ピクシブ百科事典

パワードダダ

ぱわーどだだ

『ウルトラマンパワード』に登場するダダ。
目次[非表示]

「私がダダだ。生命の仕組みは全てわかった。私の体を構成するために、お前たちの炭素ユニットを頂く」

データ

  • 身長:0~55m
  • 体重:0~1万t
  • 別名:三面怪人 コンピューター生命体
  • 出身地:コンピューター内部・電脳世界
  • CV:不明(吹:田原アルノ

概要

ウルトラマンパワード』第8話「侵略回路」に登場。
天才だったが性格が悪かったため、医療器具用コンピューター制作会社「ニューロネット・インダストリー社」を解雇された元社員のリチャード・マーリンが逆恨みからコンピューターウイルスを製作中、偶然生み出した電子生命体。

顔が異なる三体の個体が存在し、合体して巨大化することができる。一度倒されてもすぐに復活してしまう。両手からはニュートロン光線という光線を発射し、サイコキネシスを操る。
生命と体の構成モデルを分析し、パソコンや電子制御の自販機の中から現れて人間を襲い、電子に変えてコンピューター内の特殊空間「ダダ・フィールド」の中に引きずり込み、シリコンを残して炭素ユニットを奪い取り肉体を得る。
復讐のためにマーリンによってニューロネット関係者を次々と襲撃し炭素ユニットを奪っていったが、やがて自我に目覚めてマーリンの炭素ユニットをも奪う。

その後はニューロネット社によって電子の檻の中に閉じ込められ、研究対象にされそうになったが逆に同社を占拠し、重役二人を自分と同じダダに変えるとダダ・フィールドを展開。救援にやってきたW.I.N.R.を3人で翻弄し、ダダ・フィールド内に閉じ込めた。

ウルトラマンパワードが現れると三体で合体し、送電線を通って巨大化。サイコキネシスで車や岩を浮かばせてパワードにぶつけ、ニュートロン光線で応戦するが、本体がコンピューターであることを見抜いたパワードによって発電所を壊されると消滅した。

しかしパワードが破壊したのはあくまでも炭素ユニットで構成された「肉体」であり、コンピューター生命体である本体は無傷であった。
ラストでは破壊処分が決まり、配線を外されたはずのコンピューターから再びダダの鳴き声が響いていた。

余談

オリジナルのダダと比べると頭が大きく、スマートな体つきをしている。また足の形が三方に広がっている。
オリジナル同様A、B、Cの3つの顔が登場しているが、Cのみ常に光に照らされているので本編ではよく確認できない。

関連タグ

ダダ ウルトラマンパワード

pixivに投稿された作品 pixivで「パワードダダ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 330

コメント