ピクシブ百科事典

サイモン星人

さいもんせいじん

サイモン星人(登場した個体が子供だったので書籍によってサイモン星人の子供)とは『ウルトラマンA』に登場した友好的な宇宙人の名称である。
目次[非表示]

データ

登場作品:『ウルトラマンエース
最終回『明日のエースは君だ!』登場

CV/高田裕史

別名:遊牧宇宙人
身長:199センチメートル
体重:80キログラム
出身地:異次元

概要

ひ弱だが友好的な宇宙人。かつて母星であるサイモン星をヤプール(帯番組『ウルトラ怪獣大百科』によるとテンペラー星人と手を組んでいたとの事だが当時の設定からしてエンペラ星人の間違いである可能性がある)に侵略されて以降、当てもなく宇宙を彷徨っているらしい。

そのうちの子供を乗せた一機の宇宙船がヤプールの残党(あるいは彼らが製作した無人自動追跡円盤)に命を狙われて地球に逃れてきた。宇宙船は撃墜されて子供のみが助かり、地上を彷徨っていた所を子供たちにいじめられていたが、その場にでくわしたTACに保護され、さらにジャンボキングの襲撃で北斗以外のTAC隊員たちともはぐれてしまったため、北斗と子供たちに匿われる事になったが...

「北斗星司よ、私の声に聞き覚えがないか?」
「…ヤプール!」
「その通り、ジャンボキングを操っているのはこの私だ!」

データの出身を観れば一目瞭然だが、その正体は本物のサイモン星人ではなくヤプールの残党が化けた偽物‼

「みんなの前で私を撃つがいい。誰も私をヤプールだと信じてないぞ。私を撃てばお前は子供たちの信頼を裏切ることになるのだ。人間の子供から優しさを奪い、ウルトラマンエースを地上から抹殺するのが私の目的だったのだ」

エースへの復讐と抹殺のために友好的で、さらにひ弱な子供に化けることにより庇護欲に訴えかけ、さらに念の入ったことに、自作自演で自らが搭乗した宇宙船を仲間(あるいは自らが製作した無人機)に襲わせることにより、まんまと周りを欺き、裏でジャンボキングを操り、街を破壊すると同時に子供たちの純粋な優しさを利用し、護られることで、北斗星司=ウルトラマンエースにだけ自身の正体を明かし、最終的には“子供たちから優しさを奪い、ウルトラマンエースを地上から抹殺”するという下衆以下の鬼畜的な作戦を実行していた。

主な戦力は頭部の触覚から放つショック光線。また、テレパシーでジャンボキングに指令を出す際に角が発光する(当初はジャンボキングの襲来を察知した事によるものと思われていた)。

最終局面で、子供たちの目の前でテレパシーを使い北斗だけに正体を明かし(その際、目の色が白から禍々しい赤に変わっている)、目的を意気揚々と話して挑発するが、意を決した北斗によりタックガンで射殺される。テレパシーなど聞こえず事情を知らない子供たちは北斗を非難し優しさを失いかけ、ヤプールの目論見は成功したかに思えたが、子供たちの優しさを守るため、地球を去る決心を決めた北斗が子供たちの目の前で変身をし、最後の切り札であるジャンボキングも敗れ去ったため計画は水の泡と化した…。

しかし、考えようによっては結局はウルトラマンエースを地球から追い出す事には成功したので当初の目的通りとはいかないまでも、結果的には彼らの計画は成功したといってもいい(ようは勝負には負けたが試合には勝ったということ)。

恐るべし、ヤプールの執念。

関連タグ

ヤプール巨大ヤプール女ヤプール

関連記事

親記事

ヤプール やぷーる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サイモン星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3602

コメント