ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1998年ダイナ劇場版に遅れて2000年に公開されたウルトラマンティガ劇場版。これは主演の長野博氏がスケジュール多忙でテレビシリーズと並行して作れなかったことが原因の一つとされている。

ティガ最終回の後日談にしてダイナの前日談であり、テレビシリーズでは明かされなかったイルマ隊長とユザレの関係、ダイナ終盤に登場した「F計画」とそれが封印される経緯、ウルトラマンティガの過去が描かれている。
また、アスカ・シンを始めとする後にスーパーGUTS隊員となる面々も登場する。

内容としては、『光の星の戦士たち』と比べてヒューマンドラマ要素が強く、ダイゴとレナの関係、カミーラのティガに対しての愛憎、更に序盤の人間に擬態するシビトゾイガーなどのホラー要素も含めて大人向けに作られている。

平成ウルトラマンの劇場版としては初めて同時上映作品がない。これは同時上映するよりもその制作費をこちらに持ってきた方が良いからとのこと。撮影・制作ノウハウがTVシリーズ時よりも向上しているが、ティガの闇落ちという後付け設定や本編との矛盾などから、ファンからの評価はかなり賛否両論となっている。

また、本作でティガの掛け声はテレビシリーズの真地勇志氏から長野博氏へと変わっている。真地氏は予告編のナレーションを担当した。

20世紀に公開された最後の作品である。

主題歌はV6の「TAKE ME HIGHER

あらすじ

ウルトラマンティガとガタノゾーアとの戦いから2年後の2012年。GUTSのイルマ隊長はTPC隊員たちと共に古代遺跡ルルイエの調査に向かっていた。

一同は遺跡の奥地で三体の巨人の石像を発見。調査隊のリーダーであるサエキ隊長は上層部からの命令により石像の運び出しを計画。反対するイルマはこの場所を爆破し封印しようとするが、サエキにより武器をすべて取り上げられる。その時、石像の封印が突如解け、闇の巨人カミーラダーラムヒュドラが復活。調査隊を次々と襲い、シビトゾイガーを解き放つ。混乱のさなか気を失ったイルマはユザレの力によってルルイエ全体にバリアを張り、巨人たちとシビトゾイガーをルルイエの中に閉ざすことに成功した。

一方、マドカ・ダイゴは恋人のレナとの結婚を間近にし、平和な時を過ごしていた。だが彼の周囲に謎の女が現れるようになり、その女の口から超古代文明滅亡の真相、そしてウルトラマンティガは元は闇の巨人だったことを告げる…。

登場キャラクター


余談

物語中盤の回想で登場する古代の巨人たちだが実は数体ダイナのスーツを改造したものでよく見るとミラクルタイプなどの模様が見える。

巨人の石像の中にはウルトラマンアグルなどを改造したものも確認できる。

ティガの掛け声を担当した長野氏だが、8年半後の『大決戦!超ウルトラ8兄弟』でも務めることになる。

最後教会でレナと再会したダイゴだがルルイエからどうやって帰ってきたのかは劇中明らかになっていない
※遺跡が沈んだことで乗ってきたガッツウィングも紛失してしまった可能性が高いのでもしかしたら・・・・


関連タグ

ウルトラマンティガ

関連記事

親記事

ウルトラマンティガ うるとらまんてぃが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「THE_FINAL_ODYSSEY」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 239631

コメント