ピクシブ百科事典

パワードケムラー

ぱわーどけむらー

『ウルトラマンパワード』に登場する怪獣で、毒ガス怪獣ケムラーのリメイクキャラクター。
目次[非表示]

データ

別名毒ガス怪獣
身長85m
体重3万t
出現地アメリカ森林地帯の地底


概要

毒ガス怪獣 パワードケムラー


第2話「その名はウルトラマン」に登場。
森林地帯に出現した毒ガスを操る怪獣。普段は地底で眠っているが餌を摂る際に地上に現れる。W.I.N.R.のデータベースでは「1976年4月4日に中国湖南省で大暴れした」と記載されている。

他のパワード怪獣同様に禍々しい形状をしている頭部はドクロのようにごつごつしており、下あごからが大きく突き出している。顔つきは爬虫類的で、カイからは「オバケイグアナ」と呼ばれた。
内側に派手な目玉模様が浮かんだ背中の二股の甲羅は、広げることで太陽熱を吸収し、エネルギーにするソーラーパネルの役割を果たしている。甲羅を開く際に露出する、甲羅の付け根(原典と同じく臀部付近)にある発光する物体はであり、そこが弱点となる。
体内に蓄えられた濃縮硫黄を、二股の尻尾の先から黄色い毒ガス「ブラッドガス」として噴射するほか、口からは長い舌を伸ばして獲物を捕らえる。唾液にも硫黄が混じっている。

山中でキャンパーや牧場の牛を襲撃しており、調査に訪れたW.I.N.R.と対峙する。エサで誘導しようとしたが、運転手のカイが逃げ遅れたキャンパーを目撃したためウルトラマンパワードに変身し、対決する。

最期はパワードによって背中の甲羅をこじ開けられ、ストライクビートルが発射したミサイルで脳を撃ち抜かれて倒された。

余談

企画段階では「ケムラ・ウルス(通称:ケムラーⅡ)」という名称候補があった。

昆虫と爬虫類の合成をコンセプトとしており、甲羅の内側の模様はアゲハチョウの羽根を、尾の先端はアゲハチョウの幼虫の臭角をイメージしており、第2の脳を意識して描かれた。

原典と違い腰部の弱点器官は脳という事になっている。実際、恐竜には腰部に神経節を持っていた種も存在する。

「27年前にアジアに出現した記録がある」というセリフが登場しているが、初代ウルトラマンが倒したケムラーの事ではない。モニターに「CHINA 出現:1976年」と表示されていた為、中国に出現した別個体とされる。
このことから、パワードの年代設定は2003年ということになるが、原語版の字幕には「17年前にアジアに出現した記録がある」となっており、時間軸が制作当時の1993年になっている。その為原語版と日本語版とで年代設定にズレが生じている。
本作の制作された1993年とは初代マン放送の27年後であり、ついでにジャミラの死んだ年でもあった(そうなると、日米に銀色の巨人がいた事になる)。

関連イラスト

パワード・ケムラー



関連タグ

ウルトラマンパワード
ケムラー…リメイク元である偉大な先輩。

関連記事

親記事

ケムラー けむらー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パワードケムラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3931

コメント