ピクシブ百科事典

デスフェイサー

ですふぇいさー

デスフェイサーとは、劇場映画『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』に登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

身長77m
体重9万6千t
別名電脳魔神
出身地地球

概要

元々はTPCのキサラギ・ルイ博士が開発した電脳巨艦プロメテウスである。しかしキサラギ博士は開発段階でモネラ星人に操られており、モネラシードからの信号で動く様に改造され、更にモネラシードから発射された光線「モルージョン」によって変形したのがこの姿である。

プロメテウスのネオマキシマオーバードライブエンジンの出力を活かした強力な武装を持っており、しかもウルトラマンダイナの戦闘データがインプットされているためダイナの攻撃をすべて予測してしまう。この機能は元々プロメテウスが様々な人間の戦闘データをインプットすることで、コンピューターが学習し機能を向上させていくものであったが、既にアスカがウルトラマンダイナと知っていたモネラ星人が、ダイナの戦闘データ確保の為に利用した。

使われている材料から何まで純地球製であるが、モルージョンの影響かガッツイーグルのボルキャノンやガッツウイングのニードルレーザーでもまるで傷つかない。頭部のモニター部分のみは他の部分より脆く、α号のジークで損傷している(機能には問題なし)。また関節部も脆くストロングタイプのダイナに力ずくで破壊されている。

武装

デスシザース・・・右腕にある伸縮自在のハサミ
デスシザーレイ・・・デスシザースに取り付けられているビーム砲。
ガトリングガン・・・プロメテウスの対空砲が寄り集まったもの。
ネオマキシマ砲・・・主砲。発射すれば島ひとつ吹き飛ばすことができる(ただしチャージ中は動けない)。
ジェノミラー・・・ダイナのシャイニングジャッジを防いだバリア

劇中での行動

クリオモス島でダイナと戦い、ダイナの動きを内部にあるクリスタルボックスに記憶していたためすべての攻撃を見切りネオマキシマ砲でクリオモス島もろとも吹き飛ばし、アスカ・シンに恐怖を植え付けた。
モネラ星人はキサラギ博士を通して「東京K3地区にて人類抹殺を開始する」という予告をTPCに宣言し、迎撃の為にTPC極東本部は総力を挙げて出動するが、地底から奇襲を掛けて地上部隊を殲滅(TPCは空からの強襲を警戒していた為対応が遅れた)。ガッツイーグルとガッツウイング部隊を全機撃墜し暴れまわるが、現れたダイナと再び戦う。
しかし、2度目の対決ではダイナが完全に恐怖を振り切ったため劣勢になり(ダイナの攻撃自体は予測していたがストロングタイプのパワーでゴリ押しされている)、両腕をもぎ取られた挙句、ネオマキシマ砲発射体制に入ったところをダイナックルでダイナのデータが入ったクリスタルボックスを胸部ごと貫かれ、スペースダイナマイトで空高く投げ飛ばされ爆発した。

この事件のあと、ネオマキシマ砲は封印されていたのだが最終章でのグランスフィア侵攻を受けて、ガニメデの衛星基地でクラーコフNF-3000に搭載された。

大怪獣バトル

ゼットンを倒されたレイブラッド星人憑代として召喚される。
今作のラスボスであり、桁違いの破壊力を持っている。
ネオマキシマ砲で主人公たちを吹き飛ばそうとするが、キール星人ヴィットリオが主人公を庇ったことで阻止される。
最期は主人公とヴィットリオのバトルナイザーによるダブルモンスロードで召喚された怪獣に倒された。

余談

本編第46話にてメージヲグの幻影として登場している。

鳴き声はレギュラン星人が発していた怪音の流用。

初期名は「シルバービショップ」、または「ジェノサイバー」。

スーツは映画公開後も長い間残っていたが、『ウルトラマンゼロ外伝 キラーザビートスター』にてビートスターに改造された。また、初期設定ではデスフェイサーがそのままロボット軍団の一体として登場するという案もあった。

関連タグ

ウルトラマンダイナ ウルトラ怪獣 ロボット 戦艦 ビートスター
ビッグドーザー・・・元々は正義の為に作られていたが、敵に操られてしまったという点では共通している。

pixivに投稿された作品 pixivで「デスフェイサー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20763

コメント