2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演:長内美耶子、高樹澪(劇場版)

概要

3000万年前の地球に存在した地球星警備団の団長。
ある日地球に落下してきた隕石。それをTPCが回収し、GUTSが調査した際に内部から出てきたタイムカプセルホログラムとして姿を現した。
そしてこのカプセルが地球に降った時には地球に大異変が相次いで起こり、その前兆として大地を揺るがす怪獣ゴルザ空を切り裂く怪獣メルバが復活し、そして大異変に対抗するための存在である光の巨人ウルトラマンティガの存在を告げた。
このユザレの警告こそが物語の幕開けとなったのだ。
度々超古代人の末裔であるマドカ・ダイゴの前に幽霊の如く半実体化して現れ(ダイゴにしか見えない)、超古代の事を教えたり、「あなたは人であり光である」と告げる。そしてその言葉がギジェラとの戦いにおいてダイゴ/ティガが人間の選択に干渉する行為に打って出たきっかけにもなった。
そのタイムカプセルは人工知能を有しており、2大怪獣の事件以後も解読は行われていたが第28話の時点でもTPCは全ての解読に至ってはおらず、ダイゴがティガに変身することは周囲にバレていなかった。

実は彼女はGUTSイルマ・メグミ隊長の先祖であり、終盤においてイルマそっくりの顔で子孫である彼女の前にも現れ、地を焼き払う悪しき翼ことゾイガー出現が大いなる闇の襲来の前触れであると予言する。

ウルトラマンティガTHE_FINAL_ODYSSEY

超古代遺跡ルルイエにて復活したカミーラ達3人の闇の巨人に対して子孫であるイルマを守るように現れる。当然彼女そっくりの姿である。そして3人とシビトゾイガーが出られないようにルルイエに結界を張った。
尚タイムカプセルはオーパーツ保管庫に保管されていた。
実は闇の巨人ティガダークとしてカミーラたちと共に文明を滅茶苦茶にしたティガを光の戦士に引き戻したのはユザレであった。
そしてルルイエに張った結界は100年しか持たない上に、しかもティガがティガダークになれば消滅するのだとし、カミーラらと遭遇したダイゴの求めに応じて超古代滅亡の最後の真実を見せた後、決断を迫る。

ULTRAMAN ANOTHER UNIVERSE

ダイゴという青年と行動を共にしている。こちらでは幼い少女の姿となっている。
元は『ULTRAMAN』世界とは異なる世界で、地球星警備団の団長を務めていた光の巫女だったが、奮闘虚しく世界は破滅してしまい、命を削って異界の門を封印して現在の姿になった。
ガタノゾーアとの戦いで力を使い果たし、光の粒子となって消滅したはずだが、力の残滓が光の繭に包まれて赤ん坊の姿で東南アジア某国の遺跡に残っており、戦場カメラマンの姫矢准が取った写真を手がかりに東南アジアにやってきたダイゴに保護される。

ウルトラマントリガー

「ウルトラマンティガ」の放送終了後、並行世界の同一存在という設定を含め、ティガやダイゴは多くの作品に登場する事になったが、本作にてもう1人のユザレが登場した。

詳細はユザレ(ウルトラマントリガー)を参照。

余談

ウルトラマンティガ外伝 古代に蘇る巨人』ではイザレの巫女と言う彼女とイルマに似た人物が登場するが彼女がユザレの子孫なのかは不明。

当初、脚本を担当した右田昌万は、『ティガ』本編でもユザレとイルマ隊長は高樹のダブルキャストを考えていたが、周囲に反対されたため、長内に変更された。しかし、最終的に本編が終盤に差し掛かって以降のユザレも高樹氏が演じている。

関連タグ

ウルトラマンティガ

関連記事

親記事

ウルトラマンティガ うるとらまんてぃが

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 78087

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました