次元超人 エースキラー

第14話「銀河に散った5つの星」に登場。

ヤプールウルトラマンエース抹殺のために用意したロボット超人(『フュージョンファイト!』でもロボット扱い)。

武器は右手に持っているナイフと左腕の宇宙のどんな金属よりも硬いとされる鉤爪(『ウルトラ怪獣モンスターファーム』では「キラークロウ」表記)。

その装甲はメタリウム光線を2発受けてもびくともしないほど強固であり、エースキラーの力を10倍にアップさせる働きがある。(出典:「ウルトラマンオフィシャルデータファイル」より)

胸にあるクリスタルはエネルギー吸収装置にもなっており、ウルトラ戦士からエネルギーを奪うことで必殺技をコピーすることができる。

劇中ではウルトラマンからスペシウム光線ウルトラセブンからエメリウム光線ゾフィーからM87光線を奪っている(ウルトラマンジャックからはウルトラブレスレットを直接奪っている)。

ウルトラ怪獣モンスターファーム』ではブレスレットボムやラピッド光線も使用。


『大怪獣バトル』ではスペシウム光線→エメリウム光線→ウルトラブレスレット→M87光線のコンボは「カラミティショット」と呼ばれる。


活躍

ゴルゴダ星で磔になっていたウルトラ4兄弟の前に、ヤプール人の命令を受けて棺から立ち上がるかのように登場した。

4兄弟からエネルギーを奪い、性能テストとしてエースロボットと交戦。

エースロボットのメタリウム光線を耐え、4兄弟から奪った光線技をエースロボットに浴びせ、粉々に粉砕した。

その後4兄弟の救出に来た本物のエースと戦い、エースロボットと同様に圧倒するが、最後の力を振り絞った4兄弟のエネルギーを得たエースの必殺技「スペースQ」で粉砕された。

…ちなみにヤプールは直後にゴルゴダ星を爆破したが、ウルトラ5兄弟は全員無事脱出し、地球でTACと戦っていたバラバもエースに倒されて作戦は失敗に終わった。


その後の活躍

ウルトラマンメビウス

異次元超人 メビウスキラー究極超獣 Uキラーザウルス

第43話「脅威のメビウスキラー」にて登場。

後継機(修復機という説もある)のメビウスキラーと、エースキラーから得たデータを基に生み出された超獣Uキラーザウルスが登場している(ただしこちらは劇場版での登場)。

ちなみに、上記の戦いが人類には目撃されていない為、GUYSのアーカイブドキュメントには記載されておらず、未確認の怪獣として識別されている。

また『ゴーストリバース』では、ヤプールが憑依したメビウスキラーが登場している。


大怪獣バトル

異次元超人 カブト・ザ・キラー

漫画『大怪獣バトルウルトラアドベンチャー』ではナックル星人と提携したヤプールがペダン軍撃滅のために送り込む。

ウルトラ兄弟の技でペダン星人と(たまたまペダン星人の宇宙船に乗っていた)主人公を圧倒し、キングジョーブラックを退ける。ベムラー相手には終始優勢であったが、ゴモラの角で脇腹をえぐられ、トドメに反対側を尻尾で叩かれて全壊した。

作中では地球人のイオにも認知されている描写が存在する(尤も『メビウス』時点での地球人がメビウスキラーの進化前に当たる"エース"キラーの存在を認知していないので、どの時代でこのレジストコードが認知されるようになったかは不明)。


アーケードゲーム版『NEO』ではストーリーモード第6話『執念のヤプール』にバキシムとともに巨大ヤプールのお供として登場するが、あっさり倒される。

続く『NEOギャラクシーレジェンド』の「ギャラクシーサーガモード」では強化改造されたカブト・ザ・キラーが登場している。


大怪獣バトルウルトラコロシアム』では4つの試練最後の一つとしてバキシムヒッポリト星人と共に登場。レイオニクスとして大きく成長した主人公に敗れた。


ウルトラマンゼロ外伝 キラー・ザ・ビートスター

有機生命体の抹殺を目論む天球のマスターコンピューター・ビートスターが大量に複製した『天球超人 エースキラー(BS)』として登場。


天球内の守護者としてキングジョーインペライザーを引き連れウルティメイトフォースゼロを迎え撃った。

グレンファイヤーと終始互角のプロレス合戦を行ったが、光線技を使わなかった(一度だけ使おうとしたが妨害されて未発射)ためか、最後はグレンファイヤーの「グレンドライバー」で頭を床に叩きつけられ、木端微塵になった。

なお、エースキラーの量産は不可能だったのか、キングジョーなどとは違い、コイツ1機しか作られていなかったようである。

また、初代の他にメビウスキラーの能力も持ち合わせており、初代と同じ両腕を拡げるポーズも何度かとり、吹き飛ばされたキングジョーやインペライザーの下敷きになりそうになって慌てふためいたり、グレンファイヤーのポーズを真似て挑発するなど、ロボット(サイボーグ)ではありながら人間臭い一面を見せた。


スーツはメビウスキラー(G)の流用、その為名称上はエースキラーだが姿はメビウスキラーに準拠しており(なので右腕にはデバイスが残っている)、オリジナルの個体にある二の腕の装甲が無い

ちなみにロストヒーローズ2に登場した際のグラフィックは前作登場のメビウスキラーの流用である。


ウルトラファイトビクトリー

ビクトリーキラー

ウルトラマンビクトリーウルトランスをコピーした能力「キラートランス」を得たビクトリーキラーが登場。

見た目はメビウスキラーと似ているが、能力などはまるで別物である。しれっと二の腕に装甲が付いているのがポイント。


ウルトラマンジード

ベリアル融合獣  サンダーキラー

怪獣カプセルとして登場。

伏井出ケイエレキングと一緒に使用し、ベリアル融合獣サンダーキラーにフュージョンライズした。

エレキングとの接点は、ビクトリーキラーがキラートランスでエレキングテイルを使用したことが挙げられる。

ちなみに『ウルトラカプセルナビ』での紹介では、メビウスキラー時のスチール(『メビウス』43話のもの)が使われている


その他のメディアミックス

ウルトラ超伝説

数倍にパワーアップした別物がグア軍団の尖兵として登場。

80を含むウルトラ戦士全員を翻弄させる。


ウルトラマン超闘士激伝

CV-千葉繁(OVA版)

「オレは……!オレはエースやジャックに勝ってこの場にいるんだ!オレがにげたらあいつらの立場はどうなる!!?」


エース抹殺のために第2回銀河武道会に参戦。

ジャックを倒し、エースに辛くも勝利するが、エースに勝ってしまったことで生きる目標を失ってしまう。しかし彼本人の激励を受け、ジャック、エースの分まで闘う事を誓った。準決勝戦ではマザロンに破壊されてしまうが、ロボットであるため頭さえ無事であれば修復可能であるため、武道会終了後に修復、その後は改心し、ウルトラ戦士と共に戦う正義の怪獣となった。

原作であれほど猛威を振るった悪役が善玉になるのはこの作品と大怪獣ラッシュくらいのものだろう。

また、当作品におけるエースが劇中きってのムードメーカーであるため、そのライバルである彼もエースとの漫才のようなやり取りを始めとしてギャグ要員として活躍するシーンが多々見られるのも大きな特徴である。

上記の通りOVAの声優が千葉繁氏であるが、ボケアドリブは一切ない


ウルトラマンFightingEvolution2

ウルトラモード「大地球侵略作戦」に登場。地球侵略作戦の為にヤプールが用意した秘密兵器で、ウルトラ兄弟を助けに異次元空間にやってきたエースを迎え撃つ。バトル中にはヤプールの怨念がエースを妨害してくる他、ドリルのように回転して突撃してくる技や爪での一撃など強力な技を多数持っている為、慣れない内には苦戦を強いられるだろう。原作同様にスペースQで撃破もできる為、原作再現を狙うのもアリだろう。

エースキラーを倒すと異次元空間は破れてウルトラ兄弟は現実世界に帰還、残る怪獣達を掃討する為に現場へ急行した。なお、エースキラーを倒すと同時にヤプールが倒れたかのようなナレーションであった為、ゴーストリバースに登場するメビウスキラーのような位置付けなのかもしれない。


ちなみに原作のエースキラーには基本的にボイスは無いが、攻撃時や被弾時には聞いた事のない声が入るのが特徴。CMではベムスターを越後屋と呼ぶ悪代官キャラとなっている。


また固有攻撃としてスクリュードライバーで突っ込む攻撃があり、『大怪獣バトル』でもタッグ必殺技「キラーマリオネット」として採用。巨大ヤプールが暗黒のエネルギーをエースキラーに注入し、スクリュードライバーを放つ技となっている。


ウルトラマンFightingEvolution3

前作に引き続き登場。

ウルトラモード『死刑!ウルトラ五兄弟』では原作に沿ったストーリーが展開されるはず…なのだが、エースロボットで撃破に成功するとそのままクリアになってしまう。


ロストヒーローズ

アジト・キューブにて初登場し、ウルトラマンエースの処刑人として登場する。最初は完膚なきまでにヒーロー達を蹴散らした(所謂負けイベント)が、ウルトラマン達から譲り受けた光によってヒーロー達は立ち上がり、返り討ちにされた。後にガディバと一体化しメビウスキラーへと変貌したが最終的に巨大ヤプールアルティメットD諸元倒された。続編にもビートスターの尖兵として登場するが何故か見た目は前作のメビウスキラーの立ち絵である。


バトルスピリッツ

総じてウルトラマン達とは異なり、白属性単色での参戦となっているが、系統は青属性専用の「闘神」、軽減シンボル青を二つ所持しているなど、彼らとの関係が薄れたわけではない。

アタック時に相手のスピリットのアタック時効果を発揮でき、相手のアタックステップ時には相手のネクサスをバウンスし、回復してしまう強力な効果を持つ。前者の元ネタはいうまでもなくウルトラ兄弟の技をコピーした逸話が由来である。


全くの余談だが、コラボブースター第3弾「ウルトラヒーロー英雄譚」にてウルトラマン達が青属性単色スピリットでは無くなり、因縁深いウルトラマンエースが白属性で参戦することが決定しており、彼らと対決したり、同じデッキに組み入れる事ができる日もそう遠くないだろう。(ちなみに、彼と因縁のあるウルトラ兄弟のうち、現時点ではゾフィー、初代マン、セブン、ジャックが参戦済み。)。


ULTRAMAN

超一流の殺し屋(エースキラー) 【ニコニコ動画用イラスト】

CV-平田広明(アニメ版)


「傭兵とは違う

 わかりやすく言うなら殺し屋

 ただし――

  超一流の殺し屋(エースキラー)だけどな」

(原作コミック)


「俺たちはアンタらの知っている傭兵とはちょと違うんでね。

 わかりやすく言うなら『殺し屋』みたいなもんだ。

  ただし……超一流の殺し屋、エースキラーだけどな!」

(アニメ版)


本作ではヤプールに作られた超人ではなく、星団評議会に雇われたプロの傭兵として登場。

単行本第7巻の表紙も飾っている。


超一流の(エース)殺し屋(キラー)」称する自信家。

ネペンテス星人ウヴェルヴ星人といった異星人から構成される傭兵団を率いるリーダーでもあり、部下からは「マスター」と呼ばれている。

また、副業として地球人の体の摂取を好む異星人への死体斡旋業も行っていた。

“エースキラー”はあくまで通称であり、本名や出自、更に素顔に至るまで詳細は一切不明。

一説によれば、何者かの手によって作られた生体兵器とも言われている。


飄々としたどこか掴みどころのない性格だが、軽い口調で平然と相手を痛めつけるなど、本性は極めて残虐。

また、部下をして「一度怒ればもう我々の手には負えない」と言わしめるほどの激情家でもある。


スーツを脱いだ時の姿は、地球人とよく似たヒューマノイドの青年だが、単行本第8巻巻末の設定資料によれば、これはどうやら地球人に擬態した姿であるらしく、本来の顔ではないらしい(本当の顔は北斗=エースの攻撃で消し飛ばされてしまったためわからず終いのまま。アニメでは人間に似た素顔さえ表していない)。

ウルトラマンスーツと酷似したスーツを装着することで、原典におけるエースキラーを思わせる姿へと変化する。


12年前の航空機爆破事件の実行犯で、それをかぎつけた北斗星司を抹殺しようとするが、諸星弾早田進次郎が拠点に潜入してきたため、2人を捕らえて北斗をおびき出そうとする(その際、ネペンテス星人の触手を使って弾と進次郎を磔にするという、原典へのオマージュとも思えるシーンが存在する)。

しかし、その後科学特捜隊の援軍が到着したことで徐々に戦況は不利になり、自身も殺害しようとした北斗星司=エースによって片腕を切り落とされるなどして追い詰められていく。

それでも北斗の身体を素早い動きで切り刻むなどして翻弄するが、最後は武器で体を貫いたところを逆に北斗に捕まえられて押し倒され、彼の最後の切り札であるキャノン砲(のようなもの)で頭部を木っ端微塵に消し飛ばされて死亡した。


しかし、第133話でゼットンコアの手先として復活を果たし、前回の戦闘経験を元に北斗を一方的に屠る強さを見せつけた。

ターゲットの南夕子を殺害しようとしてなんらかの力を発揮した夕子に返り討ちに遭った。


アニメ版ではより冷酷かつ飄々とした性格が強調されたほか、漫画版よりもボスキャラらしい強さになるなど、よりパワーアップした印象を与えている。こちらでは前述での北斗の止めの一撃を食らっても尚『一回死んだ』だけで完全に死なず復活(漫画と異なり、頭部ではなく胸元を貫かれたことも恐らく一因と思われる)。しかし、ウルトラマンスーツのリミッターを外した進次郎のスペシウム光線で跡形もなく消し飛ばされた。

だが自分の死後のことも想定していたらしく、彼が大気圏外に迷彩した状態で待機させていた宇宙船から自動で進次郎たちのいるエリアに向けてミサイルが放たれ、死後ではあるが進次郎たちを道連れにしようとする。

しかしそのミサイルも、ベムラーのスペシウム光線で相殺された。


ゲーム版ではY字アックスと光線銃を武器に参戦。(といっても使用するのは専ら光線銃の方である。)3回攻撃とロック解除で習得する復活スキルが強み。なお、彼の配下である傭兵部隊も同様にPCとして登場。そちらはリーダー格がコンバットナイフ、その他の2体が光線銃を武器にした3人で1つのPCで、1人が倒れても3人全員が死なない限り、バトルの続行が可能である。ただし体力は低め。


ウルトラヒーローズEXPO2020

東京ドームシティプリズムホールを襲撃した怪獣の一体。

初めはウルトラマンタイガと交戦していたが、ウルトラ6兄弟の参戦以降は舞台を富士山に移し、因縁深きウルトラマンエースと対決。いくら「エース殺し」といえど、戦いを積み重ねたエースの敵ではなく、あっという間に床に叩き伏せられ、ジャンピングエルボーでグロッキーになった。この御仁、キラー以上に殺意が高くないだろうか…。

最期はウルトラマンフーマの光波手裏剣で切り裂かれて爆散した。ちなみにフーマとエースには「切断技」、変身者と必殺技の名前をつなげると「北斗七星」になるという繋がりがある。


舞台が富士山なのは『ウルトラマンA』においてTAC本部のある場所だからだと思われる。


ウルトラヒーローズEXPO THE LIVE ウルトラマンタイガ

惑星侵略連合配下の怪獣軍団の一体。デスフェイサーと共にオーブオリジンと戦うも、オーブグランドカリバーで纏めて倒された。

作中での活躍はパッとしなかったが、惑星侵略連合はなぜこのような強力な怪獣を2体とも揃えられたかは不明なままである。イマイチ活躍できなかったのも、オーブ対策がされていなかったからなのかもしれない…。


ぱちスロ ウルトラマンタロウ 暴君SPEC

ウルトラマンタロウと対決する敵キャラとして登場。使用技はスペシウム光線

敗北演出ではストリウム光線を受けて倒される。


ウルトラ怪獣モンスターファーム

育成可能怪獣として登場。種族の詳細はエースキラー種にて。

なお、本作ではキラー対象であるエースは登場せず、必殺技を奪ったウルトラマンにさえ簡単にキリングされるので注意

おまけに彼以外に登場するウルトラマンはティガゼロとエースキラーの想定対象外の戦士ばかりであり、当然ながら彼らも滅茶苦茶強い

彼らに挑む前に育成は入念に行うことをお勧めする。


ウルトラ怪獣散歩

第19話「死刑!カステラ5兄弟」、第20話「風力エネルギー源Xを倒せ」にてシャプレー星人と共にゲストとして登場。『ウルトラマンA』のエースキラーと同じ個体の設定。


ゴルゴダとのシャレでゴルゴ松本のギャグ「命」を披露するなど、やたら人間臭いキャラクター造形になっている。ウルトラ兄弟の能力を素材に作られたためか、造物主の巨大ヤプールの事を「兄さん」と呼ぶ。ちなみに作中ではチーズカステラを食べており、どうやら食事が出来るらしい。

ゴルゴダ星がキリスト教文化に由来するためか、今回のロケ地はキリシタンが多い長崎県となっている。


スーツは『ファイトビクトリー』で改修したものの流用。発光体の色は基本的には青だが、軍艦島ロケでは緑掛かった色合いになっている。


ちなみに、19話と20話両方において、登場時のテロップ紹介では身長が75mになっているが、正しくは40mである。原作でエースキラーと同じ回に登場している、超獣バラバの身長が75mなので、番組制作側が両者の身長を混同してしまったと思われる。ちなみに体重のほうは「4万3千トン」と正しく表記されている。


後継機

以降の作品でもウルトラ戦士のデータを基にアップデートを重ねた後継機が登場し、強さも折り紙付きなのだが、やはりというか想定外の自体には弱い。

怨念を元に形成されたヤプールの肉体であるUキラーザウルスもまた、この系譜にあると言える(Uキラーザウルスのモチーフの1つがエースキラーであり、対ゼロ用であるゼロキラーザウルスなんてのもいる)。


メビウスキラー

異次元超人 メビウスキラー

エースキラー2号機にガディバを融合させ、対ウルトラマンメビウス用にアップデートした機体。

第43話時点でのメビウスの技(メビュームシュート、メビュームブレード、メビュームバースト)を使用できる。

しかし、データにない「メビュームダイナマイト」に敗れた。


メビウスキラー(G)

メビウスキラーのボディを媒介にしてヤプールが復活した姿。

一応、エースキラーのアップデート機体をベースにはしているが、最終的にメタリウム光線に敗れる。いいのかそれで。


カブト・ザ・キラー

異次元超人 カブト・ザ・キラー

両腕にハサミを装備し、近接戦闘を強化した形態。

『ウルトラ兄弟VS暗黒大軍団』ではメビュームシュートに加え、ナイトシュートやウルトラスパーク、スペースQまで使用しており、こちらでもヤプールの肉体として稼働していた。


エースキラー(ウルアド版)

詳しい活躍は先述の通り。

外見は初代に準ずるが、キングジョーブラックのペダニウムランチャーで破損した左腕をシザーアームに変更する形で修復している。新たにウルトラスラッシュ、L字に組んで放つ光線(※)の使用を確認。

本作では倒される際に機械部品が露わになるシーンがある。

(※シネラマショット、ワイドショット、メタリウム光線かは言及がない)


エースキラー(BS)

別名"天球超人"でビートスターによって複製された機体。

詳しくは先述の通り。


ビクトリーキラー

異次元超人 ビクトリーキラー.

懲りないヤプールがさらに改良を施した機体で対ウルトラマンビクトリー用にウルトランスを模倣した「キラートランス」を与えられた。

"ビクトリー"キラーでありながら、なんとウルトラマンギンガを破り、『A』当時よりも戦闘力が高まったエースを苦戦させるだけの戦闘力を持つ。

やはりというかデータにないウルトラマンビクトリーナイトに敗れる。


ウルティメイトキラー

ビクトリーキラーのアップデート機。

こちらは新世代ヒーローズのデータを元に改良されており、ジードのストライクブーストをコピーした。


ゼットキラー

無題

ウルトラマンゼット用に改良された後継機。

申し訳程度にメビウスブレスの意匠が施されていたメビウスキラーとは異なり、ウルトラマンゼットに近づけたデザインになっている。

さて、ヤプールは新世代TDでもトリガーデッカーとも因縁ができたが、今の所はこの二大戦士のキラーは存在しない。


余談

同時期の円谷プロ作品『ジャンボーグA』にはエースと同じ名前を持つジャンボーグ「A」を倒すために造られたジャンキラーという有人操作のロボット怪獣が登場する。こちらはジャンボーグ"A"に完全勝利している。


スーツはウルトラセブンを改造したもの。ちなみにセブンは『A』第13話、14話の4年前にも磔にされている


デザインは鈴木儀雄が担当した。また、鈴木は気に入った1体に挙げているが、独特な構成の頭部については自身でも描いた理由が分からないとしている。


関連イラスト

エースキラー“Ace Killer”

エースキラーエースキラー 【ニコニコ動画用イラスト】


関連タグ

ウルトラマンA A怪獣 ウルトラ怪獣

超獣 ヤプール

殺し屋超獣バラバ エースロボット

エースキラー(ウルトラ怪獣擬人化計画)

関連記事

親記事

ヤプール やぷーる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 626543

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました