ピクシブ百科事典

デスフェイサー

ですふぇいさー

デスフェイサーとは、劇場映画『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』に登場するロボット怪獣である。
目次[非表示]

データ

デスフェイサー


身長77m
体重9万6千t
別名電脳魔神
出身地地球

概要

電脳魔神  デスフェイサー
電脳魔神 デスフェイサー


元々はTPCキサラギ・ルイ博士が開発した電脳巨艦プロメテウスである。しかしキサラギ博士は開発段階で既にモネラ星人に目をつけられて操られており、モネラシードからの信号で動く様にプロメテウスに改造を施していた。更にモネラシードから発射された光線「モルージョン」によって変形したのがこの姿である。

プロメテウスのネオマキシマオーバードライブエンジンの出力を活かした強力な武装を持っており、しかもウルトラマンダイナの戦闘データがインプットされているためダイナの攻撃をすべて予測してしまう。この機能は元々プロメテウスが様々な人間の戦闘データをインプットすることで、コンピューターが学習し機能を向上させていくもの(所謂AI)であったが、既にアスカがウルトラマンダイナと知っていたモネラ星人が、ダイナの戦闘データ確保の為に利用した。

使われている材料から何まで純地球製…のはずなのだが、モルージョンの影響かガッツイーグルのボルキャノンやガッツウイングのニードルレーザーの直撃を受けてもでもまるで傷つかない程の頑強さを誇る。ただし、頭部のモニター部分のみは他の部分より脆く、α号のジークで損傷している(機能には一切問題はなかったが)。また関節部も脆くストロングタイプのダイナに力尽くでもぎ取られて破壊されている。

ちなみに再出現時にはどういうわけか地面の下に潜っていた。一応、機能に支障は生じず襲撃まで探知されることもなかった。地中に潜んでいたのは奇襲が目的と思われるが、そもそもモネラ星人が地中にどうやってこんな巨大な物体を持ち込んだのかは謎としか言えない。

武装

デスシザース
ハサミ状の右腕。付け根が伸縮自在。資料によってはデスシザーとも。
デスシザーレイ
デスシザースに取り付けられているビーム砲。
ガトリングガン
プロメテウスの対空砲が寄り集まったもの。
ネオマキシマ砲

フュージョンファイト!デスフェイサー


プロメテウスの主砲。発射すれば島ひとつ吹き飛ばすことができる(ただしチャージ中は動けない)。まともにくらえばダイナもただでは済まない。
ジェノミラー
ダイナのシャイニングジャッジを防いだバリア。太陽の光×33万倍を反射するヤベェやつ。

劇中での行動

クリオモス島でダイナと戦い、ダイナの動きを内部にあるクリスタルボックスに記憶していたためすべての攻撃を見切りネオマキシマ砲でクリオモス島もろとも吹き飛ばして完勝(ただし、ダイナは島が吹っ飛ぶ直前に逃走しており辛くも無事だった)、アスカ・シンに恐怖を植え付けた。

モネラ星人はキサラギ博士を通して「東京K3地区にて人類抹殺を開始する」という予告をTPCに宣言し、迎撃の為にTPC極東本部は総力を挙げて出動するが、地底から奇襲を掛けて地上部隊を殲滅(TPCは空からの強襲を警戒していた為対応が遅れた)。ガッツイーグルガッツウイング1号部隊を全機撃墜し暴れまわるが、現れたダイナと再び戦う。

デスフェイサー


しかし、2度目の対決ではダイナが完全に恐怖を振り切ったため劣勢になり(ダイナの攻撃自体は予測していたがストロングタイプのパワーでゴリ押しされている)、両腕をもぎ取られてしまう。
最後の切り札であるネオマキシマ砲の発射体制に入るものの、チャージ中に身動きが取れないことが仇となってダイナの接近を許してしまい、発射寸前にダイナックルで胸部を貫かれて最大の武器であるネオマキシマ砲を喪失、さらにダイナのデータが入ったクリスタルボックスをも完全に破壊されてしまう。
最期は大ダメージを負って機能を停止したところをスペースダイナマイトで空高く投げ飛ばされ爆発、完全に破壊された。


この事件のあと、ネオマキシマ砲は封印されていたのだが、最終章でのグランスフィア侵攻を受けて、ガニメデの衛星基地でクラーコフNF-3000に搭載された。

ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 新たなる二つの光

エピソード14「光を超えて」に登場。
クリオモス島での試運転でモネラ星人に操られたという設定は原作通りであるが、ダイナ編の事実上のラスボスなので、クイーンモネラは登場しない。開始時にティガとダイナを選んで戦う事となるが、もし、倒されてしまっても選ばなかった方のウルトラマンに交代するという胸熱仕様となっている。
ちなみにティガとの対戦カードは本編では実現しなかったもので、もし、ティガが本編より早く出現していたらというある種のイフになっている(明確なストーリーがあった上でティガと対決するゲームはこれが最初で最後である)。


ウルトラマンフェスティバル2001

ダダが用意していたロボット怪獣の一体として登場。ただでさえ危険な戦闘力を持っているのにも関わらず、カオスヘッダーで強化されている為、戦闘力は段違いに高く、ガトリングガンで体力の少ないコスモスを追いつめていくが、彼に変わって初代ウルトラマンガイアが参戦。ウルトラマンのチョップでデスシザースを叩き折られ、トドメのガイアV2キックで粉砕された。
なお、ウルトラマンに折られた腕は実際にパージするギミックが組み込まれていた模様。

大怪獣バトル

ゼットンを倒されたレイブラッド星人憑代として召喚される。
今作のラスボスであり、桁違いの破壊力を持っている。

ネオマキシマ砲で主人公たちを吹き飛ばそうとするが、キール星人ヴィットリオが主人公を庇ったことで阻止される。
最期は主人公とヴィットリオのバトルナイザーによるダブルモンスロードで召喚された怪獣に倒された。

大怪獣バトルウルトラアドベンチャー』でも同様の設定で登場。ブルトンが死んだことにより支配を離れた怪獣たちを片っ端から捕食し、イオの放ったベムラーを撃破。
しかし、ヴィットリオから託されたEXゴモラに関しては(イオのバトルナイザーに情報が無かったため)対応が後手に回り、ネオマキシマ砲の砲門を破壊される。最後は腹と背中にゴモラとEXゴモラのダブル超振動波を受け木っ端微塵になった。

大怪獣バトルウルトラコロシアム』ではアーマードダークネス配下としてゼットンとタッグを組んで登場する。原作を知っているファンにとっては悪夢としか言いようのない光景である。
なお、このデスフェイサーがどこで制作されたのかについては全くの謎。

ウルトラ怪獣擬人化計画

センシティブな作品


2019年4月30日発売の電撃G'sマガジン6月号にて発表された
デザイン担当は、テンペラー星人グールギラス等の擬人化デザインを手がけた赤城あさひと氏。
発表日は奇しくも平成最後の日であり、平成怪獣屈指の強豪であるデスフェイサーが電撃版擬人化計画の平成のトリを飾るという何とも感慨深いものとなっている(もっともラインナップそのものはこの後のジュダが事実上最後になってしまっているのだが…)。

原形が人型のロボット怪獣であったため、デスフェイサーの装甲を身に纏った女性の姿をしている。
肌の色は褐色で、顔には赤いフェイスペイントが施されているが、これは頭部の黒いモニターと、そこに表示される赤い幾何学模様をイメージしているものと思われる。
デスシザースやガトリングガンといったお馴染みの武装も装備しているが、デスシザーズはムチのような形状(伸縮自在という原作の設定を反映したものか)の手持ち武器になっている。
そして、最大の武器であるネオマキシマ砲だが、開閉ユニットに相当する部分の下が露出して下乳が見えているという形で表現されているものの、肝心要の砲塔はどこにも見当たらない。掲載時には「ネオマキシマ砲はこの豊満なる胸から発射します」と意味深な事が書かれていたが、まさか……?

ウルトラヒーローズEXPO THE LIVE ウルトラマンタイガ

「惑星侵略連合」の手先として登場。エースキラーと共にウルトラマンオーブ・オーブオリジンと交戦、オーブグランドカリバーで纏めて倒された。

『ウルトラマンZ』の田口清隆監督が本気でソフビ特撮してみた!!

ウルトラヒーローシリーズとウルトラ怪獣シリーズを使用した特撮映像にて登場。ご丁寧にボイスや名称のテロップまで入っているという豪華仕様。
ちょうどウルトラマンクロニクルZヒーローズオデッセイにて「光の星の戦士たち」が放映されていた時期もあっての人選となる。
市街地を蹂躙していた所にウルトラマンゼットベータスマッシュが出現。互角の戦いを繰り広げるが、ベータスマッシュのスワローキックを胸部に受けて爆散した。



余談

本編第46話にてメージヲグの幻影として登場している。

鳴き声はレギュラン星人が発していた怪音の流用。

初期名は「シルバービショップ」、または「ジェノサイバー」。

スーツは映画公開後も長い間残っていたが、『ウルトラマンゼロ外伝 キラーザビートスター』にてビートスターに改造された。また、初期設定ではデスフェイサーがそのままロボット軍団の一体として登場するという案もあった。

関連タグ

ウルトラマンダイナ ウルトラ怪獣 ロボット 戦艦 ビートスター
ビクトルギエル・・・元々は正義の為に作られていたが、敵に操られてしまったという点では共通しておりさらに同作本編終盤に登場したためか、コンセプト、境遇を持ち更に胸部への主砲や宇宙人が利用され怪獣化したなどデスフェイザーの後継者と考えられる。
テラノイドビッグドーザー特空機4号ウルトロイドゼロ・・・元々は正義の為に作られていたが、敵に操られてしまったという点では共通している。なお前者に関しては同作本編終盤に登場したため、コンセプト、境遇共にある意味直系の後輩と見れなくもない。
キングジョーⅡヘルズキング改・・・こちらは侵略兵器戦力に組み込もうとして失敗した例。

関連記事

親記事

光の星の戦士たち ひかりのほしのせんしたち

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「デスフェイサー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「デスフェイサー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 102354

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました