ピクシブ百科事典

ヘルズキング改

きんだんのへいき

ヘルズキング改とは、『ウルトラマンコスモス』に登場するヘルズキングの強化体である。
目次[非表示]

ムサシ「本当に...本当にこれでいいんですか!?こうするしかないんですか!?」
佐原司令官「君の懸念も解る。ヘルズキングを使うということは悪魔の力を振るう事にもなる」
ムサシ「だったら!」
佐原司令官「我々には責任がある。我々の肩には何十億の地球人の未来がかかっているんだ。例えこの手を汚しても背負い続けなければならんのだ。それが我々防衛軍の責務であり覚悟だ...これまで我々人類はコスモスに頼りすぎてきた。彼の負担を少しでも軽くする事が出来るのなら私は……喜んで悪魔と手を組もう。想いは君達EYESと同じではないかね?」
ムサシ「...汚した手で、汚した手で自分の首を絞める事にはなりませんか?」
佐原司令官「春野ムサシ隊員だったな」
ムサシ「はい...」
佐原司令官「覚えておこう」

データ

  • 身長:57m
  • 体重:6万7千t
  • 別名:対カオスヘッダー殲滅兵器
  • 出身地:防衛軍基地

概要

第61話「禁断の兵器」に登場。
SRCのカオスキメラの研究が進まないことに業を煮やし、カオスヘッダーへの対抗手段として統合防衛軍が破壊されたヘルズキングの残骸を回収し、対カオスヘッダー兵器として復活させたもの。体内にはカオスヘッダーの弱点であるソアッグ鉱石をエネルギーにするソアッグ反応炉を搭載している。

以前のヘルズキングとの違いはカラーリングがから紫色に変化し、頭部に鶏冠状のパーツが追加されている。また弱点である喉部分は修正されネイバスター光線の直撃にも耐えきれるほどになった。両腕にはヘルズガンの代わりにソアッグ反応炉のエネルギーを利用し、物質を原子レベルにまで分解・消滅させる強力なビームを発射するソアッグビーム砲が装備されている。

カオスヘッダーに対抗しうる人類の希望として防衛軍が強制プログラムで起動させようとしたが、ベリル星人が仕込んでいたセキュリティプログラムに感知されてしまい勝手に起動し大暴走してしまう。
ウルトラマンコスモスをもソアッグビームで一度はダウンさせたが、エクリプスモードの攻撃で喉の装甲を壊され、ヘルズキング改はもはや人類の希望ではないと判断したヒウラキャップの決断でテックスピナー1号とテックスピナー2号のビームとコズミューム光線で破壊された。

恐らく、仮に暴走しなかったとしても怪獣殲滅兵器としてコスモスとは近いうちに対立して倒されていたうえ、EYESやSRCの方にも犠牲者が出ていた可能性があるのでこれはこれで良かったのかもしれない。
しかし、このソアッグ鉱石によってカオスキメラが活性化し研究が進んでいる。

余談

着ぐるみはヘルズキングの改造。

ソアッグ反応炉はウルトラマンティガのマキシマ・コンバーターユニットの流用。

ヘルズキングの再登場は、監督の市野龍一と脚本の増田貴彦が酒の席で発想した。

関連項目

ウルトラマンコスモス
ウルトラ怪獣
ヘルズキング

キングジョーⅡ...こちらも宇宙人が遺した兵器を人間側が利用した例。
3式機龍...怪獣だったものを改造した兵器である、日本の防衛組織が運用する、本来の性質に則って暴走したなどの共通項がある。

関連記事

親記事

ヘルズキング へるずきんぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘルズキング改」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 278

コメント