ピクシブ百科事典

錦田小十郎景竜

にしきだこじゅうろうかげたつ

平成ウルトラマンにて複数登場する架空の剣豪。
目次[非表示]

演:川崎博司

概要

この人物が初めて登場したのは、ウルトラマンティガ第16話「よみがえる鬼神」
物の怪を見極める力を持ち、全国を放浪しては人々を困らせる妖怪を退治してきた剣の達人。
その昔、宿那鬼をバラバラにして退治し山梨県・宿那地方の宿那山に封じ込めた。

現在はすでに故人だが、山中の祠に祀られていた景竜の刀を盗掘業者が盗み出したことで宿那鬼が現代に復活したのと同時に霊魂となって蘇り、盗掘業者の一人である上村に憑依。同じく盗掘業者の関口を峰打ちで倒す。残りの一人である太田を連れて宿那山へ向かう。その途中マドカ・ダイゴは彼と遭遇したが「物の怪の気がする」と危うく斬られそうになった。

ウルトラマンティガと宿那鬼との戦っていた宿那鬼がティガに首をはねられてもなお動き続けティガを襲ったため、自身の封印の剣を首に投げつけることで再び封印した。

その後はダイゴに「強者は常に孤独なものだ」と告げて消えていった。

なお劇中では関口を倒した時に峰打ちだと言ったものの「血が出ている」と突っ込まれたり、やたら自分勝手だったり、宿那鬼退治を「巨大化したら拙者の剣では倒せん」とティガに丸投げしたり、そのことをダイゴが愚痴ったりとコミカルな面が多かった。

その後の登場

景竜本人はティガで一度登場しただけであるが、その後の世界観が繋がっていないシリーズにもたびたびその存在が示唆されている。
もしかすると、何らかの方法で並行世界を自在に行き来することができたのかもしれない…。

ウルトラマンガイア

映像作品には登場していないが、ウルトラマンティガの外伝小説「白狐の森」にて第31話「呪いの眼」にて登場したガンQとなった呪術師「魔頭鬼十朗幻州」との関係が描かれた。

ウルトラマンコスモス

第18話「二人山伝説」にて敵国同士だったため結ばれなかった姫と武将の怨念である怪獣戀鬼を封印したと言い伝えられている。

白狐の森

2000年に発売されたティガの番外編小説。キーパーソンとして登場する。

関連項目

ウルトラマンティガ
デザストロ - 『ウルトラマンX』、『ウルトラマンオーブ』における似たような存在。
財団X - 平成仮面ライダーシリーズにおける似たような存在。

pixivに投稿された作品 pixivで「錦田小十郎景竜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62

コメント