ピクシブ百科事典

パワードガボラ

ぱわーどがぼら

パワードガボラとは、『ウルトラマンパワード』に登場するガボラの名称。
目次[非表示]

データ

  • 体長:85m
  • 体高:45m
  • 体重:5万t
  • 別名:ウラン怪獣
  • 出身地:ヘブンズワース原発付近の地底

概要

第5話「電撃防衛作戦」に登場。
ウランを常食とする爬虫類の一種で、地底を高速に掘り進むことができる他頭部の殻を嘴の様に器用に操る事が出来る。怒ると殻を開いて顔を覗かせるがその顔は弱点でもある。
原典とは異なり二本の足で歩き、頭部の甲羅は4枚ある。背中には岩状に結晶化したウランが付着しており、ミサイルなどで攻撃すれば核爆発する危険性を伴うほか、全身から放射能や電磁波を放っている為レーダーは支障をきたし、ミサイルは照準が合わせられずに誘爆する恐れがある。また通信機も使えなくなり、マイクロ波通信機を使う必要がある。
また軍の試作兵器を飲み込んだとされている。

ウラン採掘会社の輸送車を乗員諸共地底に引きずり込む事件を発生させたが、W.I.N.R.は当初地下をウラン鉱脈が移動する不可解な現象ととらえていた。
やがて採掘会社社長を踏み潰し、ウラン採掘場で暴れるが下手な攻撃は核爆発の危険性がある為取り逃がす。

その後はさらに多くのウランを狙いヘブンズワース原発に出現。ウルトラマンパワードと戦うが、射撃の名手であるサンダースがレーダーを使わずにピンポイントで殻にミサイルを当てるという神業を披露したため殻を開いて顔を出したところにメガ・スペシウム光線を受け臨界点を越える前に蒸発した。

関連タグ

ウルトラマンパワード

pixivに投稿された作品 pixivで「パワードガボラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20

コメント