ピクシブ百科事典

パワードゴモラ

ぱわーどごもら

『ウルトラマンパワード』に登場したゴモラの亜種。
目次[非表示]

「ゴモラには、我々が怪獣に思えたのかもしれませんね……」

ブロフィール

種別古代怪獣
身長65m
体重5万5千t
出身地アンデス山脈


ウルトラマンパワード』第11話「よみがえる巨獣」登場。

概要


 『ウルトラマン』第25・26話「怪獣殿下」に登場した、古代怪獣ゴモラリ・イマジネーション
 パワード怪獣の中では割かし原点に似た姿をしているが、水牛のようになっており、生態も水牛に似ている。

 約1億8千万年前、ジュラ紀に生息していた恐竜チリ・アンデス山脈にてミイラ状態で発見され、メトロ博物館に展示される事となった(こんなでかいのを展示するとは、さすがアメリカ。スケールがデカい)が、屋外で激しいに打たれた事で水分を吸収して蘇生した。

 暖かく湿った気候を好み、川の中に潜んでいたが、W.I.N.Rに見つかり麻酔弾を打たれ捕獲された。
 しかし乾燥した肌に麻酔の効き目は薄かったようで、スカイハンターでの移送中に麻酔が切れて暴れ出し、運悪く市街地に落下してしまう。
 事態を収拾すべく現れたパワードと対峙するものの、しょせん無理な形で復活したためかその寿命は非常に僅かであり、結果として戦闘中に苦しみながら息絶えるという悲惨な末路を辿った。

 ミイラとして蘇ったという設定は、ゴモラやジャミラに並ぶ『ウルトラマン』の可哀想な怪獣として有名なドドンゴに酷似している。本編の登場人物も「生き返らせなかった方がゴモラは幸せだった」と評していた。

 ちなみに、やっぱり事件終了後は剥製となって博物館に展示された。

関連項目

ウルトラ怪獣 ゴモラ

pixivに投稿された作品 pixivで「パワードゴモラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2942

コメント