ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

マルチタイプ

まるちたいぷ

複数の意味があるが、ここではウルトラマンティガの形態の1つについて解説する。
目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. ウルトラマンティガ』の用語で、ウルトラマンティガ基本形態本稿で記述。タグの登録数としてはこちらが殆ど。
  2. ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA』の用語で、ウルトラマントリガーの基本形態。⇒マルチタイプ(ウルトラマントリガー) (※なおティガの同形態との区別のため、イラスト投稿の際「マルチタイプ(ウルトラマントリガー)」タグを推奨する。)
  3. ポケットモンスター』の用語で、アルセウスが持つ専用とくせい。⇒マルチタイプ(ポケモン)

概要

  • 飛行速度:マッハ5
  • 走行速度:マッハ1.5
  • 水中速度:マッハ1.5
  • 潜地速度:マッハ1.5
  • ジャンプ力:800メートル
  • 握力:50000トン
  • タイプチェンジまでの時間:約0.5秒

その名の通り、能力のバランスが取れており、多彩な光線技と格闘術を駆使した戦いを得意とし、ゼペリオン光線の決定力の高さからゼペリオン光線を発射するためにこの姿に戻る事も。宇宙空間で活動する際の姿もこちらである事が多い。


キリエロイドⅡとの第2ラウンドではパワータイプ相当の姿に変貌したキリエロイドⅡ(※パワータイプを圧倒した強敵です)を相手にキレのある格闘戦で圧倒するなど、人々の応援を受けて立ち上がった際にはタイプの枠を超えた戦闘力を発揮できるようだ。


反応速度も早く、別次元のダイゴが変身したティガはスーパーヒッポリト星人との戦いにてヒッポリト・ファイヤーボムを全弾躱し、すかさずゼペリオン光線で本体を撃ち落としている。


劇場版では闇の巨人としての姿に戻ってしまったティガ徐々に力を取り戻して行きレナを庇ってカミーラのカミーラウィップを受けた際にこの姿を取り戻した。


また、光の鳥に化身したシーラ(シーラキート)を導く際には黄金の姿(グリッターティガとは異なる)になり、光の粒子を撒いていた。


ファイティングポーズは右手は平手、左手は握り拳とスカイタイプとパワータイプ両方を組み合わせたものとなっている。


主な技

ゼペリオン光線

詳細はリンク先を参照。


マルチ・スペシウム光線

スペシウム光線と同じポーズで放つ青い光弾状の光線。初代ウルトラマンのスペシウム光線と同等の威力を持つ。


スペシウム光線

天空魔との戦いで使用。腕を十字に組んでゼペリオン光線に似たエフェクトの光線を発射。


ハンドスラッシュ

手を振り抜きつつ青い光弾を放つ。3タイプ共通の技で、主に牽制に使われる。

ウェポナイザー戦では、スカイタイプで上へ伸ばした右拳にチャージし、マルチタイプになって拳を突き出しつつ地面に撃ち込んで陥没させるという変化形を使用。


ウルトラシールド

敵の攻撃を防ぐために両手のひらで作る七色のバリアー。


ティガスライサー

胸のプロテクター部分から発するエネルギーを光の刃に変え、両腕を伸ばして発射する切断技。貫通力も高く、宿那鬼の持っていた刀ごと首を切り落としたほど。

平成初、なおかつ平成以降で珍しい、相手の首を切り落とした技である。

ただし、相手の宿那鬼は首のままでも生きており、決め手とはならなかった。


タイマーフラッシュ

胸のカラータイマーから放つ光線。敵の分身を消滅させる。

発展版のタイマーフラッシュスペシャルは敵を熱で溶解させるほどの威力を誇る。


ティガ・マルチパンチ

複数あるパンチ技の総称。


ティガ・マルチキック

様々な場面で使用されるキック技の総称。

イーヴィルティガ戦では飛行状態から回転を付けて使用し、後退させた他、メンジュラ戦では両足蹴りで吹っ飛ばし、クイーンモネラ戦ではティガ・マルチチョップから繋ぐ形で放ち、ダイナを捕らえていた檻を破壊した。


ウルトラパワー

頭上高く敵を持ち上げて放り投げる技。

キリエロイドⅡとの戦いでは地獄の門まで勢いよく投げつけてグロッキーにし、ゼペリオン光線に繋いだ。


ウルトラ・ホイッパー

敵を掴んで地面に叩きつける投げ技。足を使って敵を投げる場合はウルトラレッグホイップと呼ばれる。


ウルトラフィックス

左手を突き出して放つ光線で相手の動きを静止させる。


スラップショット

敵に向かって飛び上がり、すれ違いざまに光の手刀を放って敵を切り裂く。


セルチェンジビーム

右腕を突き出して放つ黄金の光線で、怪獣化した対象を元の生物に戻す。

しかし、光線を吸収できる相手とは相性が悪く、メタモルガ相手には凶暴化を加速させるだけに終わった。


ティガ・マルチチョップ

地上や空中で放つタイプなど、複数あるチョップ技の一つ。

ロストヒーローズ2』での通常攻撃はこれ。


ウルトラブレーンチョップ

イーヴィルティガとの戦いですれ違いざまに放ち、膝をつかせたチョップ技。


ティガテレポーテーション

テレポート能力。他のウルトラ戦士同様に使用には莫大なエネルギーを消費する。

第35話ではTPC極東本部から中国の崑崙山脈まで移動した。


ウルトラ念力

腕から緑色の念動波を放ち、物体を浮遊させる。

江ノ電を浮遊させてタラバンを親の元まで移動させた。


ウルトラ・ライトナックル

右腕にエネルギーを集めて放つパンチ技。


ティガトルネード

覆いかぶさってきた敵に対し、体を高速で回転させて弾き飛ばす技。紛らわしいがこちらの事ではない。


フラッシングアタック

全身を光エネルギーで覆い、敵に突っ込む技。

派生技にこの光エネルギーを光弾にして放つ「ブライトショット」がある。


ウルトラクロスバリヤー

ゾフィーのウルトラクロスガードのように両腕を組んで相手の攻撃を防ぐ技。


ウルトラ白刃取り

宿那鬼の刀を受け止めた技。


ヒーリング・レイ

額のティガクリスタルから放つエネルギー付与光線(光線そのものには「クリスタルパワー」という名前がある)。クイーンモネラに囚われたダイナを回復させた。

また、『ウルトラマントリガー』の世界に顕現した際には、キリエロイドによって消耗させられたトリガーのエネルギーを回復させた。


ウルトラヒートハッグ

相手を掴んだ状態で全身を赤熱化させ、相手を爆発させる。ウルトラダイナマイトに似た捨て身技だが、自分が爆発するわけではない。

3DS専用ゲーム『ロストヒーローズ2』では全身からエネルギーを放出して攻撃する形式として表現されているが、ウルトラダイナマイトの様な全体技では無く単体技として設定されている。


ランバルト光弾

『学校へ行こう!』にゲスト出演した際に使用した。


ウルトラランス

ウルトラマンタロウが使った技と同じもので、タイラントのムチを光の槍に変換して投擲する技。

ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル第一弾』で使用。


別名・類義

ウルトラマンティガ(マルチタイプ)


関連タグ

ウルトラマンティガ ウルトラマンティガ(キャラクター) スカイタイプ パワータイプ

権藤俊輔 中村浩二


フラッシュタイプ:ウルトラマンダイナの基本形態でマルチタイプに相当。


トリガートゥルース:赤と紫が同じ位置。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 528477

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました